今年の「EA Play Live」は中止―それぞれのプロジェクトを適切な時期に発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今年の「EA Play Live」は中止―それぞれのプロジェクトを適切な時期に発表

今後の大規模なゲームイベントの動向に注目が集まる。

ゲーム文化 イベント
今年の「EA Play Live」は中止―それぞれのプロジェクトを適切な時期に発表
  • 今年の「EA Play Live」は中止―それぞれのプロジェクトを適切な時期に発表
  • 今年の「EA Play Live」は中止―それぞれのプロジェクトを適切な時期に発表

海外メディアIGNは、エレクトロニック・アーツが主催する新作ゲーム発表などの最新情報を伝える独自イベント「EA Play Live」が今年は開催されないことを明らかにしました。

一昨年からデジタルで開催されていた本イベント。昨年は『バトルフィールド 2042』や『GRID Legends』などの情報が発表されました。EAの担当者は、今年は全ての情報を公開できるような準備ができていないため、それぞれのプロジェクトについて適切な時期に詳細を発表していくという旨を述べました。

世界最大級のゲーム見本市である「E3 2022」も現地開催を見送ることが決定している他、「東京ゲームショウ2022」では上限付きで一般来場者が入場可能となっており、今後の大規模なゲームイベントの動向に注目が集まります。


《三ツ矢》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. お惣菜215円『Fallout 76』付き!?流石に破格すぎるフェイク画像に踊らされる海外ゲーマー達

    お惣菜215円『Fallout 76』付き!?流石に破格すぎるフェイク画像に踊らされる海外ゲーマー達

  3. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  4. 『FF7 リバース』セフィロス、どん兵衛コラボで“どんぎつね”になる―「クラウド、どん兵衛を食べないか」「興味ないね」

  5. ゲーム内スキンが子供の“アイデンティティ”に…?いじめや疎外感の原因となる可能性も…ノルウェーの研究者が子供を取り巻く環境に警鐘

  6. 80年代アメリカ舞台の産業経営シム『Rise of Industry 2』発表! 日本語対応でPC/コンソール向けに発売予定

  7. 1億円レベルの激レア『ゼルダの伝説』初期版が海外オークションサイトで「250万円くらい」で出品される…心優しいコレクターの指摘で適正価格へ

  8. 狩野英孝さんが『ストリートファイターII POCKY EDITION』でプレイアブルキャラ化!オリジナル必殺技でリュウや春麗に立ち向かう

  9. 肩から胸元まで大胆な“あの”スキンが立体化!『LoL』アーリの花祭りスキンがフィギュアになって登場

  10. 配信プラットフォーム「Twitch」韓国向けサービスが2月27日に終了…最後にアダルトゲームやきわどい衣装配信をする無敵ストリーマーたち

アクセスランキングをもっと見る

page top