スイッチ用オープンワールドACT『ファイナルソード』が「DefinitiveEdition」となって再発売 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スイッチ用オープンワールドACT『ファイナルソード』が「DefinitiveEdition」となって再発売

2020年7月に発売するも、作中のBGMが盗作との指摘を受け配信が停止していたニンテンドースイッチ版『ファイナルソード』が「DefinitiveEdition」としてマイニンテンドーストアにて配信再開。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
スイッチ用オープンワールドACT『ファイナルソード』が「DefinitiveEdition」となって再発売
  • スイッチ用オープンワールドACT『ファイナルソード』が「DefinitiveEdition」となって再発売
  • スイッチ用オープンワールドACT『ファイナルソード』が「DefinitiveEdition」となって再発売
  • スイッチ用オープンワールドACT『ファイナルソード』が「DefinitiveEdition」となって再発売
  • スイッチ用オープンワールドACT『ファイナルソード』が「DefinitiveEdition」となって再発売
  • スイッチ用オープンワールドACT『ファイナルソード』が「DefinitiveEdition」となって再発売
  • スイッチ用オープンワールドACT『ファイナルソード』が「DefinitiveEdition」となって再発売
  • スイッチ用オープンワールドACT『ファイナルソード』が「DefinitiveEdition」となって再発売

デベロッパーHUP Gamesは、2020年7月に発売するも、作中のBGMが盗作との指摘を受けわずか4日で配信が停止していたニンテンドースイッチ版『ファイナルソード』を「DefinitiveEdition」としてマイニンテンドーストアにて配信を再開しました。

価格は1,799円となっています。

本作はiOS/Android向けMobileEditionとして2019年に発売。後のスイッチ版にて開発に使用したアセット内のBGMが任天堂の『ゼルダの伝説』内の楽曲の盗作と疑われる問題が発覚。2021年1月13日には、開発元よりまもなく良いお知らせがあることが伝えられていました。

「RTA in Japan 2020」で12月29日に行われたふぃす氏による、最速クリアを目指すAny%RTAでは6万人超の視聴者やTwitterのトレンド1位に上昇するなど再び話題を呼びました。
《technocchi》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 2人のマッチョマンによる人力破壊テスト。家庭用ハード耐久力対決!

    2人のマッチョマンによる人力破壊テスト。家庭用ハード耐久力対決!

  2. ロープで繋がれたペンギンの協力パズルACT『ブレッドとフレッド』スイッチ版5月23日リリース決定!PC向けデモ版100万DLを達成した話題作が登場【Indie World 2024.4.17】

    ロープで繋がれたペンギンの協力パズルACT『ブレッドとフレッド』スイッチ版5月23日リリース決定!PC向けデモ版100万DLを達成した話題作が登場【Indie World 2024.4.17】

  3. 「Xbox 360ストア」7月29日の閉鎖へ向け大規模セール実施発表!購入タイトルは閉鎖後も引き続きプレイ可能

    「Xbox 360ストア」7月29日の閉鎖へ向け大規模セール実施発表!購入タイトルは閉鎖後も引き続きプレイ可能

  4. 大好評のポーカーローグライク『Balatro』突然のレーティング変更で一部の海外ストアで販売停止に

アクセスランキングをもっと見る

page top