現在約390万円!「ポケモンカード」1999年初版アンカットシートがオークションに出品 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

現在約390万円!「ポケモンカード」1999年初版アンカットシートがオークションに出品

ポケモンゲットだぜ!(落札)

ゲーム文化 カルチャー
現在約390万円!「ポケモンカード」1999年初版アンカットシートがオークションに出品
  • 現在約390万円!「ポケモンカード」1999年初版アンカットシートがオークションに出品
  • 現在約390万円!「ポケモンカード」1999年初版アンカットシートがオークションに出品
  • 現在約390万円!「ポケモンカード」1999年初版アンカットシートがオークションに出品
  • 現在約390万円!「ポケモンカード」1999年初版アンカットシートがオークションに出品

古今東西多くのファンに愛されている「ポケモンカードゲーム」。その人気からレアカードはコレクター間で高額の取引が行われるほどで、真贋入り乱れてオークションを賑わせます。

そんな中で先日、海外オークションハウス「Goldin Auctions」にて、1999年に発売された初版ベースセットのアンカットシートが出品されました。アンカットシートとは文字通りカード型として裁断される前のシートのことで、コレクターにとっては大変貴重なアイテムです。

(Goldin Auvtionsによる参考映像はこちら、英語注意)

同オークションハウスの説明によれば、印刷されているポケモンはリザードン、フシギバナ、カメックスをはじめとする「ポケモン赤・緑・青」に登場したポケモンから16種で、全てホログラフィックカードとして1枚のシートに収められています。

全体図

なお他のポケモンはエビワラー、キュウコン、ギャラドス、ミュウツー、カイリキー、サンダー、ライチュウ、ニョロボン、レアコイル、ラッキー、フーディン、ピッピ、ニドキングが収録。また全体的なコンディションとしては、表面に若干の擦れと色褪せ、そしてマーカーで書き込まれた署名が確認されています。

歴史的な価値を持つこの出品、記事執筆時点における最高入札額は34,000ドル(約390万円)ですが……過去には未開封ボックスが約4,200万円で落札されたこともあるだけに、果たして今回は最終的な金額が気になるところ。オークションは日本時間022年2月24日正午締め切りなので、もし読者の皆様のなかで懐に余裕のある方は……おひとついかがでしょうか?


《麦秋》

お空の人。 麦秋

仕事であちこち渡り歩いては飛んでます。自分が提供するものが誰かのお役に立てれば幸い。編集部および他ライターさん達のこくまろなキャラに並べるよう頑張ります。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. チョロQ風ラリーレースゲーム『SuperSpec Rallycross』デモ版公開!可愛い車で爆走

    チョロQ風ラリーレースゲーム『SuperSpec Rallycross』デモ版公開!可愛い車で爆走

  2. REJECTにVTuber「URS-No.1005(とおこ)」が加入!「The k4sen」優勝経験もある手練れ『LoL』プレイヤー

    REJECTにVTuber「URS-No.1005(とおこ)」が加入!「The k4sen」優勝経験もある手練れ『LoL』プレイヤー

  3. プレイ時間約87時間!1度もAボタンを押さずに『スーパーマリオ64』のクリアが達成される

    プレイ時間約87時間!1度もAボタンを押さずに『スーパーマリオ64』のクリアが達成される

  4. 初代PS『攻殻機動隊~GHOST IN THE SHELL~』ゲームサントラの再販が決定!石野卓球やデリック・メイらの楽曲収録

  5. 早期アクセス時点で“非常に好評”カリブ海オープンワールドサバイバル『Survival: Fountain of Youth』Steamで正式リリース

  6. サウジ開催「eスポーツワールドカップ」の『チームファイト タクティクス』競技詳細が発表…FNATICやT1は部門を設立

  7. 「もうゲーム開発続ける予算ないのに」追加コンテンツ待つファンの声に売上不振の個人開発者が切ない悩み吐露

  8. ミュウツーとプロバスケ選手がバスケで戦ったらどっちが勝つ?米ESPN解説者が考察

  9. 「ユーザーを待たせるのは申し訳ない」桜井政博氏『カービィのエアライド』にてドルビーサラウンド不採用の理由明かす

  10. 『Fallout』でお馴染み「Pip-Boy」のレプリカの進化の歴史を「怪しい伝説」アダム氏が語る映像公開に―全ては「世界一危険なおもちゃ」から始まった!?

アクセスランキングをもっと見る

page top