ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに【UPDATE】

まだ具体的な話ではなく実現するかは不明とのこと。

ゲーム文化 カルチャー
ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに【UPDATE】
  • ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに【UPDATE】
  • ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに【UPDATE】

「富江」や「うずまき」などで知られ、2015年に開発中止になった『サイレントヒル』シリーズ最新作『Silent Hills』にも参加予定だったとされるホラー漫画家の伊藤潤二氏は、小島秀夫監督による新作ホラーゲームの計画に誘われていたことをComic-Con@Homeでのインタビューにて明らかにしました。

該当シーンは34;05から

「現在ゲームの開発に関わっているか?」とのファンからの質問への回答によれば、現在はゲームでの仕事の計画はないとしながらも、小島秀夫監督に会った際にホラーゲームの計画を聞かされ「機会があったら協力して欲しい」と声をかけられたとのこと。

まだ具体的な話ではないため実現するかどうかは全然分からないとしていますが、多くのファンが実現して欲しいと願っているのではないでしょうか。なお、小島秀夫監督は今年4月に英国アカデミー賞のフェローシップ賞を受賞した際のインタビューで「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」と語っていました

なお、Comic-Con@Homeでのインタビュー後の7月27日に伊藤潤二氏はツイッターで「パーティーの立ち話の中」での話であり、「もし機会があれば」という程度のものだったとコメントしています。



※UPDATE(2020/7/28 0:53):伊藤潤二氏のツイッターでのコメントについて追記しました。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. この動き絶対見たことある! 現実の渋谷でオープンワールドゲームの動きを再現する超力作映像が公開

    この動き絶対見たことある! 現実の渋谷でオープンワールドゲームの動きを再現する超力作映像が公開

  2. 1970年代カルト教団運営シム『Honey, I Joined A Cult』最新トレイラー!

    1970年代カルト教団運営シム『Honey, I Joined A Cult』最新トレイラー!

  3. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  4. 『ライザのアトリエ』ライザが等身大フィギュアに……!お値段275万円、10名以上の予約で製品化

  5. ストーリー主導恐竜サバイバルホラー『Goner』Kickstarterキャンペーン開始!恐竜が今も生きている島で生き残れ

  6. 90年代スタイルの撃ちまくりFPS『Hellbound』Steam配信開始! 地獄で大暴れするローンチトレイラーも披露

  7. 様々な新要素を追加する『Blasphemous』無料DLC「The Stir of Dawn」配信開始!

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. Blizzardのゲームイベント「BlizzCon」2021年にオンライン形式で開催決定

  10. 昇龍拳は出ないけどTシャツは出る! ザ・リーサルウェポンズと『ストリートファイターII』とのコラボTシャツ発売決定

アクセスランキングをもっと見る

page top