迷路絵本をゲーム化した手描き風グラフィックパズル『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』Steamでリリース | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

迷路絵本をゲーム化した手描き風グラフィックパズル『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』Steamでリリース

ものすごく細かく描かれた迷路に挑む、迷う時こそ楽しいパズルゲームです。

PC Windows
迷路絵本をゲーム化した手描き風グラフィックパズル『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』Steamでリリース
  • 迷路絵本をゲーム化した手描き風グラフィックパズル『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』Steamでリリース
  • 迷路絵本をゲーム化した手描き風グラフィックパズル『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』Steamでリリース
  • 迷路絵本をゲーム化した手描き風グラフィックパズル『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』Steamでリリース

Pixmainは、Darjeeling開発のパズル『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』をWindows向けにリリースし、あわせてリリーストレイラーを公開しました。

本作はIC4DESIGNが手掛ける同名の絵本をゲーム化した作品で、名探偵ピエールとして、怪盗Xに盗まれた「迷路ストーン」を取り返すために複雑な迷路に挑みます。

100個以上のミニパズルゲームと収集アイテム、500個以上の会話・操作コンテンツがあるとされており、様々なマップで出会う人々と会話をしながらユニークなグラフィックの複雑な迷路を楽しむことができます。

なおGame*Sparkでは本作の体験版のプレイレポートを掲載しており、「本作の面白さは迷路から脱出する時ではなく、むしろ迷路をさまよっている時に感じられます」として、細かく描かれたグラフィックを見ているだけでも楽しい本作の魅力を紹介しています。

『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』はWindows向けにSteamにて1,220円(6月30日まで1,012円)で配信中。またニンテンドースイッチ向けにも7月15日にリリース予定であるほか、モバイル版も予定されています。

《いわし》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 2D探索型アクション『ロードス島戦記-DiWL-』PS4/PS5/Xbox Series X|S/Xbox One/スイッチで12月16日発売

    2D探索型アクション『ロードス島戦記-DiWL-』PS4/PS5/Xbox Series X|S/Xbox One/スイッチで12月16日発売

  2. カードで山を登るデッキ構築型ローグライク『ヤマふだ! にごうめ』Steam版がリリース

    カードで山を登るデッキ構築型ローグライク『ヤマふだ! にごうめ』Steam版がリリース

  3. 対戦特化のスピンオフ『ARK: Survival of the Fittest』発表!―スタンドアロンで無料プレイ

    対戦特化のスピンオフ『ARK: Survival of the Fittest』発表!―スタンドアロンで無料プレイ

  4. 原作100%再現の無料ラヴクラフトADV『Dagon: by H. P. Lovecraft』Steamにてリリース―10月にはVRにも対応予定

  5. BenQの27インチ、HDRi対応の165Hzゲーミングモニター「EX2710Q」は他とは群を抜く仕様に!高品質スピーカーも搭載の本機をレビュー

  6. 【プレイレポ】Co-opシューター『エイリアン : ファイアーチーム エリート』は映画版を観ておけば最高に楽しめる

  7. 名作アドベンチャーゲーム『ライフ イズ ストレンジ』リマスター版の海外発売日が決定!

  8. 無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

  9. 何も持たない若者による中世村づくりサバイバル『Medieval Dynasty』正式リリース―盗賊や薬草学が実装

  10. 自由な冒険が楽しめる「TMO」RPG『Book of Travels』早期アクセス海外10月11日開始

アクセスランキングをもっと見る

page top