東京五輪女子バスケ日本代表の髙田選手・馬瓜選手・三好選手がゲームプレイ!『NBA 2K22』新動画企画始動 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

東京五輪女子バスケ日本代表の髙田選手・馬瓜選手・三好選手がゲームプレイ!『NBA 2K22』新動画企画始動

「見ているヤツほど楽しめる。さぁ、ゲームを始めよう。」をメッセージに、『NBA 2K』シリーズやバスケットボールに関わりのある著名人をゲストに迎えて、様々な切り口で『NBA 2K22』を遊び尽くす新動画企画が、2K Japan公式YouTubeチャンネルにて始動・公開されました。

PC Windows
東京五輪女子バスケ日本代表の髙田選手・馬瓜選手・三好選手がゲームプレイ!『NBA 2K22』新動画企画始動
  • 東京五輪女子バスケ日本代表の髙田選手・馬瓜選手・三好選手がゲームプレイ!『NBA 2K22』新動画企画始動
  • 東京五輪女子バスケ日本代表の髙田選手・馬瓜選手・三好選手がゲームプレイ!『NBA 2K22』新動画企画始動
  • 東京五輪女子バスケ日本代表の髙田選手・馬瓜選手・三好選手がゲームプレイ!『NBA 2K22』新動画企画始動
  • 東京五輪女子バスケ日本代表の髙田選手・馬瓜選手・三好選手がゲームプレイ!『NBA 2K22』新動画企画始動
  • 東京五輪女子バスケ日本代表の髙田選手・馬瓜選手・三好選手がゲームプレイ!『NBA 2K22』新動画企画始動
  • 東京五輪女子バスケ日本代表の髙田選手・馬瓜選手・三好選手がゲームプレイ!『NBA 2K22』新動画企画始動
左から髙田選手、馬瓜選手、三好選手。

「見ているヤツほど楽しめる。さぁ、ゲームを始めよう。」をメッセージに、『NBA 2K』シリーズやバスケットボールに関わりのある著名人をゲストに迎えて、様々な切り口で『NBA 2K22』を遊び尽くす新動画企画が、2K Japan公式YouTubeチャンネルにて始動・公開されました。

記念すべき第1回では、「東京2020オリンピック」にて日本バスケットボール界初の銀メダル獲得という偉業を成し遂げた女子日本代表の髙田真希選手、馬瓜エブリン選手、三好南穂選手がゲスト。オリジナルキャラクターを作成して『NBA 2K22』を存分に楽しんでいる模様を視聴できます。

なお、本作を遊び尽くした髙田真希選手、馬瓜エブリン選手、三好南穂選手へのロングインタビューも合わせて公開されているので、バスケットボールファン&『NBA 2K22』注目ユーザーは要チェックです。

◆『NBA 2K22』特別企画「見ているヤツほど楽しめる。さぁ、ゲームを始めよう。」シリーズ第1回



本日公開となった第1回目のゲストには、日本中を熱狂の渦に巻き込み、日本バスケットボールの歴史に新たな1歩を刻んだ女子バスケットボール選手の髙田真希選手(デンソーアイリス)、馬瓜エブリン選手(トヨタ自動車アンテロープス)、三好南穂選手(トヨタ自動車アンテロープス)が登場!

馬瓜選手は約5年前からPS4で『NBA 2K』シリーズをプレイし始めたそう。髙田選手と三好選手は、『NBA 2K』の存在は知ってはいるがまだプレイしたことはないとのことだが、果たしてどれだけ『NBA 2K22』にはまることが出来るのか…?




次世代機版『NBA 2K22』には、女子プロバスケットボールに焦点を当てた「The W」というゲームモードがあり、髙田選手、馬瓜選手、三好選手も実際にマッチアップしたWNBAの選手と一緒にプレイやトレーニングに挑戦したり、プレイヤー自身がWNBAレジェンド選手になれるモードなど、リアルなWNBAの世界が楽しめる要素が盛り沢山!今回は、自分でオリジナルキャラクター作りが楽しめる「マイプレイヤー」、自分の作ったキャラクターで対戦が楽しめる「3on3」、初心者からでも手軽に始められる「クイックマッチ」に挑戦しました。

まず初めに、自分の顔をスマートフォンでスキャンしてオリジナルキャラクターを作ることができる「マイプレイヤー」を体験(顔のスキャンは「*MyNBA2K22アプリ」で行います)。ゲーム内でキャラクター化された自分の顔が映し出されると、「私のチャームポイントもちゃんと忠実!」(馬瓜選手)、「にわかに似ているのがおもろいよね!」(髙田選手)、「やばいじゃん(笑)似てる!?」(三好選手)と一同大盛り上がり!「海外の子役みたい」「私のお母さん・・・?」といった様々なコメントが飛び交う中、出来上がった3人のオリジナルキャラクターは一体どんな仕上がりになったのでしょう…?



続いて、「マイプレイヤー」で作成したオリジナルキャラクターを使って「3on3」に挑戦。顔の見た目・体格・能力などをそれぞれの選手ごとに実際のスペックと合わせているので、ゲーム内のコートには3人がリアルに存在しているかのよう。試合が始まると現実の試合さながら、お互いに声を掛け合いながら見事な連携プレイを披露する3人。華麗なポストムーブを決める髙田選手や、果敢にボールに食らいつく三好選手が現実世界のプレイを彷彿させるシュートを馬瓜選手が魅せる場面も。今まで培ったバスケットボールの経験や現実世界のプレイを再現し、『NBA 2K22』の世界でも勝利を収めることができるのか!?



第2回の動画では、「クイックマッチ」を楽しむ様子をお届け!三好選手が普段の試合前にルーティンで行っている“何か1つやることを決める”ことに。「1本必ずスリーポイントシュートを決めます!」(三好選手)、「初めてプレイするのでシュートを1本は決めたい」(髙田選手)、「自分自身がディフェンス得意ではないので、ゲームの中では激しいディフェンスをやりたい」(馬瓜選手)とそれぞれ目標を決めてゲームにチャレンジ!

ゲーム映像が始まると、初めて『NBA 2K22』をプレイする髙田選手と三好選手はグラフィックの美しさやキャラクターのリアルな動きに感動する一方、まるで実際のWNBAの映像を見ているかのように楽しんでいました。果たして、それぞれ掲げた目標を達成し『NBA 2K22』で初勝利を掴むことができるのでしょうか?ぜひ勝敗の結果は動画でチェックしてください。

※「第2回」は次週公開予定です。

◆髙田真希選手、馬瓜エブリン選手、三好南穂選手、ロングインタビュー!


――本日、初めて『NBA 2K22』をプレイしてみていかがでしたか。

髙田選手純粋に楽しかったですし、動きも含めリアル感がすごくて。会場の雰囲気から何から。初めてプレイしましたが、こんなに楽しいんだ!と思ったので、すぐにまた『NBA 2K22』をやってみたいと思いました。

馬瓜選手自分たちもアスリートなので、『NBA 2K22』とはいえ試合では負けてしまったのでちょっと悔しい気持ちが沢山あるんですけれど…。でも、これを機にもっとやり込みたい、お気に入りの選手でドリームチームを作ってプレイしたいという気持ちがかなりあるので、そういった部分を反映できる『NBA 2K』ってすごく夢のようなゲームだなと思っています。

三好選手本当にゲームに入り込んで楽しくプレイできましたし、すごく映像も綺麗で「こんなに『NBA 2K22』が綺麗なんだ」というのはびっくりしました。自分はゲームもほぼしたことがなかったんですが、それでも楽しめたのでこれからマスターしていきたいと思っています!

――MyPlayerでスキャンして作成したご自身のキャラクターの出来はいかがでしたでしょうか。

髙田選手特徴をよく捉えていて、実際に自分がコートに出て色々な選手と一緒にプレイできるというのは“夢が現実になった”ような感覚ですごく嬉しい気持ちになりました。小さい頃から『NBA 2K22』をプレイしていくと、この世界が身近になってリアルにNBAやWNBAを目指そうという気持ちにもなれたりすると思います。MyPlayerで自分を創り上げているときも盛り上がって楽しかったです。

馬瓜選手一瞬「お母さんに似てる!」と思ったので(笑)、やっぱり似るんだとすごく思いました。その中でも、髪型を変えれたりだとかそういった機能は『NBA 2K』の良いところでもあると思うので、そのキャラクターでストーリーモード(マイキャリア)をプレイしていくと本当に自分がNBAに向かっていくストーリーが体験できるので子供たちにとっても楽しいんじゃないかな。大人でも子供でも夢のような時間かなと思います。

三好選手ぱっと見た瞬間に誰のキャラクターか分かるくらいのクォリティの高さでした。今回は自分の身長などを合わせて同じようにプレイしたので入り込みやすかったです。逆に、今まで自分が出来なかった髪型や、違う身長はゲームでしかできないところなので、そういったことにもチャレンジできる楽しみ方もあるんだなと思いました。

馬瓜選手間違いない。自分は190cmでプレイしたかったもん。現実で190cmいので、ゲームの中で190cmや2mにしてプレイするのがめちゃくちゃ楽しいですよね!

――『NBA 2K22』で、日本人初のカバー選手となった八村選手との印象的なエピソードやコメントがあれば教えてください。

馬瓜選手スーパースターだからな…!合宿所で男女入れ替えの時間のタイミングで、お互いNBAが好きなのでたまに話しました。その当時はまだ八村選手はNBAに入る前だったと思うんですが、「どんな感じ?」といった話をさせてもらって、本人から聞くリアルなNBAの話にワクワクしました。八村選手の努力する姿勢を知っているので本当に頑張ってほしいなと思っていたんですが、実際にここまできた(『NBA 2K22』の表紙を指さしながら)というのは本当に八村選手すごいなと思います。

髙田選手近年、男女で同じ会場で試合することがあるんですが、女子の試合も会場で八村選手が見て盛り上げてくれるので、そういった優しさも含めて人柄がすごく良いんだなと感じます。

三好選手純粋にバスケが好きなんだなというのを見ているだけでも感じますし、試合を見に来てくれたりだとかそういうところでも優しさを感じています。

――『NBA 2K22』で、年代や所属選手関係なく理想のチームが編成できるとしたら、皆さんどんな選手とチームを組みたいですか?

髙田選手バッシュをレブロン履いているので、そういった意味でもレブロンと一緒にプレイしてみたいですね。

三好選手トニー・パーカー選手はいれたい、デイミアン・リラード選手、カワイ・レナード選手…。

馬瓜選手すごいね、いいね!リラード選手とパーカー選手はどっちもポイントガードだけれどどっちを1番にするの?

三好選手パーカー選手で!リラード選手をシューティングガードっぽく起用して、あとはレナード選手、レブロン・ジェームズ選手、塁君!今スモールボールでやっているから、流行りに乗ったドリームチームでいきたいと思います!

馬瓜選手ジェームズ・ハーデン選手、センターをシャキール・オニール選手、4番ケビン・デュラント選手、2番クレイ・トンプソン選手、3番は最近ザック・ラヴィーン選手を押しているのでザック選手でお願いします!ガチなやつです(笑)

――今年の『NBA 2K22』のキャッチコピーが「好きなヤツほど強くなる。さぁ“ゲーム”を始めよう。」です。皆さんもバスケが好きだったからこそ、今までに得られた喜びや体験があれば教えてください。

髙田選手バスケが好きだからこそ今でも続けていますし、上手くなりたいという気持ちもずっと持ち続けています。“好きこそものの上手なり”じゃないですけれど、好きである気持ちというのは技術的にも精神的にも色々な面で人を成長させてくれると思うので、何かを好きでい続けるのはすごく大切なことだと思います。やればやるほど『NBA 2K22』がすごく楽しかったので、リアルに続けたいと思います!本当に楽しいです!

馬瓜選手バスケットを通して、自分たちは他のチームメイトとのコミュニケーションの仕方や、仲間とはどういうものか、勝ちにこだわるのはどういうものかだったり。色々な人生において大切なことを学んだので、それに恩返ししたい気持ちでここまでこれたと思います。恩返ししたいという意味で、今回のオリンピックで銀メダルが取れたというのは自分の中ではバスケットをやってきて本当に良かったという気持ちになりましたね。

三好選手“好きなヤツほど強くなる。”はバスケでも言えることだと思いますし、好きだからこそ今までやってきて、結果としてオリンピックで銀メダル残せたので。私が元々ダイエット目的でバスケットボールを始めたので、毎日バスケをするのが嫌だったんですよね。体育館に行くのが本当に嫌いで(笑)それでも父に「あと1日で良いから(練習に)行ってくれ」と言われて繰り返しで行き続けてバスケが好きになれたので、あの時好きになれて良かったなと思います。

――今回の動画を通じて『NBA 2K22』をプレイしてみたいと思ったファンの方々に向けて一言コメントをお願いいたします。

髙田選手幅広い年齢層の方に楽しんでいただけるんじゃないかと思います。私自身も初めて『NBA 2K22』をやりましたけど、すごく楽しくて時間があっという間に過ぎてしまったので、沢山の方々に楽しんでやってほしいなと思います。

馬瓜選手自分できないような体験ができるゲームだと思うので、自分の好きな選手でも良いですし、知らない選手を入れてみても後からリアルでNBAを見返して「NBAでこんなに活躍しているんだ!」といった楽しみ方もあると思います。ぜひぜひ色々な機能をいじくり回して、楽しんでいただきたいなと思いますね!

三好選手憧れの選手だったり、普段絶対に関わることのできないような選手とゲームで一緒にプレイできるのはすごく楽しいです。私も今日初めて『NBA 2K22』をやってみて、これだけはまるのかっていうくらいはまったので、皆さんも1回やっていただいてどっぷりハマっていただきたいなと思います!



(C) 2005-2021 Take-Two Interactive Software and its subsidiaries. 2K, the 2K logo, and Take-Two Interactive Software are all trademarks and/or registered trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. The NBA and NBA member team identifications are the intellectual property of NBA Properties, Inc. and the respective NBA member teams. (C)2021 NBA Properties, Inc. All rights reserved. The ratings icon is a trademark of the Entertainment Software Association. All other trademarks are property of their respective owners. All rights reserved. *According to 2008-2021 Gamerankings.com and NPD Data.

《Ten-Four》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ:サンブレイク』では「新たな鉄蟲糸技」追加!懐かしくも新しいアクションになるかも?

    『モンハンライズ:サンブレイク』では「新たな鉄蟲糸技」追加!懐かしくも新しいアクションになるかも?

  2. 神様シム『WorldBox』Steamにて早期アクセス開始!島を作るも隕石を落とすも自由自在

    神様シム『WorldBox』Steamにて早期アクセス開始!島を作るも隕石を落とすも自由自在

  3. こ、これが世界の一流変態の実力か…アダルトデッキ構築型ローグライク『Operation Lovecraft: Fallen Doll』Steamで近日ベータテスト開始

    こ、これが世界の一流変態の実力か…アダルトデッキ構築型ローグライク『Operation Lovecraft: Fallen Doll』Steamで近日ベータテスト開始

  4. 街を自在に駆け回る『ダイイングライト2』の新たなゲームプレイ映像公開

  5. 出雲崎ねね子役は井口裕香さんに決定!高評価ADV『シロナガス島への帰還』声優キャスト発表

  6. 発売迫る4人協力・クロスプレイ対応VRゾンビシューター『After the Fall』機種別比較映像公開

  7. モータースポーツアクション最新作『GRID Legends』発売日決定!ゲームプレイ映像も公開

  8. 『バトルフィールド 2042』大規模なアップデート第3弾配信開始―いくつかのエラーが発覚中

  9. 完全プレイ無料のマルチプレイドラゴンバトル『Century: Age of Ashes』Steamで配信開始

  10. SFシューティングACT『CHORUS』PC版リリース―4Kで描かれた美麗でダークな宇宙を駆ける

アクセスランキングをもっと見る

page top