海外ファンがスーファミで遊べる『ポケットモンスター 赤・青』カートリッジを自作! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外ファンがスーファミで遊べる『ポケットモンスター 赤・青』カートリッジを自作!

制作には『スーパーゲームボーイ』を利用。

ゲーム文化 カルチャー

世界的な人気を誇る人気RPGシリーズ『ポケットモンスター』。これまで任天堂の携帯ゲーム機を中心に展開してきた本シリーズですが、海外ファンがスーパーファミコン(正確には海外向けのSuper Nintendo Entertainment System)で遊べる『ポケットモンスター 赤』『ポケットモンスター 青』のカートリッジを自作しました

このカートリッジ制作にはスーパーファミコンでゲームボーイのソフトが遊べる『スーパーゲームボーイ』を使用。中の基板を取り出して『ポケットモンスター』の基板と合体させ、塗装した『ワイルドトラックス』のカートリッジに収めているそうです。また、あわせてクロックスピードを上げる改造や通信ポートの追加なども行っているのだとか。


制作者のMabeckhamさんによれば、制作はかなり複雑で時間もお金もかかるとのこと。もしスーパーファミコンでゲームボーイのソフトを遊ぶことだけが目的であれば、市販されている特殊なカートリッジでもっと簡単に実現できるでしょう。それでもMabeckhamさんがこのカートリッジを制作したのは、「信頼性が高く本物であることを望んでいるから」だと語っています。


《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  3. こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

    こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

  4. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  5. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  6. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  7. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  8. 壮大なメインストーリーの裏で、ちまちま植物採集…オープンワールドあるある?ネタに共感する海外ゲーマー

  9. 堀井雄二氏が『ドラクエ3リメイク』をテストプレイしていることを明かす…2年半続報なくも開発は進んでいる模様

  10. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

アクセスランキングをもっと見る

page top