Stadia専用対戦アクション『Outcasters』発表―開発は『W:ET』『Brink』などで知られる老舗Splash Damage | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Stadia専用対戦アクション『Outcasters』発表―開発は『W:ET』『Brink』などで知られる老舗Splash Damage

2020年秋よりGoogle Stadia向けに配信予定。

クラウドゲーム Stadia
Stadia専用対戦アクション『Outcasters』発表―開発は『W:ET』『Brink』などで知られる老舗Splash Damage
  • Stadia専用対戦アクション『Outcasters』発表―開発は『W:ET』『Brink』などで知られる老舗Splash Damage
  • Stadia専用対戦アクション『Outcasters』発表―開発は『W:ET』『Brink』などで知られる老舗Splash Damage
  • Stadia専用対戦アクション『Outcasters』発表―開発は『W:ET』『Brink』などで知られる老舗Splash Damage
  • Stadia専用対戦アクション『Outcasters』発表―開発は『W:ET』『Brink』などで知られる老舗Splash Damage
  • Stadia専用対戦アクション『Outcasters』発表―開発は『W:ET』『Brink』などで知られる老舗Splash Damage

『Wolfenstein: Enemy Territory』や『Brink』『Dirty Bomb』といったタイトルで知られるデベロッパーSplash Damageは、Google Stadia専用の見下ろし型対戦アクション『Outcasters』を発表しました。


可愛らしい見た目のキャラクターたちによる最大8人での対戦を楽しめる本作では、ショットの軌道を曲げて障害物の奥の敵を攻撃するといったアクションが可能。キャラクターカスタマイズ機能やパワーアップアイテムなどの要素も盛り込まれ、カオスな戦いが繰り広げられそうです。






Outcasters』は2020年秋よりGoogle Stadia向けに配信予定です。
《S. Eto》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

クラウドゲーム アクセスランキング

  1. クラウドゲームサービス「GeForce NOW」からベセスダ・ソフトワークスの作品が大量削除へ

    クラウドゲームサービス「GeForce NOW」からベセスダ・ソフトワークスの作品が大量削除へ

  2. 容量100GB超えの『Microsoft Flight Simulator』ついにクラウド経由でスマホ・旧世代機によるプレイが可能に

    容量100GB超えの『Microsoft Flight Simulator』ついにクラウド経由でスマホ・旧世代機によるプレイが可能に

アクセスランキングをもっと見る

page top