学校を徘徊する霊を鎮める一人称ホラー『怨枉』Steamでリリース―親子デベロッパー手掛ける初作 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

学校を徘徊する霊を鎮める一人称ホラー『怨枉』Steamでリリース―親子デベロッパー手掛ける初作

主人公には戦う術がなく、逃げるか隠れるかしかありません。

PC Windows
学校を徘徊する霊を鎮める一人称ホラー『怨枉』Steamでリリース―親子デベロッパー手掛ける初作
  • 学校を徘徊する霊を鎮める一人称ホラー『怨枉』Steamでリリース―親子デベロッパー手掛ける初作
  • 学校を徘徊する霊を鎮める一人称ホラー『怨枉』Steamでリリース―親子デベロッパー手掛ける初作
  • 学校を徘徊する霊を鎮める一人称ホラー『怨枉』Steamでリリース―親子デベロッパー手掛ける初作
  • 学校を徘徊する霊を鎮める一人称ホラー『怨枉』Steamでリリース―親子デベロッパー手掛ける初作
  • 学校を徘徊する霊を鎮める一人称ホラー『怨枉』Steamでリリース―親子デベロッパー手掛ける初作

父と子の2人でゲーム制作を行っているデベロッパーSTUDIO EBANSは、一人称ホラー『怨枉』をWindows向けにリリースしました。

本作は一人称視点で進行する学校が舞台のサバイバルホラー。霊媒師である主人公は、不可解な事件によって一時休校になったという高校の恨みの呪縛を解き放つため、霊に立ち向かいます。

ただし主人公は直接的に霊と戦うことはできず、見つかった際には逃げたりロッカーなどに隠れたりすることになります。霊を封じるために各教室でお札を貼っていきますが、その場所は特定範囲内でのランダム配置とのこと。またゲームのエンディングはグッドとノーマルの2つが用意されています。

10月17日に公開された予告編映像

『怨枉』はWindows向けにSteamにて520円で配信中です。


《いわし》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. ガンダムヒーローシューター『GUNDAM EVOLUTION』はロール概念が薄い―プレイヤーに好きなユニットを使ってもらうため

    ガンダムヒーローシューター『GUNDAM EVOLUTION』はロール概念が薄い―プレイヤーに好きなユニットを使ってもらうため

  2. Steam版『グノーシア』配信開始!1人用なのにしっかり「人狼」味わえる、濃厚SF物語のADV+SLG

    Steam版『グノーシア』配信開始!1人用なのにしっかり「人狼」味わえる、濃厚SF物語のADV+SLG

  3. 可愛くってスタイリッシュ!アニメ調の台湾産3DACT『炎姫』発表―強大な弾幕攻撃をかい潜り、妖魔少女を祓え

    可愛くってスタイリッシュ!アニメ調の台湾産3DACT『炎姫』発表―強大な弾幕攻撃をかい潜り、妖魔少女を祓え

  4. 約12年ぶりのバランス調整の詳細が明らかに!『ディアブロ II リザレクテッド』26日からの2.4PTR詳細が公開

  5. ドット絵ACTシリーズ最新作『Momodora: Moonlit Farewell』Steamにて配信決定!

  6. SFハクスラアクション『ブラックウィンド』発売日決定!エナジーブレードを振り回し、敵の大群を切り抜けろ

  7. ホット&セクシーベイブと恋のテロハント!異色FPS『Wars and Roses』配信

  8. 『遊戯王 マスターデュエル』を騒がせる「エルドリッチ」って何!?“黄金卿”人気の秘密を解説

  9. 見下ろしハクスラアクション『Blackwind』リリース―撃って斬ってぶっ飛ばして!

  10. 神託の巫女と共に文明を育むターン制ストラテジー『百年王国』スイッチ/Steam向けに2月3日発売決定

アクセスランキングをもっと見る

page top