Valve製携帯ゲーミングPC「Steam Deck」日本発売もそう遠くない?商標が登録へ【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve製携帯ゲーミングPC「Steam Deck」日本発売もそう遠くない?商標が登録へ【UPDATE】

果たしてくるか日本展開。

PC Linux
Valve製携帯ゲーミングPC「Steam Deck」日本発売もそう遠くない?商標が登録へ【UPDATE】
  • Valve製携帯ゲーミングPC「Steam Deck」日本発売もそう遠くない?商標が登録へ【UPDATE】
  • Valve製携帯ゲーミングPC「Steam Deck」日本発売もそう遠くない?商標が登録へ【UPDATE】

世界的PCゲームプラットフォームSteamの運営で知られるValveが、同社が展開する携帯ゲーミングPC「Steam Deck」の、日本でも有効な国際商標を取得したことが、明らかとなりました。

298mm x 117mm x 49mmの本体サイズに、1280 x 800pxの解像度を持つ「Steam Deck」。Zen 2 4c/8tと8 RDNA 2 CUをCPU/GPUに採用しており、16 GBのRAMとあわせて多くのPCゲームが動作するとされています。同機は2022年2月より、アメリカ、カナダ、欧州連合、イギリスで出荷が開始されるとのことで、既に2021年の時点で海外では多数の希望するデベロッパーに対し、開発機の送付も始まっていました。

現時点で「Steam Deck」の日本展開は発表されていませんが、商標も登録されたという事でその発表も近いのかも知れません。

※UPDATE(2022/1/5 11:43):本文の、商標の区分を修正しました。


《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『パルワールド』重大な不具合修正のアップデート配信―全パルの与えるダメージが半減していた問題など

    『パルワールド』重大な不具合修正のアップデート配信―全パルの与えるダメージが半減していた問題など

  2. 実写ドラマ「フォールアウト」ルーシーの愛銃を『Fallout 4』に追加するModが公開!エネルギーブラスターに改造も可能

    実写ドラマ「フォールアウト」ルーシーの愛銃を『Fallout 4』に追加するModが公開!エネルギーブラスターに改造も可能

  3. MSIがAMD次世代CPU「Ryzen 9000」シリーズ対応のBIOS配信―着々と迫る新CPUの足音

    MSIがAMD次世代CPU「Ryzen 9000」シリーズ対応のBIOS配信―着々と迫る新CPUの足音

  4. ゲームだけど撃つのはエアガン―サバゲーシム『Airsoft Online』Steamページ公開、BB弾のホップアップ弾道も再現のこだわりリアルさ

  5. 『オリとくらやみの森』開発元が手がける新作アクションRPG『No Rest for the Wicked』最新トレイラー!

  6. キャラメイクで“飼い猫”を再現するプレイヤーも?『FF14 黄金のレガシー』ベンチマークソフト公開で、新種族「ロスガル族女性」が猫っぽいと話題

  7. 鉄道網を広げて都市を発展させる街づくりシム『Sweet Transit』4月22日正式リリース!

  8. 日本舞台の走り屋レースゲー無料プロローグ版『JDM: Rise of the Scorpion』発表!長距離山道エリア開放でこの夏熱く響くドライビング…!

  9. 大規模対戦WWIIシューター『Project 1942』Steamストアページが公開―陸海空で激戦を繰り広げる『BF1942』ライク

  10. 13世代・14世代インテルハイエンドCPUで負荷によりVRAMエラー発生の不具合継続中―i7も対象か?

アクセスランキングをもっと見る

page top