世界一高価なポケモンカードがアクセサリーに―米YouTuberローガン・ポールがプロレスデビュー戦で着用 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

世界一高価なポケモンカードがアクセサリーに―米YouTuberローガン・ポールがプロレスデビュー戦で着用

ポール氏はボクシング試合でも同様のパフォーマンスを行っています。

ゲーム文化 ホビー・グッズ
世界一高価なポケモンカードがアクセサリーに―米YouTuberローガン・ポールがプロレスデビュー戦で着用
  • 世界一高価なポケモンカードがアクセサリーに―米YouTuberローガン・ポールがプロレスデビュー戦で着用
  • 世界一高価なポケモンカードがアクセサリーに―米YouTuberローガン・ポールがプロレスデビュー戦で着用

ギネスワールドレコーズ(ギネス)は、米YouTuberローガン・ポール氏が昨年7月に購入したポケモンカードを“個人販売における最高額記録”と認定。そして4月2日、ポール氏はWWEプロレス・デビューにて、本カードをアクセサリーとして持ち込みました。

ポール氏は日本でも度々騒動を起こしているYouTuberです。最近はポケモンカードコレクターとしても知られており、22年1月には約4億円で偽物のポケモンカードBOXを購入したことで話題になっていました。

ギネスによると、今回のカードは「1998年のイラストコンテスト優勝者に39枚だけ配られる、完璧な“10”のグレード(カード鑑定会社PSA基準)である」とのこと。PSA公式サイトでは600万ドル(約7億円)と評される貴重なカードですが、ポール氏はWWE最大のイベント「レッスルマニア38」のアリーナ入場時にアクセサリーとして持ち込んだようです。

試合ではザ・ミズとコンビを組み、ミステリオ親子とタッグマッチを行った末勝利、そして控室にてポール氏はギネスから公式認定書を授与されました。ポール氏は、プロレス勝利の後に認定を受けたことを「今夜はワイルドな夜だ」と表現しています。

ちなみに、同氏は昨年のボクシング試合では初版「リザードン」のカードをアクセサリーとして身に着けていました。こちらも3月冒頭にコロナ支援ローンを悪用して購入された、カード鑑定会社BGSによるグレード9.5を超える“10”という貴重な品となっています。


《ケシノ》

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  3. こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

    こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

  4. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  5. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  6. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  7. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  8. 壮大なメインストーリーの裏で、ちまちま植物採集…オープンワールドあるある?ネタに共感する海外ゲーマー

  9. 堀井雄二氏が『ドラクエ3リメイク』をテストプレイしていることを明かす…2年半続報なくも開発は進んでいる模様

  10. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

アクセスランキングをもっと見る

page top