フリューが「カリギュラ2」の商標を出願していたことが判明―ロゴらしき画像も公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

フリューが「カリギュラ2」の商標を出願していたことが判明―ロゴらしき画像も公開

昨年6月の『カリギュラ』4周年では、続編を示唆するツイートも公開されていました。

ニュース ゲーム業界
フリューが「カリギュラ2」の商標を出願していたことが判明―ロゴらしき画像も公開
  • フリューが「カリギュラ2」の商標を出願していたことが判明―ロゴらしき画像も公開
  • フリューが「カリギュラ2」の商標を出願していたことが判明―ロゴらしき画像も公開

フリューが、「カリギュラ2」の商標を2020年12月10日に日本で出願していたことが明らかとなりました。

PS Vita対応で2016年に発売された『カリギュラ』は、見てはいけないものほど見たくなる、してはいけないものほどしたくなる「カリギュラ効果」をタイトルの由来とした学園ジュブナイルRPGです。様々な悩みやトラウマを抱えた学生たちが、理想の高校生活を送れる仮想世界「メビウス」からの脱出を目指し奮闘する物語が描かれました。

今回出願が明らかとなった「カリギュラ2」は、ナンバリングからして『カリギュラ』の続編と思われます。昨年6月の『カリギュラ』4周年では、記念イラストを公開すると共に「この”扉”の先の景色を皆様にお見せするべく制作陣一同全力を尽くしております」と、続編を示唆するツイートも公開されていました。

すでにロゴらしき画像も公開されており、今後の展開に期待の高まる『カリギュラ』シリーズ。公式からの続報に注目です。

《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. コーエーテクモ、2020年第3四半期に過去最高の売上高・利益の達成を報告―『ゼルダ無双』のヒットやモバイルタイトルの好調が要因

    コーエーテクモ、2020年第3四半期に過去最高の売上高・利益の達成を報告―『ゼルダ無双』のヒットやモバイルタイトルの好調が要因

  2. 5つ目の情報公開は2021年に―プラチナゲームズがティザーサイト「Platinum 4」を更新

    5つ目の情報公開は2021年に―プラチナゲームズがティザーサイト「Platinum 4」を更新

  3. 『サイバーパンク2077』は過去最大のデジタルローンチとなったことが明らかに―返金対応は実質的に影響せず

    『サイバーパンク2077』は過去最大のデジタルローンチとなったことが明らかに―返金対応は実質的に影響せず

  4. Epic Gamesストアにて23世紀の宇宙が舞台のSFターン制4Xストラテジー『Galactic Civilizations III』期間限定無料配信開始

  5. 週末セール情報ひとまとめ『DEATH STRANDING』『バイオハザードRE:3』『Kenshi』『ニーア オートマタ』他

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. ゲーム販売地域制限のEU独禁法違反問題に関してカプコンとバンダイナムコが欧州委員会との和解を発表

  8. 2021年Steam旧正月セールは現地時間2月11日から15日?―非公式データベースサイトが予告

  9. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  10. 定額遊び放題のPC版含む「Xbox Game Pass Ultimate」3か月100円のキャンペーン開始―『ドラクエ11』『DOOM Eternal』等100タイトル以上が対象

アクセスランキングをもっと見る

page top