リアルSWATタクティカルシューター『Ready or Not』早期アクセスが開始!チュートリアル映像も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

リアルSWATタクティカルシューター『Ready or Not』早期アクセスが開始!チュートリアル映像も

12月12日に2021年末までにリリースと発表されていました。

ゲーム文化 インディーゲーム
リアルSWATタクティカルシューター『Ready or Not』早期アクセスが開始!チュートリアル映像も
  • リアルSWATタクティカルシューター『Ready or Not』早期アクセスが開始!チュートリアル映像も
  • リアルSWATタクティカルシューター『Ready or Not』早期アクセスが開始!チュートリアル映像も
  • リアルSWATタクティカルシューター『Ready or Not』早期アクセスが開始!チュートリアル映像も
  • リアルSWATタクティカルシューター『Ready or Not』早期アクセスが開始!チュートリアル映像も

VOID Interactiveは、タクティカルFPS『Ready or Not』の早期アクセスをSteamにて開始しました。

本作はSWAT部隊が敵対勢力を鎮圧するタクティカルFPS。世界中の警察チームに助言を求めるなど、リアルなシステムと挙動を特徴としています。

支援者向けテストビルドとしての配信はされていた本作は、12月12日に2021年末までの早期アクセス開始を突如発表。具体的な日時は明らかにされていませんでしたが、本日12月18日に早期アクセスとしてリリースされました。

なお早期アクセスの期間は12カ月の予定とされており、最初のメジャーアップデート後に値上げされるとのことです。

また早期アクセスの開始に先立ち、チュートリアル映像も公開。準備からミッション進行、ゲームの基本的なメカニクスなどが紹介されています。

『Ready or Not』は、Windows向けにSteamにて4,400円で早期アクセスを実施中です。


《いわし》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 松本人志?や和田アキ子?、東ブクロまで登場する『龍が如く』実写パロディ!

    松本人志?や和田アキ子?、東ブクロまで登場する『龍が如く』実写パロディ!

  2. 「ゆっくり茶番劇」ドワンゴが商標登録への4つのアクション発表―所属コミュニティーからは権利抹消申請の報告も

    「ゆっくり茶番劇」ドワンゴが商標登録への4つのアクション発表―所属コミュニティーからは権利抹消申請の報告も

  3. 感染禍の東京を描いた珈琲ゲーム、自分を古墳と思い込む男の子のADVに要注目―ゲムスパ注目インディーWavesその1【ILE2022】

    感染禍の東京を描いた珈琲ゲーム、自分を古墳と思い込む男の子のADVに要注目―ゲムスパ注目インディーWavesその1【ILE2022】

  4. これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

  5. 波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

  6. ゾンビ禍なのに出社強要上司、あなたのPCに美少女が迷い込むADVなど珍ゲーム続々!ゲムスパ注目インディーWavesその2【ILE2022】

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

  9. この動き絶対見たことある! 現実の渋谷でオープンワールドゲームの動きを再現する超力作映像が公開

  10. 小島監督も“感無量”の「LUDENS MASK」は5月末発売―気になる『デススト』続編はノーマン・リーダスが再言及

アクセスランキングをもっと見る

page top