米陸軍による戦争犯罪に対するコメント削除行為は「憲法違反」の可能性―ゲーム用Twitchチャンネルで | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米陸軍による戦争犯罪に対するコメント削除行為は「憲法違反」の可能性―ゲーム用Twitchチャンネルで

同様のケースとして、2018年に大統領のドナルド・トランプ氏に対し「Twitterでユーザーをブロックすることを禁止する」とされた例があります。

ゲーム文化 カルチャー
米陸軍による戦争犯罪に対するコメント削除行為は「憲法違反」の可能性―ゲーム用Twitchチャンネルで
  • 米陸軍による戦争犯罪に対するコメント削除行為は「憲法違反」の可能性―ゲーム用Twitchチャンネルで
  • 米陸軍による戦争犯罪に対するコメント削除行為は「憲法違反」の可能性―ゲーム用Twitchチャンネルで

米陸軍公式e-SportsチームのTwitchチャンネルで、ユーザーの戦争犯罪に対するコメントを削除したアメリカ陸軍e-Sportsチームの行為が「アメリカ合衆国憲法修正第1条に違反している可能性がある」と報じられています。

アメリカ陸軍は2018年からマーケティング戦略の一環としてe-Sportsチームを結成し、若者への陸軍への参加を呼びかけています。7月中頃に行っていた『コール オブ デューティ ウォーゾーン』のストリーミング中に一部のユーザーがアメリカの戦争犯罪に対する質問をチャット欄で投稿、管理者はコメント削除とスパム投稿者に対しての接続禁止措置を行っていました。

ワシントンポストによると、コロンビア大学ナイト憲法修正第1条研究所の弁護士Katie Fallow氏が今回のケースについて「米国憲法修正第1条に違反する可能性がある」と指摘。あくまで陸軍はアメリカの行政組織であるため、不快と感じたコメントを削除することは禁じられているとしています。陸軍は報道に対し「禁止されたユーザーはTwitchの利用規約に違反している」と返答しています。

なお、同様のケースとして2018年に大統領のドナルド・トランプ氏に対し「Twitterでユーザーをブロックすることを禁止する」とニューヨークの連邦地裁が裁定を下した例があります。
《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 7月に閉鎖されたMixerと契約を結んでいたストリーマー

    7月に閉鎖されたMixerと契約を結んでいたストリーマー"Shroud"と"Ninja"がTwitchでの活動を再開

  2. 『ゴールデンアイ007』ファンリメイク『GoldenEye 25』が権利者からの申し立てにより開発を中止

    『ゴールデンアイ007』ファンリメイク『GoldenEye 25』が権利者からの申し立てにより開発を中止

  3. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

    【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  4. ユービーアイのオンラインイベント「UBIDAY2020 ONLINE」10月24日開催! 最新作情報や恒例のコスプレイベントも

  5. 海外Modderが『ゴールデンアイ 007』のマップをVRゲーム『Half-Life: Alyx』でリメイク!

  6. 狙撃シューター『Sniper Elite』のボードゲーム版がKickstarter開始! 既に目標額に到達

  7. 『CoD:MW』『Warzone』シーズン5で新登場したオペレーター「Lerch」は実在する元SWATメンバーがモデルであることが明らかに

  8. 『Euro Truck Simulator 2』日本マップMod「Project Japan」v0.40の公開日が決定!

  9. トラック運送シム『ETS2』日本マップMod「Project Japan」v0.40公開

  10. NINTENDO64風味のローカルマルチプレイヤーFPS『Dark Data』Steam配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top