美麗グラフィックと迫力アクションの新作中華RPG『Where Winds Meet』発表【gamescom2022】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

美麗グラフィックと迫力アクションの新作中華RPG『Where Winds Meet』発表【gamescom2022】

中華風『Ghost of Tsushima』といった雰囲気のトレイラーが公開されました。

PC Windows
美麗グラフィックと迫力アクションの新作中華RPG『Where Winds Meet』発表【gamescom2022】
  • 美麗グラフィックと迫力アクションの新作中華RPG『Where Winds Meet』発表【gamescom2022】
  • 美麗グラフィックと迫力アクションの新作中華RPG『Where Winds Meet』発表【gamescom2022】

日本時間2022年8月24日より開始となった、欧州最大のゲームイベント「gamescom 2022」。そのオープニングライブ配信においてEverstone Gamesは、PC向けアクションRPG『Where Winds Meet』を発表しました。

五代十国時代の中国を舞台としたオープンワールドアクションRPGである、ということ以外は詳細が不明となっている本作ですが、公開された映像中では崖を登ったり、弓矢を構えたり、迫力ある剣戟を繰り広げたりと、『Ghost of Tsushima』や『アサシンクリード』を思い出させるような雰囲気もあり、どのようなゲームプレイとなるのか続報が待たれます。

『Where Winds Meet』はPC向けに発売予定です。

《いわし》

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

    『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

  2. 地下を探索して拠点を拡張して生き残れ!『Diablo』系ARPG作り続けて15年のカルト的人気のデベロッパーが新たに送る2DサバイバルクラフトアクションRPG『Din's Champion』Steamストアページが公開

    地下を探索して拠点を拡張して生き残れ!『Diablo』系ARPG作り続けて15年のカルト的人気のデベロッパーが新たに送る2DサバイバルクラフトアクションRPG『Din's Champion』Steamストアページが公開

  3. 『No Man’s Sky』宇宙全体を刷新し多様性が更に拡大―惑星・動植物種や映像表現等を大幅強化「Worlds Part 1」アプデ配信開始

    『No Man’s Sky』宇宙全体を刷新し多様性が更に拡大―惑星・動植物種や映像表現等を大幅強化「Worlds Part 1」アプデ配信開始

  4. 『原神』修正された「ヌヴィレット」の高速回転バグ、批判続出でロールバックへ―「登場後のキャラ修正は、どのような意図でもユーザーを傷つけてしまう」

  5. トレカショップ経営シム『TCG Card Shop Simulator: Prologue』―ブースターパックを販売したり自分でカードを集めることも

  6. イナイレ最新作『イナズマイレブン 英雄たちのヴィクトリーロード』7月18日20時からSteam/PS向け体験版配信!「ゲームへの登場権」が賞品となる初の公式大会も開催決定

  7. SWATタクティカルFPS『Ready or Not』DLC第1弾「Home Invasion」は7月24日リリース―ハリケーンの被害を受けた街を守る

  8. メカで挑む東南アジア戦線!無料で遊べるメカSLGデモ版『Kriegsfront Tactics - Prologue』Steam配信開始

  9. 『サイレントヒル』インスパイアの日本舞台レトロ3Dサバイバルホラー『Fragile Reflection』Steamストアページ公開

  10. 第二次世界大戦MMOシューター『Enlisted』Steam版が基本プレイ無料で配信再開

アクセスランキングをもっと見る

page top