『ベア・ナックルIV』開発元が『餓狼伝説MOW』続編のコンセプトアートを独自制作! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ベア・ナックルIV』開発元が『餓狼伝説MOW』続編のコンセプトアートを独自制作!

あくまでも非公式のファンアート。

ゲーム文化 カルチャー
『ベア・ナックルIV』開発元が『餓狼伝説MOW』続編のコンセプトアートを独自制作!
  • 『ベア・ナックルIV』開発元が『餓狼伝説MOW』続編のコンセプトアートを独自制作!

昨年リリースされ高評を得た『ベア・ナックルIV(Streets of Rage 4)』の開発元Lizardcubeが、SNKの対戦格闘ゲーム『餓狼 MARK OF THE WOLVES』の続編のコンセプトアートを独自に制作。その過程を収めたタイムラプス動画とともに披露しました。

『餓狼 MARK OF THE WOLVES』は1999年にアーケードで登場し、その後さまざまな機種に移植された作品。続編の開発も進められていたものの旧SNKの倒産によりキャンセルされてしまい、その後再開すること無く現在に至ります。今回制作されたコンセプトアートで描かれているBoss Furというキャラクターは、公式の続編に登場予定であったキャラクターとのことです(実際の名前はドルビック・ボーン)。

PS4/PS Vita版『餓狼 MARK OF THE WOLVES』トレイラー

今後の計画は不明ですが、実際に続編の登場を望むファンは多いのではないでしょうか。

《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『CoD』を買いにロックダウン中の街を出歩いていた脱獄犯が逮捕―英バーミンガム市

    『CoD』を買いにロックダウン中の街を出歩いていた脱獄犯が逮捕―英バーミンガム市

  2. ターン制タクティカルRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』Steam版が日本語に対応

    ターン制タクティカルRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』Steam版が日本語に対応

  3. 100万のスパルタ兵 vs 2千のフルオートショットガン兵! 壮大バトルシム『UEBS2』技術デモ映像

    100万のスパルタ兵 vs 2千のフルオートショットガン兵! 壮大バトルシム『UEBS2』技術デモ映像

  4. 『Bloodstained』の「ミリアム」が3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』に参戦!

  5. 15年前にリリースされたバグだらけのクトゥルフホラー『Call of Cthulhu: Dark Corners of the Earth』が有志によって「Nexus Mods」Modマネージャーに対応

  6. 英国競争・市場庁がAppleの競争法違反に関する調査を開始―「App Store」に関する複数の開発者から苦情受け

  7. 『Ghost of Tsushima』×対馬市が公認コラボ!対馬市公式サイト「Ghost of “REAL” Tsushima」を全世界に向けて開設

  8. 国産ゲーム中心の「NEW GAME+ EXPO 2021 Showcase」発表内容ひとまとめ

  9. 改造「ポケモン」作成で男性逮捕、販売行為1年間で115万円以上の売上

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top