2013年の対戦格闘ACT『Killer Instinct』の一部楽曲に「人間の骨を使用した楽器」が用いられていたことが明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2013年の対戦格闘ACT『Killer Instinct』の一部楽曲に「人間の骨を使用した楽器」が用いられていたことが明らかに

チベットの民族楽器「Kangling」をスケルトンキャラクターのテーマ曲に使用。

ゲーム文化 カルチャー
2013年の対戦格闘ACT『Killer Instinct』の一部楽曲に「人間の骨を使用した楽器」が用いられていたことが明らかに
  • 2013年の対戦格闘ACT『Killer Instinct』の一部楽曲に「人間の骨を使用した楽器」が用いられていたことが明らかに

!注意!:この記事には一部衝撃的な内容が含まれています。

マイクロソフトより2013年にリリースされた対戦格闘ゲームリブート『Killer Instinct』。本作の登場キャラクターであるスケルトン戦士「Spinal」のテーマ曲に、人間の骨を利用した楽器が使用されていることを作曲家のミック・ゴードン氏が明らかにしました。

同氏は『Destroy All Humans! 2』『Doom(2016)』『Wolfenstein II: The New Colossus』などの作曲を担当し、さまざまな受賞歴もある作曲家。『Killer Instinct』でスケルトン戦士である彼のテーマ曲を作曲する際に、「なにか特別な要素を追加したかった」ということでたどり着いたのがチベットの民族楽器「Kangling」だったようです。

「Kangling」は、実際の人間の大腿骨を使用して作られた楽器。チベットでは儀式に用いられるものですが、同氏はそれを入手してゲーム内に使用したとしています。海外Kotakuでは、あくまでも本来は儀式のみで用いられる楽器であり、その文化を尊重しない使い方であるのではないかと苦言を呈しています。

格闘ゲームコミュニティのドキュメンタリーを制作する「Hold Back to Block」の映像では、実際の「Kangling」の写真や音源も確認できます(24:45付近から)。また、「Spinal」のテーマ曲も同氏の公式チャンネルで配信中。なお、閲覧に関しては自己責任でお願いします

《Mr.Katoh》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 猫ちゃんたちの集落を管理する『Catizens』ゲームプレイ紹介トレイラー!

    猫ちゃんたちの集落を管理する『Catizens』ゲームプレイ紹介トレイラー!

  2. 【東京五輪】『ニーア』イニシエノウタ、『ドラクエ』『モンハン』『テイルズ』など開会式に“日本を代表するゲーム楽曲”多数!ファンもクリエイターも歓喜

    【東京五輪】『ニーア』イニシエノウタ、『ドラクエ』『モンハン』『テイルズ』など開会式に“日本を代表するゲーム楽曲”多数!ファンもクリエイターも歓喜

  3. 海外ファンがスーファミで遊べる『ポケットモンスター 赤・青』カートリッジを自作!

    海外ファンがスーファミで遊べる『ポケットモンスター 赤・青』カートリッジを自作!

  4. ゲーマーが高額転売を目にした時の怒りがどれほどかは理解している―eBayが「Steam Deck」転売対策で出品をすべて削除する英断

  5. 『PUBG』に激似!?e-Sportsテーマのバトロワ映画「Biubiubiu」中国向けに8月6日公開予定

  6. Googleトップページにオリンピックをモチーフにした『Doodle チャンピオン アイランド ゲーム』登場

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. Netflixが「ポケモン」実写シリーズを制作中と海外報道―「名探偵ピカチュウ」のような作品に?

  9. リメイク版『Demon's Souls』で「PS5ならではの機能」を活かしたテクニック披露―海外RTAイベントにて

  10. サイバーパンク世界で賞金稼ぎ!『Vigilance 2099』最新ティーザーゲームプレイ映像公開

アクセスランキングをもっと見る

page top