『Apex Legends Mobile』一部地域向けに配信開始―初期レジェンドと複数モードがプレイ可能 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Apex Legends Mobile』一部地域向けに配信開始―初期レジェンドと複数モードがプレイ可能

開発は『PUBG Mobile』を開発したテンセント傘下スタジオ。

アプリゲーム iOS
『Apex Legends Mobile』一部地域向けに配信開始―初期レジェンドと複数モードがプレイ可能
  • 『Apex Legends Mobile』一部地域向けに配信開始―初期レジェンドと複数モードがプレイ可能
  • 『Apex Legends Mobile』一部地域向けに配信開始―初期レジェンドと複数モードがプレイ可能
  • 『Apex Legends Mobile』一部地域向けに配信開始―初期レジェンドと複数モードがプレイ可能

エレクトロニック・アーツは、人気バトルロイヤルのモバイル版『Apex Legends Mobileエーペックスレジェンズ モバイル)』の配信を一部地域限定で開始しました。

本作は日本が対象ではありませんが、一部地域向けに早期アクセスとしてリリースされます。開発は『PUBG Mobile』を開発したテンセント傘下のLightspeed & Quantum Studioが担当。現在プレイできるコンテンツはワールズエッジでのバトルロイヤルの他に、チームデスマッチやミニバトルロイヤル、3対3のアリーナ、ランクマッチなどが用意されています。

使用できるレジェンドはジブラルタルやレイス、パスファインダーなどゲーム初期から実装されていたレジェンドとシーズン1で追加されたオクタンで、コースティックはバトルパスレベル25でアンロックされるキャラとなります。

画像にあるワットソンは現在は未実装であるようです。

『Apex Legends Mobile』は現在一部地域向けに配信中。日本地域向けの配信時期は明らかになっていません。対象ユーザー向けの限定アイテムなどの詳細は公式ニュースをご覧ください。


《みお》
みお

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』伝説のポケモン「ミュウ」の姿が?新要素「ポケモンリサーチ」でミッション要素が追加

    『ポケモンGO』伝説のポケモン「ミュウ」の姿が?新要素「ポケモンリサーチ」でミッション要素が追加

  2. 『TES』のスピンオフカードゲーム『エルダー・スクロールズ・レジェンド』アジア地域での事前登録が開始!

    『TES』のスピンオフカードゲーム『エルダー・スクロールズ・レジェンド』アジア地域での事前登録が開始!

  3. モバイル版『フォートナイト バトルロイヤル』1週間未満で150万ドル以上の総課金額、『荒野行動』30倍の勢い―海外リサーチ

    モバイル版『フォートナイト バトルロイヤル』1週間未満で150万ドル以上の総課金額、『荒野行動』30倍の勢い―海外リサーチ

  4. 『ハースストーン』11.2アップデート配信!期間限定イベントや即戦力バンドルが追加

  5. iOS/Android向け『ディビジョン リサージェンス』発表!基本プレイ無料のTPS-RPGで新たなストーリーが展開

  6. 『ディアブロ イモータル』89万円の課金も戦果0―5つ星レジェンダリージェムが1つも出ない事態に

  7. 『グランサガ』にノクティスたちがやってくる!『FFXV』コラボ開催決定、詳細は4月6日20時~の公式配信で

  8. ものづくりや冒険が楽しめるサンドボックスRPG『きみのまち ポルティア』iOS/Android版が今夏リリース決定!

  9. 『ポケモンGO』ホウエン地方のポケモン23匹追加―さらにタマゴも嬉しい仕様に

  10. 『荒野行動』日本王者が遂に決定!史上最大の大会は令和日本のe-Sports界に革新をもたらした

アクセスランキングをもっと見る

page top