迷路絵本をゲーム化した手描き風グラフィックパズル『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』Steamでリリース | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

迷路絵本をゲーム化した手描き風グラフィックパズル『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』Steamでリリース

ものすごく細かく描かれた迷路に挑む、迷う時こそ楽しいパズルゲームです。

PC Windows
迷路絵本をゲーム化した手描き風グラフィックパズル『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』Steamでリリース
  • 迷路絵本をゲーム化した手描き風グラフィックパズル『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』Steamでリリース
  • 迷路絵本をゲーム化した手描き風グラフィックパズル『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』Steamでリリース
  • 迷路絵本をゲーム化した手描き風グラフィックパズル『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』Steamでリリース

Pixmainは、Darjeeling開発のパズル『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』をWindows向けにリリースし、あわせてリリーストレイラーを公開しました。

本作はIC4DESIGNが手掛ける同名の絵本をゲーム化した作品で、名探偵ピエールとして、怪盗Xに盗まれた「迷路ストーン」を取り返すために複雑な迷路に挑みます。

100個以上のミニパズルゲームと収集アイテム、500個以上の会話・操作コンテンツがあるとされており、様々なマップで出会う人々と会話をしながらユニークなグラフィックの複雑な迷路を楽しむことができます。

なおGame*Sparkでは本作の体験版のプレイレポートを掲載しており、「本作の面白さは迷路から脱出する時ではなく、むしろ迷路をさまよっている時に感じられます」として、細かく描かれたグラフィックを見ているだけでも楽しい本作の魅力を紹介しています。

『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』はWindows向けにSteamにて1,220円(6月30日まで1,012円)で配信中。またニンテンドースイッチ向けにも7月15日にリリース予定であるほか、モバイル版も予定されています。

《いわし》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. ゾンビや機械と戦い地球を再興せよ!ポストアポカリプス4Xストラテジー『Revival: Recolonization』最新トレイラー公開

    ゾンビや機械と戦い地球を再興せよ!ポストアポカリプス4Xストラテジー『Revival: Recolonization』最新トレイラー公開

  2. 『Apex Legends』ラグなどを大幅に改善するパッチが配信―クラッシュ問題の原因も判明

    『Apex Legends』ラグなどを大幅に改善するパッチが配信―クラッシュ問題の原因も判明

  3. 地下シェルターサバイバル『Sheltered 2』Steam配信開始!自分の派閥を作り上げ終末世界を生き抜く

    地下シェルターサバイバル『Sheltered 2』Steam配信開始!自分の派閥を作り上げ終末世界を生き抜く

  4. ゾンビCo-opシューター『World War Z: Aftermath』Steam版含み発売!新たにFPSモードやローマ・カムチャッカエピソード等追加

  5. ライオットシールドも登場する『CS:GO』大型アップデート「Operation Riptide」実施!

  6. 敵をコントロールして塔の最上階を目指せ!ターン制ストラテジー『Evertried』PC/PS4/XB1/スイッチ向けに10月21日発売決定

  7. PC版『DEATHLOOP』パフォーマンス問題に対処する最初のパッチが配信―マウス操作時のチラつきを修正

  8. 『Apex』UUUM主催「超絶Apex Tournament」試合結果まとめ! 個人最強に輝いた選手は…

  9. 一人称視点ローポリホラー『ToruTaru』早期アクセス開始―ランダム生成される幽霊屋敷から脱出だ!

  10. 高難度2DローグライクACT『Spelunky 2』Steam版に日本語追加!9月30日にはPS4/スイッチ版もリリース

アクセスランキングをもっと見る

page top