米イリノイ州、『GTA』シリーズなど暴力的なゲームを販売禁止か―車の盗難対策として | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米イリノイ州、『GTA』シリーズなど暴力的なゲームを販売禁止か―車の盗難対策として

イリノイ州では、銃で脅して車を強奪する事件が多発しているようです。

ゲーム文化 カルチャー
米イリノイ州、『GTA』シリーズなど暴力的なゲームを販売禁止か―車の盗難対策として
  • 米イリノイ州、『GTA』シリーズなど暴力的なゲームを販売禁止か―車の盗難対策として
  • 米イリノイ州、『GTA』シリーズなど暴力的なゲームを販売禁止か―車の盗難対策として

米イリノイ州の州議会議員が、『GTA』シリーズなどの暴力的なゲームを販売禁止にする法案を議会に提出したことがわかりました。

イリノイ州では、シカゴやその他の地域で車の強奪被害が増加しているとされます。同州議会議員マーカス・エヴァンス氏は車の盗難を防ぐ活動の一環として、車の盗難が重要な要素となっている『GTA』シリーズなど、暴力的とされるゲームの販売を禁止にする法案を提出しました。

シカゴ警察の発表では、今年1月の車の盗難事件は218件発生しているとのこと。その中でも少なくないのが、日中のガソリンスタンドやショッピングモールで銃を突きつけられて強奪されるという被害です。シカゴの一部地域では、レッカー会社オーナーで慈善家のアーリー・ウォーカー氏の協力で「Operation Safe Pump」と呼ばれる、民間の警備会社が特定の時刻にガソリンスタンドを警備し、安全にガソリンを入れられる時間帯を設定するという活動も行われています。

ウォーカー氏は、車の強奪事件が『GTA』などのゲーム内でできる行動と類似していると指摘し、昨年から販売禁止を求めていました。今回の法案は、ウォーカー氏がエヴァンス氏にコンタクトを取ったことで実現したようです。

法案は、2012年に成立した未成年者への暴力ゲーム販売を制限する法律を改正する形で調整するとしています。

《蟹江西武》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 人気ストリーマーのStylishNoob氏、DeToNator脱退を発表―今後はフリーとして活動

    人気ストリーマーのStylishNoob氏、DeToNator脱退を発表―今後はフリーとして活動

  2. アーケード版『Minecraft Dungeons』が北米で試験的に展開中―筐体1台で4人での協力プレイが可能

    アーケード版『Minecraft Dungeons』が北米で試験的に展開中―筐体1台で4人での協力プレイが可能

  3. 『CoD』を買いにロックダウン中の街を出歩いていた脱獄犯が逮捕―英バーミンガム市

    『CoD』を買いにロックダウン中の街を出歩いていた脱獄犯が逮捕―英バーミンガム市

  4. コミックマーケット99が開催延期…「現時点で開催延期を判断せざるをえない」

  5. 3月限定復活!ユービーアイ公式生放送「Ubich」にて『ウォッチドッグス レギオン』オンラインモードを紹介

  6. ターン制タクティカルRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』Steam版が日本語に対応

  7. 『Bloodstained』の「ミリアム」が3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』に参戦!

  8. 「スーパー・ニンテンドー・ワールド」3月18日よりオープン!当面は人数制限を実施

  9. 100万のスパルタ兵 vs 2千のフルオートショットガン兵! 壮大バトルシム『UEBS2』技術デモ映像

  10. ガンディーの核投下バグの真相をシド・マイヤーが語る回想録『Sid Meier’s Memoir!』が海外で発売

アクセスランキングをもっと見る

page top