『VALORANT』悪夢系ゴススタイルな新エージェント「フェイド」の開発エピソード公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『VALORANT』悪夢系ゴススタイルな新エージェント「フェイド」の開発エピソード公開

「††漆黒の堕天使††」感のあるダークな存在であるとのことです。

PC Windows
『VALORANT』悪夢系ゴススタイルな新エージェント「フェイド」の開発エピソード公開
  • 『VALORANT』悪夢系ゴススタイルな新エージェント「フェイド」の開発エピソード公開
  • 『VALORANT』悪夢系ゴススタイルな新エージェント「フェイド」の開発エピソード公開
  • 『VALORANT』悪夢系ゴススタイルな新エージェント「フェイド」の開発エピソード公開

ライアットゲームズは、タクティカルシューター『VALORANT』のエージェント「フェイド」の開発エピソードを公開しました。

「フェイド」はイニシエーターとして追加された新エージェントで、敵の位置特定や視界悪化、聴覚を奪うといった行動を特徴とします。

今回公開された開発エピソードではそんな「フェイド」が最初は「偵察」というコンセプトしかなかったことから紹介。そこから賞金稼ぎというアイディアを踏まえて「追跡して、罠にはめて、仕留める」という感覚を持たせるように設計していったとのことです。

またナラティブ面では「悪夢の化身」というテーマを実現するために独自性が感じられる色の組み合わせを視認性も考慮しつつ模索したことや、ゲームプレイとしては聴覚を奪うアルティメット「ナイトフォール」で恐怖や不安を組み込んだことなどが明らかにされています。

「フェイド」のトルコ出身ならではの要素や、ブーツ底の肉球模様なども紹介する開発エピソードはこちらで見ることができます。

『VALORANT』はWindows向けに基本プレイ無料で配信中です。



《いわし》
いわし

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 圧倒的ハイクオリティ!「ホロライブ」非公式ファンゲーム『ホロキュア』無料リリース

    圧倒的ハイクオリティ!「ホロライブ」非公式ファンゲーム『ホロキュア』無料リリース

  2. 【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

    【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

  3. 公式警告!「使用者をBANする予定」―『VALORANT』APIを不正利用するサードパーティアプリに要注意

    公式警告!「使用者をBANする予定」―『VALORANT』APIを不正利用するサードパーティアプリに要注意

  4. リアルな自然が待ち受けるオープンワールド狩猟FPS『Way of the Hunter』現地時間8月16日リリース

  5. ファンタジークラフトサバイバルACT『Force of Nature 2: Ghost Keeper』オンライン4人協力プレイに対応!

  6. 線香花火を眺めよう『オンライン線香花火』Steamでリリース―最大20人でプレイ可能

  7. 『アンチャーテッド トレジャーハンターコレクション』PC版リリースはいったい何時なのか?ーSteam内部データベースが短期間に謎の更新

  8. 新たな敵・マップ、ストーリーの最終章…新コンテンツ盛りだくさんで漂流サバイバル『Raft』ついに正式リリース!

  9. 蟻地獄ストラテジー『Empires of the Undergrowth』大型アップデート「Fire Ant」7月27日リリース―沼地を舞台に2つのミッション導入

  10. 徹夜レポートの末に見る幻覚とは…国産ホラー『徹夜報告書』Steamページ公開

アクセスランキングをもっと見る

page top