『バイオハザード』リブート映画版「Resident Evil: Welcome to Raccoon City」トレイラー公開!【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『バイオハザード』リブート映画版「Resident Evil: Welcome to Raccoon City」トレイラー公開!【UPDATE】

あのシーンもバッチリ再現!

ゲーム文化 カルチャー
『バイオハザード』リブート映画版「Resident Evil: Welcome to Raccoon City」トレイラー公開!【UPDATE】
  • 『バイオハザード』リブート映画版「Resident Evil: Welcome to Raccoon City」トレイラー公開!【UPDATE】
  • 『バイオハザード』リブート映画版「Resident Evil: Welcome to Raccoon City」トレイラー公開!【UPDATE】

ソニー・ピクチャーズは『バイオハザード』シリーズを原作とした実写映画リブート版「Resident Evil: Welcome to Raccoon City」のトレイラーを公開しました。

1998年9月30日、ラクーンシティ。この日、この街で何が起こったのか? <アンブレラ社>が秘密裏に行っていた人体実験。 「絶望」がこの街で産声をあげる――

舞台となるのは、巨大複合企業<アンブレラ社>の拠点がある街、ラクーンシティ。この街の孤児院で育った主人公クレア・レッドフィールド(カヤ・スコデラリオ)は、<アンブレラ社>がある事故を起こしたことで、街に異変が起きていると警告する不可解なメッセージを受け取り、ラクーンシティへと戻ってきた。ラクーン市警(R.P.D)の兄クリス・レッドフィールド(ロビー・アメル)はクレアの言うことをありえない陰謀論とあしらうが、やがて二人は街中を彷徨う住民たちの変わり果てた姿を目の当たりにする。次々と襲い掛かってくる住民たち。そんな中、二人は<アンブレラ社>が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知るが……。

シリーズの原点に戻り、ファンでもあるヨハネス・ロバーツ監督が新世代のファンのためゲームに命を吹き込んだという「Resident Evil: Welcome to Raccoon City」。ゲーム版を再現したシーンも確認でき期待は高まります。本作は現地時間11月24日に海外の映画館で公開予定。国内では2022年に公開予定です。

※UPDATE (2021/10/08 05:00):映像を国内版に差し替えました。


《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「題名のない音楽会」すぎやまこういち氏追悼回を10月23日放送へ―ドラクエ楽曲などを披露

    「題名のない音楽会」すぎやまこういち氏追悼回を10月23日放送へ―ドラクエ楽曲などを披露

  2. じっとり系ホラー『夜廻』の発売六周年企画が開催決定!第一弾は和風な描き下ろしピンバッジ

    じっとり系ホラー『夜廻』の発売六周年企画が開催決定!第一弾は和風な描き下ろしピンバッジ

  3. 『Apex Legends』「クナイ」や「ピースキーパー」など人気武器レプリカ3種が2021年12月発売【UPDATE】

    『Apex Legends』「クナイ」や「ピースキーパー」など人気武器レプリカ3種が2021年12月発売【UPDATE】

  4. 裸人間をコスプレ武装!ローグライク戦術バトル『Despot's Game』早期アクセス開始

  5. 小島監督と星野源・本田翼が『デススト』を語るNHK「ゲームゲノム」は15日22時45分放送開始!同時&見逃し配信もあるぞ

  6. 海外YouTuberが時速32キロで走る『マインクラフト』のブタさんを制作!

  7. 賞金総額500万ドルをかけた世界大会「Apex Legends Global Series」を「RAGE」で独占配信

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 大賞は『ELDEN RING』に決定!「gamescom award 2021」受賞作品リスト

  10. 『マジック・ザ・ギャザリング』お値段3,000万円!最も価値ある1枚「ブラックロータス(α版)」がカードショップ・晴れる屋に入荷

アクセスランキングをもっと見る

page top