PS5の“クリエイトボタン”では何ができる?よりスムーズになった機能を体験 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS5の“クリエイトボタン”では何ができる?よりスムーズになった機能を体験

「シェアしたい時に、シェアできる」ストレスフリーさが嬉しい。

家庭用ゲーム PS5
PS5の“クリエイトボタン”では何ができる?よりスムーズになった機能を体験
  • PS5の“クリエイトボタン”では何ができる?よりスムーズになった機能を体験
  • PS5の“クリエイトボタン”では何ができる?よりスムーズになった機能を体験
  • PS5の“クリエイトボタン”では何ができる?よりスムーズになった機能を体験
  • PS5の“クリエイトボタン”では何ができる?よりスムーズになった機能を体験
  • PS5の“クリエイトボタン”では何ができる?よりスムーズになった機能を体験
  • PS5の“クリエイトボタン”では何ができる?よりスムーズになった機能を体験
  • PS5の“クリエイトボタン”では何ができる?よりスムーズになった機能を体験
  • PS5の“クリエイトボタン”では何ができる?よりスムーズになった機能を体験

PS4にて登場し、ゲーム動画やスクリーンショットを手軽にSNSへシェアできることから、筆者もよく使っていた「シェアボタン」。PS5ではこれが「クリエイトボタン」と変化し、より便利に、よりスムーズなシェアが可能となりました。

もはやゲームハードには必須のシェア機能。PS5ではどのようなことができるのでしょうか。見ていきましょう。


まずはゲーム中、シームレスにできることをみていきましょう。プレイ中、「クリエイトボタン」を一回押すと、「クリエイトメニュー」が画面下部に現れます(デフォルト設定時)。PS4のシェアメニューよりシンプルになった印象で、中央にはスクリーンショットの撮影・ビデオの録画・直近のゲームプレイの保存を行うためのボタンがあります。


スクリーンショットや録画に関しては、PS4と大きく変わるところはありませんが、「直近のゲームプレイの保存」については、従来どおりあらかじめ設定した時間分のゲームプレイが自動的に記録されている他、直近の15秒・直近の30秒といったように“一部分のみ保存”ができるようになりました。

「今のプレイ良かったな、シェアしよう」となったとき、これまでだと、例えば「直前30分のゲームプレイを録画」という設定にしていた場合、見せたいプレイが直前の10秒であっても、30分のビデオを保存してからトリミングする必要がありました。しかしPS5では、自動的に録画されているものとは別に、短い尺で切り出せるようになったため、したいと思った時にすぐシェアしやすい作りになっています。



プレイ中でも動画のトリミングがサクサク(裏で『Marvel's Spider-Man: Miles Morales』をプレイ中)

画像のトリミングや文字入れも可能

これまでは、ギャラリーに移らないと確認できなかったスクリーンショットやビデオですが、これもゲーム中からシームレスにアクセスできるようになっています。「直近のクリエイト」として15件分を、ゲーム画面にオーバーレイする形で確認することができ、シェアや画像・動画の編集、お気に入り登録、削除がゲーム中に行なえます。ちなみに、これらの動作はかなり軽快で、ゲームプレイ中(今回は『Marvel's Spider-Man: Miles Morales』)であっても、動画の編集はサクサク。また、画像に関しては、トリミングや簡単な文字入れも可能です。




ブロードキャストも画面の遷移なくスムーズに始められます。配信先(現状で確認できたのはTwitch&YouTube)を選び、タイトル等を記入すればすぐに始まり、「ブロードキャストを開始」ボタンの右にある「・・・」ボタンから「ブロードキャストオプション」を選択すれば、カメラやチャット表示、ビデオ品質の設定を変えることが可能です。なお、品質については、「1280×720(30 or 60fps)」と「1920×1080(30 or 60fps)」を選択可能。PS4のときは、最高画質にした場合、本体側でのゲームプレイ録画が止まる仕様になっていましたが、PS5ではそのようなこともないようです。


「キャプチャーオプション」からは「スクリーンショットのファイル形式(jpg or png)」、ビデオのファイル形式(MP4 or WebM)の設定が可能。また、ビデオにマイクやパーティーチャットの音声を含めるか否かもここから変更できます。


ゲーム中シームレスに行えるのは主に前述の内容となり、より細かい設定は本体の設定画面から変更します。ここではまず、「クリエイトボタンのショートカット」からクリエイトボタンを押したときの挙動や、自動的に記録されるゲームプレイの長さを15秒~60分の範囲で決めることができます。なお、クリエイトボタンの設定内容は以下の通り。

■クリエイトボタンの割り当て
【標準】
1度押し:クリエイトメニューの表示
長押し:スクリーンショットの撮影
2度押し:直前のゲームプレイを保存

【スクリーンショット向け】
1度押し:スクリーンショットの撮影
長押し:クリエイトメニューの表示
2度押し:直前のゲームプレイを保存

【ビデオクリップ向け】
1度押し:スクリーンショットの撮影
長押し:クリエイトメニューの表示
2度押し:新規ビデオの録画を開始する/終了する



ブロードキャストの細かい設定も本体の設定で変えていきます。ここでは、カメラの細かい設定や、チャットやアクティビティーのオーバーレイ表示の有無・表示位置の変更、チャット読み上げの設定が行なえます。



そしてもうひとつ、トロフィー取得時のキャプチャー設定も可能です。PS5では、トロフィー取得時のスクリーンショット撮影のほか、ビデオも保存されるようになりました。これに伴い、ビデオ保存の有無や長さの設定などが加えられています。ちなみに、トロフィー取得時のスクリーンショットおよびビデオは、特別なフレーム装飾が施され、トロフィーのランクやアイコンが確認できるようになりました。




動画・画像の編集は「メディアギャラリー」でももちろんできます。
トリミングだけでなく新たに動画のカバー画像を設定したり、
動画からスクリーンショットを切り出すことができるようになりました

さて、上記のような仕様で撮影された各種コンテンツは、「メディアギャラリー」に集積されていきます。できること自体はPS4の「キャプチャーギャラリー」とそこまで変わりありませんが、画像・動画をお気に入りしてすぐに見返せるようにできたり、トロフィー取得時のメディアのみをピックできたりと、利便性があがっています。USBドライブへのコピーももちろん可能です。



PS4ではプレイしているゲームによっては重くなることも多かったシェア機能ですが、PS5本当にサクサクで嬉しいところ。利便性の上がったメニューと併せて、「シェアしたい時に、シェアできる」ストレスフリーさに、今後のゲームプレイがより楽しみになります。
《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 「CES 2021」映像内で記載されていたソニーPS5タイトルの発売予定時期の大部分が削除

    「CES 2021」映像内で記載されていたソニーPS5タイトルの発売予定時期の大部分が削除

  2. PS4/PS5の『スカイリム』を60FPSで動作可能にするMODが登場!手順に従えば実績も有効化可能

    PS4/PS5の『スカイリム』を60FPSで動作可能にするMODが登場!手順に従えば実績も有効化可能

  3. 『Apex Legends』スイッチ版リリース予定日は後日正式公開―「正しくない情報が一時的に伝わってしまった」

    『Apex Legends』スイッチ版リリース予定日は後日正式公開―「正しくない情報が一時的に伝わってしまった」

  4. あの伝説のARPGが再び、G-MODEアーカイブス『ソーサリアン』ニンテンドースイッチに登場!

  5. 8bitサイバー忍者ACT『サイバーシャドウ』国内スイッチ版の予約受付スタート! PS5/4版も1月26日に発売決定

  6. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月18日】─1月20日と1月22日に新たな抽選受付がスタート、「お宝創庫」の受付は本日まで

  7. “光るバグ戦闘機”が公式スキンに!?『エースコンバット7』2周年記念アプデ発表!全世界販売本数も250万本突破でシリーズ最高に

  8. 『モンハンライズ』体験版のオンライン通信プレイにおけるカクツキは製品版では発生しないー公式Twitterがアナウンス

  9. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

  10. これから始める宇宙人狼『Among Us』―基本ルールや議論のちょっとしたコツまで!【特集】

アクセスランキングをもっと見る

page top