テンセントが『ライフ イズ ストレンジ』のDONTNOD Entertainmentの少数株式を3,000万ユーロで取得 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

テンセントが『ライフ イズ ストレンジ』のDONTNOD Entertainmentの少数株式を3,000万ユーロで取得

資金はPC/コンソール/モバイルでのタイトル開発に使用されます。

ニュース ゲーム業界
テンセントが『ライフ イズ ストレンジ』のDONTNOD Entertainmentの少数株式を3,000万ユーロで取得
  • テンセントが『ライフ イズ ストレンジ』のDONTNOD Entertainmentの少数株式を3,000万ユーロで取得
  • テンセントが『ライフ イズ ストレンジ』のDONTNOD Entertainmentの少数株式を3,000万ユーロで取得


ライフ イズ ストレンジ』『Tell Me Why』などで知られるフランスのデベロッパーDONTNOD Entertainmentは、自社の少数株式を中国のテンセントが取得したことを発表しました。

プレスリリースによると、テンセントによる株式取得の金額は3,000万ユーロ(約37億8千万円)。同社ではテンセントを含む4,000万ユーロの資金調達を目指し、PC/コンソール/モバイルでの自社パブリッシングタイトルの費用とするとしています。なお、今回の株式取得によりテンセントは同社の取締役会に参加できるようになります。

今回の株式取得によるパートナーシップ協定について、DONTNOD EntertainmentのCEOであるOskar Guilbert氏は「テンセントを投資家として迎えられることを喜ばしく思う」とコメント。これまでさまざまな企業への投資を行ってきたテンセントとパートナーシップを締結できたことで、今後中国を含むさらなるゲームの展開を望めるとしています。


テンセントは2020年に31社に対して買収や合併などを行っています。また、2021年1月には『Don't Starve』で知られるKlei Entertainmentの株式の過半数を取得したことを発表しています。

《Mr.Katoh》

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 開発15年で早期アクセス9年のローグライクRPGついに完成か『Caves of Qud』年内の正式リリースに向けたロードマップ公開

    開発15年で早期アクセス9年のローグライクRPGついに完成か『Caves of Qud』年内の正式リリースに向けたロードマップ公開

  2. Steamにて最大80%オフの『Fallout』シリーズセールが開催!―1週間の『Fallout 76』フリープレイも実施中

    Steamにて最大80%オフの『Fallout』シリーズセールが開催!―1週間の『Fallout 76』フリープレイも実施中

  3. オンラインRPG『Fallout 76』PCとXbox版がAmazonプライム会員向けに無料配布開始

    オンラインRPG『Fallout 76』PCとXbox版がAmazonプライム会員向けに無料配布開始

  4. 高評価中世ARPG『キングダムカム・デリバランス』のWarhorse Studiosが新作を発表予定! 4月19日未明にお披露目

  5. 【PC版無料配布開始】サイバーパンクSFアクション『ゴーストランナー』Epic Gamesストアにて

  6. ニンテンドースイッチエミュレーター「Yuzu」差し止めに荒ぶる一部海外ゲーマー…代替品まで登場、影響は3DSエミュレーターにも

  7. 『Dead Space 2』リメイク開発中止の海外報道駆け巡る―が…EA「もともとそんな予定はない」

  8. 『The Elder Scrolls』シリーズのTV化は望み薄?トッド・ハワード氏が後ろ向きなコメント

  9. FPSフェスティバルがやってくる―「Steam FPS Fest 2024」開催!4月15日から22日までの一週間

  10. KADOKAWAが「悠久幻想曲」の名称を商標登録―商標の取り直しか、新たな“mooゲー”登場なるか?【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top