Forever Entertainmentがスクエニの過去作リメイクを手掛けることを発表―『パンツァードラグーン:リメイク』販売元が1IPを複数タイトル展開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Forever Entertainmentがスクエニの過去作リメイクを手掛けることを発表―『パンツァードラグーン:リメイク』販売元が1IPを複数タイトル展開

スクエニの過去シリーズのどれか1つが複数本リメイク!期待しましょう。

ニュース 発表
Forever Entertainmentがスクエニの過去作リメイクを手掛けることを発表―『パンツァードラグーン:リメイク』販売元が1IPを複数タイトル展開
  • Forever Entertainmentがスクエニの過去作リメイクを手掛けることを発表―『パンツァードラグーン:リメイク』販売元が1IPを複数タイトル展開
  • Forever Entertainmentがスクエニの過去作リメイクを手掛けることを発表―『パンツァードラグーン:リメイク』販売元が1IPを複数タイトル展開
2020年4月のスイッチ版を皮切りに各機種に販売された『パンツァードラグーン:リメイク』。今後『パンツァードラグーン ツヴァイ:リメイク』も同社より発売予定。

2020年に『パンツァードラグーンリメイク』を販売したポーランドのパブリッシャーForever Entertainmentは、新たにスクウェア・エニックスの複数の過去作のリメイクを手掛けることを発表しました。

ポーランドの経済ニュースを伝えるメディアPAP Biznesによれば、Forever Entertainmentは、日本のスクウェア・エニックスが保有する、過去に販売された1つのIPをベースにしたゲームのリメイクの、複数本の開発と販売を手掛ける契約の締結を発表し、同社の株価が10%以上上昇したとのこと。

リメイクに当たっては、新しいグラフィックデザインに、オリジナルのゲームプレイとシナリオを維持する形で開発される予定であることが明かされています。

肝心の、リメイクが行われる対象のゲームタイトルについては、今回とは別の機会に明らかにされるとのことです。

《technocchi》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. “非常に好評”サバイバルACT『Wizard with a Gun』開発元Galvanic Gamesが閉鎖へ…創設者曰く「売上はスタジオ存続に十分でなかった」

    “非常に好評”サバイバルACT『Wizard with a Gun』開発元Galvanic Gamesが閉鎖へ…創設者曰く「売上はスタジオ存続に十分でなかった」

  2. 「Key」25周年記念で25%オフのセールがニンテンドーeショップで開催中!『Kanon』からキネティックノベルまで人気タイトルがズラリ

    「Key」25周年記念で25%オフのセールがニンテンドーeショップで開催中!『Kanon』からキネティックノベルまで人気タイトルがズラリ

  3. 『モンハンライズ』が遊び放題に!『Crusader Kings III』や『ファークライ4』も配信のPS Plusゲームカタログ最新情報

    『モンハンライズ』が遊び放題に!『Crusader Kings III』や『ファークライ4』も配信のPS Plusゲームカタログ最新情報

  4. AMDのCEOリサ・スー氏はPS3の「Cell」プロセッサ開発に携わっていた―IBM時代の“野心的な”製品を振り返る

  5. 『グランド・セフト・オート』シリーズ最新作『GTA6』正式発表!流出受けてトレイラーを予定より早く公開―舞台は「バイスシティ」

  6. ObsidianのCEOがTango Gameworksなどの閉鎖で動揺する人々へコメント―「明日の事は心配していない」

  7. “『CoD』をPSユーザーから引き離したいわけではない”フィル・スペンサー氏が発言―Tango Gameworksスタジオ閉鎖についてもコメント

  8. Steam運営のValveが英国で集団訴訟に…「独占的な地位を乱用し1,400万人のゲーマーに過大請求をした」として

  9. 凄惨すぎる!和製スプラッターホラー『CRUELTY | クルーエルティ』2024年第一四半期公開予定―配信停止の『Brutal Japan | 猟奇の日本』開発者新作

  10. 『SIREN』クリエイターが手がける新作ホラー『野狗子: Slitterhead』6月8日のSummer Game Festで世界初のゲームプレイ映像配信

アクセスランキングをもっと見る

page top