Bokeh Game Studioが外山圭一郎氏に焦点を当てた映像公開―ホラーアクションADVを一作目に予定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bokeh Game Studioが外山圭一郎氏に焦点を当てた映像公開―ホラーアクションADVを一作目に予定

ホラーではあるものの、爽快感とエンターテインメント性のある作品を、スタジオ第一作目として制作するとのことです。

ニュース ゲーム業界
Bokeh Game Studioが外山圭一郎氏に焦点を当てた映像公開―ホラーアクションADVを一作目に予定
  • Bokeh Game Studioが外山圭一郎氏に焦点を当てた映像公開―ホラーアクションADVを一作目に予定
  • Bokeh Game Studioが外山圭一郎氏に焦点を当てた映像公開―ホラーアクションADVを一作目に予定

Bokeh Game Studio(ボーカ ゲーム スタジオ)は新たにクリエイティブディレクターの外山圭一郎氏に焦点を当てた映像を公開しました。

Bokeh Game Studioは、ソニー・インタラクティブエンタテインメント在籍時に『SIREN』『GRAVITY DAZE』シリーズ、コナミ在籍時には『SILENT HILL』などを手掛けたことで知られる外山圭一郎氏を筆頭に、同じく『SIREN』シリーズや『パペッティア』『人喰いの大鷲トリコ』などを手掛けた佐藤一信氏、同じく『SIREN』『GRAVITY DAZE』シリーズを手掛けた大倉純也氏らにより2020年12月に設立が発表された新たな制作スタジオ。発表時にはホラー寄りのアクションアドベンチャーを1作目に作ることを明らかにしています。

新たに公開されたこの映像では、共同設立者兼CEO兼クリエイティブディレクターである外山圭一郎氏にフォーカス。同氏が遊ぶ側から作り手に変わることになった過去から、新設した制作スタジオの意義が語られているほか、注目の「初回作」に関しても言及。自身の原点であるホラーに、たまっているアイデアをもってエンターテイメント性を帯びる形で再チャレンジすることが、独特な創作画と共に明かされています。

※UPDATE(2021年2月16日午後11時5分):本文修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。

《technocchi》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Epic Gamesストアにて冷戦が熱戦へと転じたifを描くRTS『Wargame: Red Dragon』期間限定無料配信開始

    Epic Gamesストアにて冷戦が熱戦へと転じたifを描くRTS『Wargame: Red Dragon』期間限定無料配信開始

  2. 『LoL』『Halo』『Team Fortress 2』『オーバーウォッチ』開発スタッフによる新スタジオTheorycraft Gamesが設立―資金調達ラウンドで3,750万ドル確保

    『LoL』『Halo』『Team Fortress 2』『オーバーウォッチ』開発スタッフによる新スタジオTheorycraft Gamesが設立―資金調達ラウンドで3,750万ドル確保

  3. EAが『ニード・フォー・スピード』新作を延期―開発チームは『バトルフィールド』を支援

    EAが『ニード・フォー・スピード』新作を延期―開発チームは『バトルフィールド』を支援

  4. 独占販売権契約は締結しており、契約金は支払い済―ホラーADV『The Sinking City』Steam版販売を巡りNaconが声明

  5. 『原神』リリースから2か月余りで4億ドル近い収益を稼ぎ出す―1日平均で600万ドル以上の売上

  6. 昨年から続いているApple対Epicの訴訟問題、2021年5月から裁判が開始へ

  7. 『スカルガールズ』のLab Zero Games、スタッフほぼ全員がレイオフ―パワハラ・セクハラ等渦中のCEO判断

  8. 1ターン25秒の攻防を征せよ! ターン制ストラテジーFPS『Lemnis Gate』PC/PS4/Xbox One向けに2021年リリース

  9. 『SILENT HILL』『GRAVITY DAZE』の外山圭一郎氏が独立―新スタジオ「Bokeh Game Studio」設立を発表

  10. 『スカルガールズ』Lab Zero Games元開発者らが新スタジオ「Future Club」設立―すでに新作の計画も?

アクセスランキングをもっと見る

page top