転売行為の抑制となるか?米国でBOTを使った転売行為を違法とする法案が提出 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

転売行為の抑制となるか?米国でBOTを使った転売行為を違法とする法案が提出

PS5やXbox、有機ELスイッチなどゲーム機が入手しづらい状況の改善にもつながるかもしれません。

ゲーム文化 その他
Thomas Trutschel/Photothek/ゲッティイメージズ
  • Thomas Trutschel/Photothek/ゲッティイメージズ
  • (c) Getty Images

人気商品を買い占めて高額で転売する行為はゲーム業界でも他人事ではなく、PS5やXbox Series X|Sといった次世代機やニンテンドースイッチの有機ELモデル、グラフィックボードなどは入手が難しい状態が続いています。そんな中アメリカでは、BOTを使った買い占めが違法となるかもしれません。

今週月曜日、民主党の議員グループが「Stopping Grinch Bots Act」という新たな法案を推進することを発表しました。二院合同のこの法案は、BOT技術を使って人気のある玩具の在庫を素早く買い占め高額で転売する行為を取り締まるものです。この法案は一度2019年11月に提出されていましたが、今回ホリデーシーズンにあわせ再提出されました。

こういった法案は米国では2016年に成立しており、入場者数が200人を超える音楽コンサートのチケットやスポーツイベントのオンラインチケットをBOTを利用して対策を回避して買い占めることや、BOTを通じて入手したチケットの転売が違法とされていました。今回の法案はそれを拡張したもので、すべてのオンライン小売サイトにて適用されます。

自動BOTを使用した買い占めは人間の手で勝つことはほぼ不可能。もしもこの法案が可決されれば、完全な撲滅とはいかずとも転売行為の抑制につながるかもしれません。

《みお》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」日本語吹替版声優追加発表―ブライアン警察署長に堀内賢雄さん、バーキン博士は平田広明さん

    映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」日本語吹替版声優追加発表―ブライアン警察署長に堀内賢雄さん、バーキン博士は平田広明さん

  2. イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

    イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

  3. ブランド名は“サカ・グッチ”?『FF』シリーズ生みの親・坂口博信氏が『FF14』で裁縫師としてアイテムをマーケットに出品

    ブランド名は“サカ・グッチ”?『FF』シリーズ生みの親・坂口博信氏が『FF14』で裁縫師としてアイテムをマーケットに出品

  4. 『メダル オブ オナー アライドアサルト』20周年!ゼロ年代にWW2FPSの金字塔を打ち立てた【特集】

  5. 西部開拓時代モチーフのサバイバルSLG『Above Snakes』Kickstarterキャンペーン開始!ゾンビと戦い、世界を広げながら生き残れ

  6. ダークな雰囲気漂うSci-Fi南部ゴシックADV『NORCO』配信日決定―新たなデモ版もリリース

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 『セガサターン』と『初代プレステ』がオシャレな腕時計に!? 古の「セガ」マニアから歓喜の声

  9. 中華ダークファンタジーなローグライクACT『暖雪 Warm Snow』配信開始!

  10. 結局Modってどうなった?『スカイリム アニバーサリーエディション』海外ユーザーも悲喜こもごも。SEのままで実はAEも遊べちゃう?

アクセスランキングをもっと見る

page top