駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も

64GBと256GB向けのキャリーケースも公開。

ゲーム機 ハードウェア
駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も
  • 駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も
  • 駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も
  • 駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も
  • 駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も
  • 駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も

Valveは携帯型ゲーミングPC「Steam Deck」のパッケージを公開しました。

指示マークに「コンパニオンキューブ」の姿

2022年2月の出荷を予定している本ゲーム機。同社はSteamニュースにてパッケージと同梱品を公開しました。外見はありふれた箱に見えますが、荷扱いの指示マークの中には『Portal』に登場する「コンパニオンキューブ」の姿があります。箱を開けると、中には日本語を含めた様々な言語で駅や観覧車などのプレイできる環境が隙間なく記されています。

本ゲーム機以外の同梱品として、64GBと256GB向けのシンプルなデザインのキャリーケースも公開。また各地域に適した電源ケーブルも付属するとのことです。

「Steam Deck」の初期販売地域はアメリカ、カナダ、欧州連合、イギリスで、2022年2月に出荷開始予定です。


《三ツ矢》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 2人協力ACT『It Takes Two』Steam版がSteam Deckによるオフラインプレイに対応。EAランチャーも不要に

    2人協力ACT『It Takes Two』Steam版がSteam Deckによるオフラインプレイに対応。EAランチャーも不要に

  2. コスパ優良ゲーミングモニタ「AVISTA」レビュー。選び方とおすすめモデルを紹介

    コスパ優良ゲーミングモニタ「AVISTA」レビュー。選び方とおすすめモデルを紹介

  3. プロゲーマーの意見を反映!ラピッドトリガー対応75%サイズのゲーミングキーボード発売―競技シーンに強いハイクラス・ゲーミングデバイス「ELECOM GAMING V custom」シリーズ

    プロゲーマーの意見を反映!ラピッドトリガー対応75%サイズのゲーミングキーボード発売―競技シーンに強いハイクラス・ゲーミングデバイス「ELECOM GAMING V custom」シリーズ

  4. 海外サイトが選ぶ「初代ゲームボーイ名作タイトルベスト25」

  5. 【E3 2016】スマホケースじゃない! 新たな実物大「Pip-Boy」が海外発表―『Fallout』ファン垂涎

  6. 「ROG Ally」microSDが機能しない問題について公式発表―特定の熱ストレスが原因の可能性

  7. 【特集】Valve製ストリーミング機器「Steamリンク」開封&使用レポ―リビングにPCゲームがやってきた!

  8. スーパーファミコンでリアルタイムレイトレーシングを実現する猛者が現れる

  9. 君はサムライになれるか! VR戦国アクション『SAMURAI CHALLENGE』Steam配信開始

  10. ソファに座ってPCゲームをしたい?できます「COUCHMASTER」ならね【購入レポ】

アクセスランキングをもっと見る

page top