CERO「D」につき研究者を殺せない!4月7日に発売控える日本版『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド:リメイク』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

CERO「D」につき研究者を殺せない!4月7日に発売控える日本版『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド:リメイク』

「それでもゲームを楽しみましょうね!」とのことです。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
CERO「D」につき研究者を殺せない!4月7日に発売控える日本版『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド:リメイク』
  • CERO「D」につき研究者を殺せない!4月7日に発売控える日本版『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド:リメイク』
  • CERO「D」につき研究者を殺せない!4月7日に発売控える日本版『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド:リメイク』

Forever Entertainmentは、『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド:リメイク(THE HOUSE OF THE DEAD: Remake)』日本版において研究者を殺せないということを発表しました。

本作は1997年にアーケード向けとしてリリースされたガンシューティングゲームのグラフィックを作り直し、ゲーム性を改良したリメイク版です。

公式Twitterアカウントにて明らかにされた内容によると、CEROレーティング「D」になるために暴力表現を抑える必要があり、研究者が殺せなくなったとのこと。なおオリジナル版において研究者は敵に追われたりして画面内に登場し、プレイヤーが誤射するとライフにペナルティを受けるという存在でした。同ツイート内では「それでもゲームを楽しみましょうね!」との前向きなメッセージも添えられています。またユーザーへの返信では、あくまでもプレイヤーが殺すことができないだけであり、ゾンビは研究者を殺せるということが説明されています。

『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド:リメイク』は、ニンテンドースイッチ向けに2,599円で4月7日にリリース予定。4月21日23時59分までは2,339円の割引価格で購入することができます。



《いわし》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 新しいクソリプも追加されっぞ!配信者育成ADV『NEEDY GIRL OVERDOSE』スイッチ版発表―ハードを跨いで轟けインターネットエンジェル【INDIE Live Expo 2022】

    新しいクソリプも追加されっぞ!配信者育成ADV『NEEDY GIRL OVERDOSE』スイッチ版発表―ハードを跨いで轟けインターネットエンジェル【INDIE Live Expo 2022】

  2. 『聖剣伝説』開発スタッフらの新作『PROJECT-TRITRI』発表!スイッチ/PS5/PS4対応―タイトルロゴには「聖」の字も…

    『聖剣伝説』開発スタッフらの新作『PROJECT-TRITRI』発表!スイッチ/PS5/PS4対応―タイトルロゴには「聖」の字も…

  3. 延期していた世界滅亡後サバイバル『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』の国内版発売日が決定!

    延期していた世界滅亡後サバイバル『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』の国内版発売日が決定!

  4. 畑でゾンビを栽培できる自給自足サバイバルACT『DEADCRAFT(デッドクラフト)』配信開始!

  5. 『スカイリム AE』待望のスイッチ版登場か?台湾のレイティング機関のリストにて見つかる

  6. PS向けにも大復活!巨大ロボシム『MechWarrior 5』PS4/PS5版が海外で9月23日発売決定

  7. 国内外で大人気の『Vampire Survivors』が登場予定!新作6本追加の「Xbox/PC Game Pass」5月後半ラインナップ公開

  8. 『エースコンバット7』と「トップガン マーヴェリック」コラボDLC機体がお目見え―5月26日発売

  9. 『ワンダーランズ』DLC第2弾「くいしん坊!断罪」リリース―複数の調整を含むアップデートも配信

  10. 新生PS Plusではクラシック作品にもトロフィーが?PS1『サイフォンフィルター』のトロフィー対応が明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top