バンナム新作『SCARLET NEXUS』先行プレイレポ―「超脳力」がカギとなる“ブレインパンク・アクションRPG”に迫る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

バンナム新作『SCARLET NEXUS』先行プレイレポ―「超脳力」がカギとなる“ブレインパンク・アクションRPG”に迫る

W主人公、SASシステムなどに注目しながら、序盤プレイの様子をお届けします。

PC Windows
バンナム新作『SCARLET NEXUS』先行プレイレポ―「超脳力」がカギとなる“ブレインパンク・アクションRPG”に迫る
  • バンナム新作『SCARLET NEXUS』先行プレイレポ―「超脳力」がカギとなる“ブレインパンク・アクションRPG”に迫る
  • バンナム新作『SCARLET NEXUS』先行プレイレポ―「超脳力」がカギとなる“ブレインパンク・アクションRPG”に迫る
  • バンナム新作『SCARLET NEXUS』先行プレイレポ―「超脳力」がカギとなる“ブレインパンク・アクションRPG”に迫る
  • バンナム新作『SCARLET NEXUS』先行プレイレポ―「超脳力」がカギとなる“ブレインパンク・アクションRPG”に迫る
  • バンナム新作『SCARLET NEXUS』先行プレイレポ―「超脳力」がカギとなる“ブレインパンク・アクションRPG”に迫る
  • バンナム新作『SCARLET NEXUS』先行プレイレポ―「超脳力」がカギとなる“ブレインパンク・アクションRPG”に迫る
  • バンナム新作『SCARLET NEXUS』先行プレイレポ―「超脳力」がカギとなる“ブレインパンク・アクションRPG”に迫る
  • バンナム新作『SCARLET NEXUS』先行プレイレポ―「超脳力」がカギとなる“ブレインパンク・アクションRPG”に迫る

※オンラインでの先行プレイからスクリーンショットを掲載しているため、画質が実機とは異なります。

6月24日に発売日に発売を迎えるARPG『SCARLETNEXUS(スカーレットネクサス)』。

バンダイナムコエンターテインメントが開発・販売を手掛ける本作は、高品質な日本アニメ調グラフィックに加え、「念力」を駆使して怪異に立ち向かう“ブレインパンク・アクションRPG”というジャンル名が印象的なタイトルです。

5月初頭、(状況的にオンライン体験会という形にはなりましたが)本作の先行体験会に編集部も参加。プレイできたのは序盤のみとなりましたが、物語の導入やキャラクターに触れつつ、アクションやゲームシステムにも注目してお伝えしていきます。

異なる視点から物語を追っていく「W主人公制」

まず初めに、本作では「ユイト・スメラギ」と「カサネ・ランドール」のW主人公となっています。これは単純な男性主人公、女性主人公の選択制という訳ではなく、それぞれに固有のバックグラウンドや性格、友人が存在しており、同じイベントでも異なる視点から物語を楽しむことができます。

例えば、ユイト・スメラギには「ナギ」という友人がいるのですが、カサネ・ランドールの場合はこの立ち位置に「ナオミ」という姉が存在します。もちろん、所属する部隊や物語の伏線となりそうな親戚関係についても大きく異なるので、それぞれの主人公で全く新しい物語が楽しめそうです。なお、上記のような会話シーンはフルボイスとなっています。

物語の導入とチュートリアル

物語は脳と脳を繋げる仮想ケーブルの接続シーンから始まります。ケーブルを接続すると怪異討伐軍の入隊適正試験へ。という流れからチュートリアルが始まります。チュートリアルは懇切丁寧で、違和感なく操作に順応できるでしょう。

本作で特徴的なのはやはり刀と念力を使用した戦闘です。〇ボタンによるステップと□・△ボタンで繰り出せる斬撃。□+×ボタンによる上方攻撃といったアクションゲームで頻繁に目にする攻撃方法に加え、R2ボタンで使える念力は戦闘に多彩さをもたらしていました。

念力の使用ゲージは刀の攻撃でためられるため、使用タイミングの判断も面白いところ。実際に腰を据えてプレイする際はさらに華麗に使いたいですね。

適正試験は無事終了し、明日からは怪異討伐軍の正式隊員となることに。与えられた24時間の休息時間を使い、ユイトとカサネ両主人公はそれぞれ友人と連れ立ってスメラギ陵へ。スメラギ陵はユイトの先祖が眠る陵墓。ユイトは兄や父が政治的に重要な立場におり、由緒正しいエリートでもあるのです。カサネ・ランドールに関しても同様で、巨大軍事企業を経営するランドール家の養女という出自です。

スメラギ陵から戻り、街のカフェに向かおうとすると、なんと怪異が襲来。なし崩し的に初の実戦です。偶然居合わせたユイトとカサネの両主人公が協力して対処していきますが、カサネは姉のナオミ以外全てに辛辣に当たるカミソリ少女、ユイトに対しても「あなたバカ……?」といった調子。今後の物語で2人の関係性がどのように変化するのか楽しみです。

また、この場面では怪異討伐軍でも花形の「七剣星(セプテントリオン)」と呼ばれる「フブキ」や「カレン」も登場。

戦闘が終わると街はすっかり日常に。こうした描写からも怪異は地震や台風、火事といった災害に近い存在として生活に組み込まれてしまっていることが分かります。初陣で怪異を撃破した主人公たちに注目する報道機関を振り切り、怪異討伐軍の本部に着くと多くの隊員が集結しています。多彩な登場人物も本作の魅力と言えそうです。

「超脳力」を借り受け、組み合わせる

ここから第一章に突入し、所属部隊に配属されます。主人公も合わせて7人の隊員は際立った個性に加え、各人が「超脳力」を持っています。例えば、両主人公なら「念力」。ユイトと同じ部隊に所属する「ハナビ・イチジョウ」ならば「発火」といった具合です。

仲間の能力を「SASシステム(ストラグル・アームズ・システム)」で借り受けて戦うこともできます。自身の念力を使用し、水のタンクで敵を濡らしてから放電の能力を借り受けて感電させるといった戦い方も可能です。

物語を進めると、ダメージを与え続けることでダウンさせ、電球のような急所「赫(カク)」を破壊する技や短時間能力が大幅に強化される「脳駆動(ドライヴ)」状態といった多様な戦闘方法が解放されていきます。

さらに、念力を使用する戦闘も列車といった巨大構造物を武器にするダイナミックなものに。

能力が強化されていくRPGの基本的な箇所もおさえられています。

隊員の紹介が済むと部隊は実戦のため、「ミズハガワ」へ集合します。本作はオープンワールドではなく、広いステージを繋げる地図を用いて移動する形式となっています。オープンワールドでないのは賛否分かれそうですが、個人的には移動が面倒でないのは嬉しい点だったりします。ミズノガワに着くと、いよいよ本格的に物語が始動。さまざまな能力を駆使し状況を切り抜けていくことになります。


物語が進むと、ユイトとカサネの所属部隊が交流することも。

また、登場人物ごとに交流できる「絆システム」があり、サブミッション的な形式で交流を進めていくと「SASシステム」で借り受けられる仲間の能力が上がります。前述した通り多彩でスタイリッシュなアクションが魅力な本作ですが、登場人物に注目した、いわゆるキャラゲー的な側面もあります。絆システムは登場人物をさらに掘り下げていくゲームシステムになりそうです。


本作、『SCARLET NEXUS(スカーレットネクサス)』はアニメ調のゲームを好むゲーマーにとって十二分に期待できる内容のように感じました。発売日である6月24日(Steam版25日)を楽しみに待ちましょう。

『SCARLET NEXUS(スカーレットネクサス)』は、PC(Steam)/PS5/Xbox Series X/PS4/Xbox Oneで6月24日発売予定。通常版の希望小売価格は8,200円+税(ダウンロード版同価格)DELUXE EDITIONは9,600円+税でダウンロード版のみとなっています。


《大塩》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 2D探索型アクション『ロードス島戦記-DiWL-』PS4/PS5/Xbox Series X|S/Xbox One/スイッチで12月16日発売

    2D探索型アクション『ロードス島戦記-DiWL-』PS4/PS5/Xbox Series X|S/Xbox One/スイッチで12月16日発売

  2. カードで山を登るデッキ構築型ローグライク『ヤマふだ! にごうめ』Steam版がリリース

    カードで山を登るデッキ構築型ローグライク『ヤマふだ! にごうめ』Steam版がリリース

  3. 原作100%再現の無料ラヴクラフトADV『Dagon: by H. P. Lovecraft』Steamにてリリース―10月にはVRにも対応予定

    原作100%再現の無料ラヴクラフトADV『Dagon: by H. P. Lovecraft』Steamにてリリース―10月にはVRにも対応予定

  4. 対戦特化のスピンオフ『ARK: Survival of the Fittest』発表!―スタンドアロンで無料プレイ

  5. BenQの27インチ、HDRi対応の165Hzゲーミングモニター「EX2710Q」は他とは群を抜く仕様に!高品質スピーカーも搭載の本機をレビュー

  6. 【プレイレポ】Co-opシューター『エイリアン : ファイアーチーム エリート』は映画版を観ておけば最高に楽しめる

  7. 名作アドベンチャーゲーム『ライフ イズ ストレンジ』リマスター版の海外発売日が決定!

  8. 何も持たない若者による中世村づくりサバイバル『Medieval Dynasty』正式リリース―盗賊や薬草学が実装

  9. 無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

  10. ゾンビCo-opシューター『World War Z: Aftermath』Steam版含み発売!新たにFPSモードやローマ・カムチャッカエピソード等追加

アクセスランキングをもっと見る

page top