Forever Entertainmentがスクエニの過去作リメイクを手掛けることを発表―『パンツァードラグーン:リメイク』販売元が1IPを複数タイトル展開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Forever Entertainmentがスクエニの過去作リメイクを手掛けることを発表―『パンツァードラグーン:リメイク』販売元が1IPを複数タイトル展開

スクエニの過去シリーズのどれか1つが複数本リメイク!期待しましょう。

ニュース 発表
Forever Entertainmentがスクエニの過去作リメイクを手掛けることを発表―『パンツァードラグーン:リメイク』販売元が1IPを複数タイトル展開
  • Forever Entertainmentがスクエニの過去作リメイクを手掛けることを発表―『パンツァードラグーン:リメイク』販売元が1IPを複数タイトル展開
  • Forever Entertainmentがスクエニの過去作リメイクを手掛けることを発表―『パンツァードラグーン:リメイク』販売元が1IPを複数タイトル展開
2020年4月のスイッチ版を皮切りに各機種に販売された『パンツァードラグーン:リメイク』。今後『パンツァードラグーン ツヴァイ:リメイク』も同社より発売予定。

2020年に『パンツァードラグーンリメイク』を販売したポーランドのパブリッシャーForever Entertainmentは、新たにスクウェア・エニックスの複数の過去作のリメイクを手掛けることを発表しました。

ポーランドの経済ニュースを伝えるメディアPAP Biznesによれば、Forever Entertainmentは、日本のスクウェア・エニックスが保有する、過去に販売された1つのIPをベースにしたゲームのリメイクの、複数本の開発と販売を手掛ける契約の締結を発表し、同社の株価が10%以上上昇したとのこと。

リメイクに当たっては、新しいグラフィックデザインに、オリジナルのゲームプレイとシナリオを維持する形で開発される予定であることが明かされています。

肝心の、リメイクが行われる対象のゲームタイトルについては、今回とは別の機会に明らかにされるとのことです。

《technocchi》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 次世代の新作『バトルフィールド』2021年後半リリースと正式発表―独立したモバイル向け作品も2022年に配信予定

    次世代の新作『バトルフィールド』2021年後半リリースと正式発表―独立したモバイル向け作品も2022年に配信予定

  2. Epic Gamesストアにて映画「エイリアン」原作SFサバイバルホラー『エイリアン アイソレーション』ボードゲーム型ARPG『ハンド オブ フェイト2』期間限定無料配信開始

    Epic Gamesストアにて映画「エイリアン」原作SFサバイバルホラー『エイリアン アイソレーション』ボードゲーム型ARPG『ハンド オブ フェイト2』期間限定無料配信開始

  3. Epic Gamesストアにインディーゲーム販売プラットフォームitch.io含む複数のPC向けアプリが追加

    Epic Gamesストアにインディーゲーム販売プラットフォームitch.io含む複数のPC向けアプリが追加

  4. 『バイオハザード ヴィレッジ』公式イメージソング公開―吉幾三「俺らこんな村いやだLv.100」

  5. コナミが日本で「悪魔城ドラキュラ」と「METAL GEAR RISING」の商標を申請

  6. ソニーとFirewalk Studios、新規IPパブリッシングパートナーシップを発表―マルチプレイヤーゲームをすでに開発中

  7. 有志のファンによる『Days Gone』続編を求める署名活動が実施中―すでに6万件近い署名が集まる

  8. 任天堂が『白猫プロジェクト』を巡るコロプラとの訴訟で請求額を49.5億から96.99億に引き上げ

  9. キーの用意なしでSteamでのテストプレイが可能に―「Steam Playtest」正式リリース

  10. まずはオフィスのトイレットペーパー改善から!Razerが環境保護目的の基金"Razer Green Fund"を設立

アクセスランキングをもっと見る

page top