ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに【UPDATE】

まだ具体的な話ではなく実現するかは不明とのこと。

ゲーム文化 カルチャー
ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに【UPDATE】
  • ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに【UPDATE】
  • ホラー漫画家の伊藤潤二が小島監督の新作ホラーゲーム計画に誘われていた―海外インタビューで明らかに【UPDATE】

「富江」や「うずまき」などで知られ、2015年に開発中止になった『サイレントヒル』シリーズ最新作『Silent Hills』にも参加予定だったとされるホラー漫画家の伊藤潤二氏は、小島秀夫監督による新作ホラーゲームの計画に誘われていたことをComic-Con@Homeでのインタビューにて明らかにしました。

該当シーンは34;05から

「現在ゲームの開発に関わっているか?」とのファンからの質問への回答によれば、現在はゲームでの仕事の計画はないとしながらも、小島秀夫監督に会った際にホラーゲームの計画を聞かされ「機会があったら協力して欲しい」と声をかけられたとのこと。

まだ具体的な話ではないため実現するかどうかは全然分からないとしていますが、多くのファンが実現して欲しいと願っているのではないでしょうか。なお、小島秀夫監督は今年4月に英国アカデミー賞のフェローシップ賞を受賞した際のインタビューで「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」と語っていました

なお、Comic-Con@Homeでのインタビュー後の7月27日に伊藤潤二氏はツイッターで「パーティーの立ち話の中」での話であり、「もし機会があれば」という程度のものだったとコメントしています。



※UPDATE(2020/7/28 0:53):伊藤潤二氏のツイッターでのコメントについて追記しました。
《RIKUSYO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

    『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

  2. 私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及

    私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及

  3. 天の川銀河の中心へ!『マインクラフト』驚愕のブラックホール再現が公開―過去には中性子星なども作成

    天の川銀河の中心へ!『マインクラフト』驚愕のブラックホール再現が公開―過去には中性子星なども作成

  4. あの問題作『POSTAL』のドリームキャスト移植版が完成! 日本語音声も収録して6月発売予定

  5. あの動画の影響を受けて…PS5『Dreams Universe』で実写のようなリアルな駅を作成したアーティスト登場!

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. メガドライブ、セガサターン、ドリームキャスト…セガの大ヒット家庭用ゲーム機3種が1/2スケールのワイヤレス充電器になって登場!

  8. ガンダムゲーム配信番組「GUNDAM GAME FEST」5月27日午前7時配信―『SDガンダム バトルアライアンス』『GUNDAM EVOLUTION』などの最新情報公開

  9. 先史時代に文明を築き上げるシティービルダー『Sapiens』早期アクセストレイラー!

  10. SFC互換機DIYキット「超ファミつく」は6月2日発売!こだわり外観もアイディア次第

アクセスランキングをもっと見る

page top