Activision Blizzard社員500人以上がCEO辞任を求める請願書に署名、株主グループも参加―性的不祥事隠蔽との報道を受け | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision Blizzard社員500人以上がCEO辞任を求める請願書に署名、株主グループも参加―性的不祥事隠蔽との報道を受け

XboxやPlayStationの責任者も報道について言及。

ニュース ゲーム業界
Drew Angerer/Getty Images News/ゲッティイメージズ
  • Drew Angerer/Getty Images News/ゲッティイメージズ
  • Christian Petersen/Getty Images News/ゲッティイメージズ
  • Allen J. Schaben/Los Angeles Times/ゲッティイメージズ

Activision BlizzardのCEOであるボビー・コティック氏が性的不祥事を隠蔽していたとの報道を受け、社員500人以上が辞任を求める請願書に署名し、株主グループも参加したことが海外メディアワシントン・ポストによって明らかになりました。

社員全体の5%以上にあたる500人以上が署名したこの公開請願書では、ボビー・コティック氏がActivision BlizzardのCEOを辞任し、株主がコティック氏の意見を取り入れずに新しいCEOを選ぶ許可を求めています。コティック氏は30年以上にわたり同社でCEOを務める人物ですが、ウォール・ストリート・ジャーナルによる報道ではセクシャルハラスメントなど性的不祥事を隠蔽していたと報道されています。

Strategic Organizing Center投資グループを中心とする株主グループは、Activision Blizzardに宛てた書簡の中で「過去の会社の声明とは対照的に、ボビー・コティックCEOは同社における多くのセクシャルハラスメント、性的暴行、性差別の事例を認識していたにもかかわらず、責任のある幹部や管理職の解雇、敵対的な職場文化を対処しなかった」と記しました。この書簡には同社の株式を保有するオーストラリアのリテールファンド「Future Super」、カナダのグループ「NEI Investments」と「Shareholder Association for Research and Education(SHARE)」、オーストラリアの女性向けファンド「Verve Super」も署名しています。

株主グループはコティック氏のみならず、長く務めている取締役会長のブライアン・ケリー氏およびリードインディペンデントディレクターのロバート・モルガド氏にも辞任を求めました。この3名が辞任しない場合、6月に開かれる株主総会で現取締役の再選に投票しないことを表明し、他の株主にもそれを求めることを明らかにしています。

Xboxの責任者であるフィル・スペンサー氏はこの報道を受け、海外メディアBloombergに対し「自分とゲーム業界のリーダーシップチームはこの恐ろしい出来事に心を乱され深く悩まされている」と発言。「Activision Blizzardとのあらゆる側面を精査し、継続的に積極的な調整を行っている」と同社との今後の関係について調査していることを明らかにしました。また、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの責任者、ジム・ライアン氏もこの報道を受け「落胆し、素直に言って唖然とした」と述べています。

《みお》

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『GTA5』の継続的売上が2025年秋発売『GTA6』への自信の根拠、市場の期待は“最高潮”―テイクツーCEOが決算説明会にて語る

    『GTA5』の継続的売上が2025年秋発売『GTA6』への自信の根拠、市場の期待は“最高潮”―テイクツーCEOが決算説明会にて語る

  2. マイクラセール実施中!『マインクラフト』15周年記念でシリーズ作品が一挙お買い得に

    マイクラセール実施中!『マインクラフト』15周年記念でシリーズ作品が一挙お買い得に

  3. 「ずっとやりたかったようなゲームが出るまで待ちくたびれたから、自分で作ることにした」業を煮やした海外名作開発者の次回作とは

    「ずっとやりたかったようなゲームが出るまで待ちくたびれたから、自分で作ることにした」業を煮やした海外名作開発者の次回作とは

  4. 「2Kの最大かつ最も愛されているシリーズの1つ」新作が日本時間6月8日のSummer Game Festで発表予定

  5. ゲームの中の美しい都市はどこ?玄人ゲーマーたちは知る、実在の街、架空の街それぞれ違ってどちらも良い「ナイトシティ」「ノヴィグラド」「パリ」「香港」…

  6. ローグライクにストラテジーにサンドボックス…何度も繰り返し遊べるゲームを集めたSteam「無限リプレイフェス」5月20日まで開催

  7. シリーズ最新作『GTA6』は2025年秋に発売予定!親会社テイクツーの決算報告書で明らかに

  8. 『ディビジョン』シリーズ新作『Tom Clancy’s The Division Heartland』開発中止―発表から3年

  9. PS5販売台数はXbox Series X/Sの5倍―同時期のPS4よりはわずかに販売数速度遅く

  10. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

アクセスランキングをもっと見る

page top