『バビロンズフォール』Steam版の同接数が一時10人を割ったとの海外報道―その真相はサーバーメンテナンスにあり? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『バビロンズフォール』Steam版の同接数が一時10人を割ったとの海外報道―その真相はサーバーメンテナンスにあり?

海外報道を鵜呑みにするのは、やめておいた方がよさそうです。

PC Windows
『バビロンズフォール』Steam版の同接数が一時10人を割ったとの海外報道―その真相はサーバーメンテナンスにあり?
  • 『バビロンズフォール』Steam版の同接数が一時10人を割ったとの海外報道―その真相はサーバーメンテナンスにあり?
  • 『バビロンズフォール』Steam版の同接数が一時10人を割ったとの海外報道―その真相はサーバーメンテナンスにあり?

スクウェア・エニックスとプラチナゲームズが共同で手掛けるオンラインアクションRPG『バビロンズフォール』のSteam版における同時接続者数が、海外メディアで一時的に10人を割り込んだとの報道がされました。ですが、その実態には特別な理由がありそうです。

本作は『NieR:Automata』を共同開発したことでも知られる両社が、再びタッグを組んで開発したハック&スラッシュ型のオンラインアクションRPGです。「機棺(ギデオンコフィン)」という特殊な装具を背負う戦士「哨士(センチネル)」であるプレイヤーたちは、巨塔「バビロン」の攻略に挑むことになります。

そんな同作ですが、非公式データベースであるSteam Chartsによると、日本時間4月13日(水)8時には一時的に同時接続者数が8人を記録したとのこと。3月4日のリリースから現在までの最大接続者数1166人から逆算すると、リリース後から続く厳しい評価も手伝って深刻な落ち込みのようにも思えます。

一方Steamのサポートページには、オンラインユーザー数のピークを避けて米国太平洋時間の早朝あるいは夕方にサーバーメンテナンスのため、1時間ほどのダウンタイムを設ける場合があることが記されています。サポートページでは曜日についての言及はありませんが、一部メディアによれば米国太平洋時間の火曜日お昼過ぎから夕方ごろに実施されるといい、これは日本時間でいえば水曜日の朝方に当たる時間帯です。

それと一致するように、同じくSteamで配信されている『Wizardry外伝 五つの試練』や『Team Fortress 2』といった他のタイトルでも、同じ時間に大きく同接数が低下していることがわかります。『ELDEN RING』や『Apex Legends』といった人気タイトルにはあまり動きが出ていないようですが、今回の『バビロンズフォールの大幅な落ち込みには、おそらくサーバーメンテナンスによる影響が考えられます。

ただしSteam Chartsを見ると、ここ24時間の接続数ピークが120という本作。予断を許さない状況ではあるものの、3月18日に配信された公式生放送ではユーザーからのサービス継続に危機感を抱く声に対して、運営側が開発規模を縮小することは考えていないと宣言されています。3月22日には大型アップデートVer1.1.0が配信され、4月21日に予定している公式生放送では26日リリース予定のアップデートVer1.1.1の情報が公開されることも明らかにされており、今後大きな巻き返しを見せられるかに注目です。

『バビロンズフォール』は、PS5/PS4/Windows(Steam)向けに配信中です。



《雨野かえる》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『ポケモン』×『クラフトピア』なオープンワールドサバイバル『パルワールド』新トレイラー!【INDIE Live Expo 2022】

    『ポケモン』×『クラフトピア』なオープンワールドサバイバル『パルワールド』新トレイラー!【INDIE Live Expo 2022】

  2. 美少女オープンワールドサバイバルRPG『Girls' civilization 3』早期アクセス2022年夏頃開始―カオスな世界のシリーズ最新作

    美少女オープンワールドサバイバルRPG『Girls' civilization 3』早期アクセス2022年夏頃開始―カオスな世界のシリーズ最新作

  3. 最大60人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』オープンベータテストがスタート―早期アクセスは6月1日より

    最大60人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』オープンベータテストがスタート―早期アクセスは6月1日より

  4. ポップでキュートな3vs1非対称型バトル『グーニャモンスター』発表!Steamストアページ公開―人気イラストレーター寺田てら氏がデザイン手掛ける【INDIE Live Expo 2022】

  5. 竜の背中でスローライフする村運営SLG『ドラゴノーカ』Steam版2022年内に発売!【INDIE Live Expo 2022】

  6. ゲーミングPC初心者にもオススメしたい!良い意味で「ちょうどよい」サイコムのゲーミングPC「G-Master Velox Intel Edition」の魅力に迫る

  7. 発売4日で売上50万、同接10万突破!オープンワールド吸血鬼サバイバル『V Rising』が好調なセールスを発表

  8. 『ロードス島戦記-DiWL-』開発元が手掛ける横スクSTG『DRAINUS』Steam配信開始!エネルギーを吸収する機体で大帝国に立ち向かえ【INDIE Live Expo 2022】

  9. 『モンハンライズ:サンブレイク』弓、チャージアックス、ガンランスの新アクション公開!“常軌を逸した技”が登場

  10. 名状しがたき奇怪な世界を生き延びるコズミックホラー『SIGNALIS』2022年秋リリース決定!【INDIE Live Expo 2022】

アクセスランキングをもっと見る

page top