『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み』昔懐かしい“夏休みの体験”に迫る店頭PV公開!今どきの子は昆虫バトル…ならぬ“恐竜バトル”で遊ぶ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み』昔懐かしい“夏休みの体験”に迫る店頭PV公開!今どきの子は昆虫バトル…ならぬ“恐竜バトル”で遊ぶ

『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み』の店頭PVが公開。実際のゲームプレイ動画を用いて、自然豊かな町「アッソー」での生活が紹介されています。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み』昔懐かしい“夏休みの体験”にグッと迫る店頭PV公開!今どきの子は昆虫バトル…ならぬ“恐竜バトル”で遊ぶ
  • 『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み』昔懐かしい“夏休みの体験”にグッと迫る店頭PV公開!今どきの子は昆虫バトル…ならぬ“恐竜バトル”で遊ぶ
  • 『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み』昔懐かしい“夏休みの体験”にグッと迫る店頭PV公開!今どきの子は昆虫バトル…ならぬ“恐竜バトル”で遊ぶ
  • 『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み』昔懐かしい“夏休みの体験”にグッと迫る店頭PV公開!今どきの子は昆虫バトル…ならぬ“恐竜バトル”で遊ぶ
  • 『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み』昔懐かしい“夏休みの体験”にグッと迫る店頭PV公開!今どきの子は昆虫バトル…ならぬ“恐竜バトル”で遊ぶ
  • 『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み』昔懐かしい“夏休みの体験”にグッと迫る店頭PV公開!今どきの子は昆虫バトル…ならぬ“恐竜バトル”で遊ぶ
  • 『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み』昔懐かしい“夏休みの体験”にグッと迫る店頭PV公開!今どきの子は昆虫バトル…ならぬ“恐竜バトル”で遊ぶ



Neosは、ニンテンドースイッチ向けアドベンチャー『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~』の店頭PVを公開。実際のゲームプレイ動画を用いて、自然豊かな町「アッソー」での生活が紹介されています。


国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」を題材とした本作では、夏休みを九州で過ごすことになった野原一家の物語が描かれます。毎朝のラジオ体操や住民たちとの交流、虫取りに魚釣りといったアクティビティが用意。企画/脚本/レイアウトは、『ぼくのなつやすみ』シリーズを手掛けた綾部和氏が担当しています。


店頭PVでは、本作のより具体的なゲーム内容が紹介。捕まえた魚・虫をコレクションできる「いきもの図鑑」や、楽しかった出来事を記録する「絵日記」、作物を育てられるガーデニング要素など、夏休みらしい体験が揃っています。



釣った魚や育てた作物は、お店で受けられる「おつかい」にて使用でき、お礼に「おこづかい」を入手できます。また、町の新聞社から「子ども新聞記者」にも任命。さまざまな出来事をスクープすることで、新聞社が成長していくほか、こちらでも「おこづかい」を入手できます。



おこづかいの使い道として、アッソーの友だちと仲良くなると遊べる「恐竜バトル」が紹介。大迫力の恐竜や、おなじみのあのキャラクターで白熱のバトルを楽しめるとのこと。ここで必要になる「恐竜カード」が、おこづかいで「チョコビ」を買うと入手できます。往年の「昆虫バトル」を連想させますね。





『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~』は2021年7月15日に発売予定。価格は通常版が6,580円(税込)、プレミアムボックスが8,980円(税込)です。



『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み』昔懐かしい“夏休みの体験”にグッと迫る店頭PV公開!今どきの子は昆虫バトル…ならぬ“恐竜バトル”で遊ぶ

《茶っプリン》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 岸田メル氏が「ライザ」を、トリダモノ氏が「愛央」を描く!ムチムチ太ももに目が眩む、夢のコラボイラスト公開

    岸田メル氏が「ライザ」を、トリダモノ氏が「愛央」を描く!ムチムチ太ももに目が眩む、夢のコラボイラスト公開

  2. 殺人ウサギに襲われる初代PS風ホラー『殺しの館』国内スイッチ版が突如配信停止―開発元は悲しみツイート

    殺人ウサギに襲われる初代PS風ホラー『殺しの館』国内スイッチ版が突如配信停止―開発元は悲しみツイート

  3. あの「人修羅」や「魔人」とも戦える!『真・女神転生V』全7種の有料DLCが発売同日に配信決定

    あの「人修羅」や「魔人」とも戦える!『真・女神転生V』全7種の有料DLCが発売同日に配信決定

  4. 『モンハンライズ:サンブレイク』やはり「メル・ゼナ」は吸血鬼なのか?開発中ラフ画が高貴、そして妖艶…

  5. 画面フィルムを剥がさないで!スイッチ(有機ELモデル)の取り返しがつかない要素に任天堂が注意喚起

  6. 「PS5」の販売情報まとめ【10月21日】─「ビックカメラ.com」の抽選受付が締切目前! 本日20時59分まで

  7. 特定のゲートを破壊すると強制終了する不具合が修正―『メトロイド ドレッド』更新データVer.1.0.1配信

  8. まるでXbox Series Xな冷蔵庫「Xbox Mini Fridge」予約開始15分で完売―転売で2.5倍の価格に

  9. 『ポケモンユナイト』高速移動しながらゲップを撒き散らす「ヨクバリス」がガチで強い!シャレにならない性能を解説

  10. 初の軍用機が追加される『Microsoft Flight Simulator Game of the Year Edition』現地時間11月18日配信

アクセスランキングをもっと見る

page top