最大級ゲームショウ「E3 2022」今年も現地イベント無し―これで3年連続【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

最大級ゲームショウ「E3 2022」今年も現地イベント無し―これで3年連続【UPDATE】

オミクロン株による急速な感染拡大が背景か。

ニュース 発表
最大級ゲームショウ「E3 2022」今年も現地イベント無し―これで3年連続【UPDATE】
  • 最大級ゲームショウ「E3 2022」今年も現地イベント無し―これで3年連続【UPDATE】
  • 最大級ゲームショウ「E3 2022」今年も現地イベント無し―これで3年連続【UPDATE】

現地時間2022年1月6日、Entertainment Software Association(ESA)が現状の新型コロナウィルスをめぐる健康リスクを考慮し、出展者や参加者の安全のために2022年度「E3」の現地開催を見送ることを発表しました

アメリカでは、2021年12月からオミクロン株が背景と考えられる急速なコロナウィルス感染拡大が続いてることが報じられており、この状況に対する懸念が今回の現地開催中止に繋がったものと考えられます。

2021年度「E3」では、20回以上開催地に選ばれたアメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス市の市長エリック・ガルセッティ氏が「2022年こそはみなさんとこの天使の街(ロサンゼルス)で実際に会えるのを楽しみにしています。」とメッセージを寄せましたが、残念ながら3年連続で現地開催が見送られることになりました。

海外IGNのインタビューでは「2021年度のように現地開催の代わりにオンラインイベントを開催するかは確約できない」と述べた一方で、Games Beatが明確な回答を求めた際は「オンラインイベントの可能性に期待している」とオンライン開催への意欲を示しています。

現時点で今年度のE3がどうなるか詳細は不明ですが、ESAは「E3のこれからに非常にエキサイトしており、近日中に詳細を発表することを楽しみにしています。」とコメントしています。

一方UBM Technologyは、自身が主催するゲーム開発者イベント2022年度Game Developers Conference(GDC)を3月21~25日の期間、対面で開催することを告知しています

※UPDATE(2022/01/07 16:20): 開催形式について、記事初出時にオンライン開催としていた部分の記述を修正、海外メディアの情報を本文に反映し、見出しも変更しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。


《ケシノ》

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「サイバーパンク エッジランナーズ」好きなキャラ調査は意外な結果に―TRIGGER社長がCD PROJEKT本社へ潜入した動画公開

    「サイバーパンク エッジランナーズ」好きなキャラ調査は意外な結果に―TRIGGER社長がCD PROJEKT本社へ潜入した動画公開

  2. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  3. 『FF7 リバース』クリアまでコントローラーを手放したくない!「フィールド」「バトル」「ストーリー」に衝撃を受け、30時間が一瞬で溶けた【プレイレビュー】

    『FF7 リバース』クリアまでコントローラーを手放したくない!「フィールド」「バトル」「ストーリー」に衝撃を受け、30時間が一瞬で溶けた【プレイレビュー】

  4. Ryzen 9搭載のミニPCがAmazonで24%オフセール。64GBメモリ&1TB SSDで9万円切り

  5. 【PC版無料配布開始】『Wreckfest』開発元による破壊表現と珍競技が特徴のレースシリーズ初作『FlatOut』セール開催中のGOGにて

  6. 『ELDEN RING』の商標権がフロム・ソフトウェアに譲渡されていたと海外で話題に―ゲームそのものの譲渡とは別との見解も

  7. 『ヘブンバーンズレッド』はなぜ大ブレイクしたのか―2周年を迎え、まだまだ盛り上がりをみせる本作の魅力に迫る!

  8. ナホビノの勇姿がまた見られる?韓国審査機関に『真・女神転生V』新バージョン一時登録の報で、ウワサ深まる…

  9. 古代アジアサバイバル『Myth of Empires』と恐竜サバイバル『ARK』、ソースコード盗用疑惑訴訟の和解が成立―『Myth of Empires』2024年の再リリースにはSnail Gamesも全面協力へ

  10. リズムアクション『Hi-Fi RUSH』や海賊ゲー『Sea of Thieves』など!他プラットフォームに展開される4つの「Xbox向けタイトル」の詳細が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top