好きなゲームからも登場するかも?ゲーム開発者がSteam「ポイントショップ」用アイテムを作成登録可能に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

好きなゲームからも登場するかも?ゲーム開発者がSteam「ポイントショップ」用アイテムを作成登録可能に

審査を通った作品のアイテムはSteamポイントショップで購入可能になるようです。

ニュース ゲーム業界
好きなゲームからも登場するかも?ゲーム開発者がSteam「ポイントショップ」用アイテムを作成登録可能に
  • 好きなゲームからも登場するかも?ゲーム開発者がSteam「ポイントショップ」用アイテムを作成登録可能に
  • 好きなゲームからも登場するかも?ゲーム開発者がSteam「ポイントショップ」用アイテムを作成登録可能に

Valveは、Steamのゲーム開発者向けに「Steamポイントショップ」のアイテムを作成・公開できる新ツールの配信を開始ました。

Steamポイントショップは、2020年6月のSteamサマーセールで実装された機能。ユーザーはSteamでの購入金額によって付与されるポイント(現在は100円で94ポイント)で、さまざまなゲームのプロフィール背景やステッカーなどの購入や利用ができます。今までのSteamトレーディングカードでの「壁紙」や「アイコン」と大きく違うのはアニメーションを導入できること。また、様々な場面でSteamユーザーにカーソルを合わせた際に表示される「ミニプロフィール」の背景の設定も可能となります。なお、チャット用の絵文字はゲームを所有しており、さらにそのゲームを2時間以上遊んでいない場合は購入できません。

ゲーム開発者は配布されるツールでアイテムの作成、登録、利用要件を満たしているかのチェックが可能。審査を通過することでポイントショップに登録され、すべてのSteamのユーザーが利用可能になります。詳細な条件などの仕様書はニュースリリースで公開されています。

Valveによると現在購入可能なアイテムでは「動くアバター」「動くフレーム」「動くミニプロフィール背景」のユーザー人気が高いとのこと。ゲームの販促にも繋がる機能でもあるため、今後アイテム作成を宣伝計画に組み込むメーカーも登場するかも知れません。

《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. あの手この手で商品を国境外に運び出せ!密輸業者シム『Smuggler Simulator』2023年登場予定

    あの手この手で商品を国境外に運び出せ!密輸業者シム『Smuggler Simulator』2023年登場予定

  2. コーエーテクモ、2020年第3四半期に過去最高の売上高・利益の達成を報告―『ゼルダ無双』のヒットやモバイルタイトルの好調が要因

    コーエーテクモ、2020年第3四半期に過去最高の売上高・利益の達成を報告―『ゼルダ無双』のヒットやモバイルタイトルの好調が要因

  3. 発売20周年を記念した「クロノ・クロスライブ」ファイナル公演収録のBlu-ray4月14日に発売決定―予約受付開始

    発売20周年を記念した「クロノ・クロスライブ」ファイナル公演収録のBlu-ray4月14日に発売決定―予約受付開始

  4. 『サイバーパンク2077』は過去最大のデジタルローンチとなったことが明らかに―返金対応は実質的に影響せず

  5. 5つ目の情報公開は2021年に―プラチナゲームズがティザーサイト「Platinum 4」を更新

  6. 週末セール情報ひとまとめ『DEATH STRANDING』『バイオハザードRE:3』『Kenshi』『ニーア オートマタ』他

  7. Epic Gamesストアにて23世紀の宇宙が舞台のSFターン制4Xストラテジー『Galactic Civilizations III』期間限定無料配信開始

  8. ゲーム販売地域制限のEU独禁法違反問題に関してカプコンとバンダイナムコが欧州委員会との和解を発表

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. ユービーアイソフト ジャパンのスティーヴ・ミラー社長が退職―初代『アサクリ』発売年から14年間勤務【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top