「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」小島監督のBAFTAフェローシップ賞の受賞記念映像とインタビューが公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」小島監督のBAFTAフェローシップ賞の受賞記念映像とインタビューが公開

BAFTAが、英国アカデミー賞にてフェローシップ賞を受賞した小島秀夫監督のインタビュー記事と記念映像を公開。

ゲーム文化 カルチャー
「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」小島監督のBAFTAフェローシップ賞の受賞記念映像とインタビューが公開
  • 「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」小島監督のBAFTAフェローシップ賞の受賞記念映像とインタビューが公開
  • 「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」小島監督のBAFTAフェローシップ賞の受賞記念映像とインタビューが公開
  • 「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」小島監督のBAFTAフェローシップ賞の受賞記念映像とインタビューが公開

British Academy of Film and Television Arts(BAFTA)は、英国アカデミー賞にて最高の栄誉とされるフェローシップ賞受賞した小島秀夫監督へのインタビュー記事(英語)と、受賞を祝した記念映像(一部日本語)を公開しました。

およそ10分ほどの映像では、小島監督の約35年間におよぶゲーム業界での経歴を紹介。さらに各関係者著名人からのお祝いのコメントや、日本語での小島監督本人による感謝のコメントもまとめられています。

またインタビュー記事では映像でも語られた内容を含め、小島監督のゲームや映画と共に歩んだ人生について事細かに語られたほか、今後の開発についての展望も紹介。その中で同氏は「『PT』はただの実験として終わってしまいましたが、いつかまたホラーゲームを作りたい。画期的な方法でプレイヤーを恐怖させ、パンツを濡らすどころかズボンを脱ぐはめになるようなものを。すでにアイデアもある」とのコメントを残しています。
《Fryingpolyp》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『遊戯王』中国オークションで「青眼の白龍(純金製)」に15億円入札―悪質目的ありとし、急きょ出品中止に

    『遊戯王』中国オークションで「青眼の白龍(純金製)」に15億円入札―悪質目的ありとし、急きょ出品中止に

  2. ヘルメットの着脱も!『Fallout』パワーアーマー「T-60」迷彩バージョンフィギュアの予約が6月25日から開始

    ヘルメットの着脱も!『Fallout』パワーアーマー「T-60」迷彩バージョンフィギュアの予約が6月25日から開始

  3. 『ゼルダ』『ぶつ森』の影響受けた農場生活サバイバル『Cloudscape』Kickstarter開始!

    『ゼルダ』『ぶつ森』の影響受けた農場生活サバイバル『Cloudscape』Kickstarter開始!

  4. 小島監督や『サイレントヒル』との関連が噂されたPS5ホラー『Abandoned』開発者が噂を否定する顔出し動画を公開

  5. 中国でGPU価格が急落中―当局のマイニング禁止処置はGPUの供給不足解消につながるか?

  6. 海上サバイバル『Raft』生活に彩りをもたらす大型アップデート「The Renovation Update」配信開始

  7. 『モータルコンバット』2D実写時代の役者がフレンドシップな写真を公開! 海外イベントに参加

  8. ダークファンタジーな国産メトロイドヴァニア『ENDER LILIES』PC/スイッチ向けに正式リリース

  9. 自宅がまるでゲームセンター!家庭用ゲーム筐体『ARCADE1UP OutRun』8月発売決定―セガの名作ドライビングゲーム4作品を収録

  10. 2013年の対戦格闘ACT『Killer Instinct』の一部楽曲に「人間の骨を使用した楽器」が用いられていたことが明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top