『ポケモンユナイト』カビゴンはディフェンス型の入門に最適!初心者でも使いやすいチームの“大黒柱” | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ポケモンユナイト』カビゴンはディフェンス型の入門に最適!初心者でも使いやすいチームの“大黒柱”

『ポケモンユナイト』カビゴンの使い方まとめ!使いやすく、ディフェンスタイプを初めて触る方にもオススメです。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
『ポケモンユナイト』カビゴンはディフェンス型の入門に最適!初心者でも使いやすいチームの“大黒柱”
  • 『ポケモンユナイト』カビゴンはディフェンス型の入門に最適!初心者でも使いやすいチームの“大黒柱”
  • 『ポケモンユナイト』カビゴンはディフェンス型の入門に最適!初心者でも使いやすいチームの“大黒柱”
  • 『ポケモンユナイト』カビゴンはディフェンス型の入門に最適!初心者でも使いやすいチームの“大黒柱”
  • 『ポケモンユナイト』カビゴンはディフェンス型の入門に最適!初心者でも使いやすいチームの“大黒柱”
  • 『ポケモンユナイト』カビゴンはディフェンス型の入門に最適!初心者でも使いやすいチームの“大黒柱”
  • 『ポケモンユナイト』カビゴンはディフェンス型の入門に最適!初心者でも使いやすいチームの“大黒柱”
  • 『ポケモンユナイト』カビゴンはディフェンス型の入門に最適!初心者でも使いやすいチームの“大黒柱”
  • 『ポケモンユナイト』カビゴンはディフェンス型の入門に最適!初心者でも使いやすいチームの“大黒柱”

5VS5のチーム戦が楽しめる、ニンテンドースイッチ『ポケモンユナイト』。様々なポケモンが登場する本作ですが、始めたばかりのプレイヤーには、どのポケモンを選べばよいのか悩ましい部分も。


本記事では、作中に登場するディフェンス型のポケモン、カビゴンの性能をご紹介。眠ってばかりな印象が強いポケモンですが、意外と頼りになるんですよ!


◆パーティを縁の下から支えるポケモン、カビゴン


カビゴンは初心者向けの近距離ディフェンス型ポケモンです。耐久に優れている反面、素の火力が高いわけではなく、攻撃を受けつつ敵の足止めをしたり、味方の補助を行ったりするのが主な仕事になってきます。


特性の「くいしんぼう」は木の実を食べた時の効果が上昇するもので、HPの回復、移動速度の強化などを効率的に行えます。マップのどこに木の実が落ちているのか、きちんと把握しておくと活かしやすいでしょう。


通常攻撃の3発目は最初の2回よりも強化されて範囲攻撃になり、敵の移動速度を低下させる効果があります。味方と一緒に敵を攻撃する時、敵を逃がしにくくなるので、積極的に活用していきましょう。


◆技は単体性能よりも、味方との連携を意識して使うタイプが多め


始めに覚えられる技は、「たいあたり」と「ねむる」の2つになります。「たいあたり」は命中した敵を若干ですが突き飛ばす効果があり、上手く味方がいる方向に移動させられれば、人数有利を押し付けやすくなります。また「たいあたり」後の通常攻撃は、3発毎に発生する強化攻撃がすぐ出るようになっています。通常攻撃3発目を出した後に「たいあたり」、そしてまた通常攻撃(強化版が出る)という連携が、序盤のダメージソースになるでしょう。


「ねむる」は原作同様の回復技。しばらく動けなくなりますが、その間にHPを回復します。技の発動中は敵の進路を妨害できるので、瀕死になっている味方を守る形で使用する変則的な使い道も。といってもその間は無防備なので、HPが回復すると言っても油断は禁物です。


レベル6になると「たいあたり」を、「ヘビーボンバー」か「したばた」へ強化できるようになります。「ヘビーボンバー」は指定した場所に向けて大きく飛び上がり、落下する攻撃技。範囲が広く、当たった相手を空中に打ち上げられます。逃げようとしている相手に対して使用するのはもちろん、移動先を工夫して、味方と挟み撃ちしたい時にも使えます。


「じたばた」は使用すると一定時間、通常攻撃の火力が上昇。自分のHPが低いほど攻撃力の上昇値が上がるため、前線に立つカビゴンとは相性の良い技です。移動速度も上昇し、追い打ちをかける場合や逃げる時にも使用できます。アップグレード後は更に火力が上昇する他、HPが低い状態ならHP回復効果も追加されます。


「ねむる」の強化先は「とおせんぼう」と「あくび」になります。「とおせんぼう」はカビゴンの正面に壁を展開し、接触した相手を弾き飛ばす技。移動速度が低下しますが、「ヘビーボンバー」と合わせて使ったり、草むらの中で相手の動きを待ちつつ、前に出てきた相手を孤立させたい時や、味方がいるのであればマップの壁と挟み込んで、一方的に攻撃を叩き込むことが出来ます。アップグレード後であればダメージ軽減効果も追加され、カビゴンの壁役としての性能を更に上げてくれます。


もう1つの「あくび」は、命中したポケモンの動きを一定時間止めるもの。「とおせんぼう」ほど長時間相手の行動を妨害したりは出来ませんが、カビゴン自体の移動速度にはほぼ影響がありません。また、止まっている敵に対して攻撃も出来るので、1対1の戦闘では「とおせんぼう」より使いやすい技です。アップグレード後であれば、敵の移動速度を低下させる効果も追加されます。


ユナイトわざ「ばくすいインパクト」は広範囲の敵にダメージを与え、「ねむる」と同じようにHPを回復する技です。ダメージには相手を吹き飛ばす効果があり、発動中のカビゴンは妨害技を無効にできます。火力源として使うより、HPの回復や相手の妨害を軸に使うのがオススメです。


◆序盤は回復もあり強気に動ける!中盤以降は守りと連携を意識


序盤は通常攻撃を絡めた「たいあたり」の火力と「ねむる」の耐久力があるので、人数不利にならない程度に前線でプレッシャーをかけていきましょう。草むらの中に隠れつつ、少し前に出てきた敵を狩るような立ち回りがオススメです。


中盤以降は技による選択肢が増えますが、基本的には相手の妨害を軸に動くことになります。「ヘビーボンバー」や「とおせんぼう」で妨害しつつ、味方と一緒にダメージを出していきましょう。集団戦で冷静に一発ずつ打ち込んでいくのが、主導権を取る上で重要です。HPが大幅に減った場合は、木の実や「ばくすいインパクト」で回復することもお忘れなく。


技はどれも個性があるので一概には言えませんが、味方の動きをしっかり見れるなら「とおせんぼう」、単体での戦闘を重視するなら「あくび」。守ることに特化して中盤以降も動くなら「ヘビーボンバー」、アタッカーとしての性能に少し振りたいなら「したばた」でしょうか。


◆持ち物は耐久系が無難


持ち物は耐久を上昇させるものと全般的に相性が良いので、「きあいのハチマキ」や「とつげきチョッキ」、「エオスビスケット」が候補に入ります。


「したばた」を使うのであれば、通常攻撃の火力を上げてくれる「ちからのハチマキ」もオススメ。似たような理由から、「ゴールサポーター」で火力を上昇させても活躍できます。


バトルアイテムは「だっしゅつボダン」が無難なところでしょうか。機動力を補えるので、攻防のどちらでも役立ちます。同じ理由から「スピーダー」も候補に入りますし、立ち回りに慣れていない間は「きずぐすり」で単純に倒されにくくしても良いでしょう。


◆ディフェンス型の入門に最適!技に困ったらとりあえず「ヘビーボンバー」を


カビゴンは序盤からパーティの軸として動ける扱いやすさがあるので、ディフェンス型のポケモンを始めて触るプレイヤーには特にオススメです。チュートリアル終了後に貰っても構いませんし、ショップで購入する際も他のポケモンよりは安く購入できるので、手に入れやすいでしょう。


技構成に困ったら、とりあえず「ヘビーボンバー」を選んでおきましょう。カビゴンの技としては非常に使いやすく、多くのプレイヤーが愛用しています。「ねむる」の派生先が悩ましいところではありますが、上述したようにソロであれば「あくび」、味方としっかり連携が取れるなら「とおせんぼう」がオススメです。

《8月》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ディアブロ II リザレクテッド』発売直後から一部で発生していたキャラ消失などを修正するパッチ配信

    『ディアブロ II リザレクテッド』発売直後から一部で発生していたキャラ消失などを修正するパッチ配信

  2. 発売迫る『Alan Wake Remastered』新旧Xboxでのグラフィック比較トレイラー公開

    発売迫る『Alan Wake Remastered』新旧Xboxでのグラフィック比較トレイラー公開

  3. 再び国道依存症にならないか?PS5『デス・ストランディング ディレクターズカット』で進化した数々のポイント

    再び国道依存症にならないか?PS5『デス・ストランディング ディレクターズカット』で進化した数々のポイント

  4. 『Ghost of Tsushima』「Legends/冥人奇譚」に新サバイバルモードマップ追加―10月1日には壱岐島をベースにしたマップも【UPDATE】

  5. タイムループシューター『DEATHLOOP』侵入マルチプレイレポ―工夫してコルトを屠れ

  6. オープンワールド惑星開拓ゲーム『ASTRONEER』PS4/スイッチで2022年1月13日リリース―最大4人でのオンラインマルチプレイ可能

  7. 『NBA 2K22』は副業でヒップホップアーティストにもファッションアイコンにもなれる!無限のバスケキャリアを満喫できる“ザ・シティ”とゲームプレイの進化を解説

  8. 「PS5」の販売情報まとめ【9月24日】─「ノジマオンライン」における9月の当選倍率は20~30倍程度

  9. 主役の4人に見下される『スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ』公式キーアートが公開!

  10. 人気俳優が熱中する『メトロイド ドレッド』のCMが公開!E.M.M.I.に追跡されるサムスなど気になるシーンも【Nintendo Direct】

アクセスランキングをもっと見る

page top