インディー開発者を悩ませるレビュー目的と偽った転売用コードの要求…あるデベロッパーが驚くべき対策で見事撃退! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

インディー開発者を悩ませるレビュー目的と偽った転売用コードの要求…あるデベロッパーが驚くべき対策で見事撃退!

機転の利いた方法で詐欺行為を撃退し、その報復をも意に介さずValveへ報告してBANにまで追い込んでいます。件のゲームも人気の様子。

ニュース ゲーム業界
インディー開発者を悩ませるレビュー目的と偽った転売用コードの要求…あるデベロッパーが驚くべき対策で見事撃退!
  • インディー開発者を悩ませるレビュー目的と偽った転売用コードの要求…あるデベロッパーが驚くべき対策で見事撃退!
  • インディー開発者を悩ませるレビュー目的と偽った転売用コードの要求…あるデベロッパーが驚くべき対策で見事撃退!
  • インディー開発者を悩ませるレビュー目的と偽った転売用コードの要求…あるデベロッパーが驚くべき対策で見事撃退!
  • インディー開発者を悩ませるレビュー目的と偽った転売用コードの要求…あるデベロッパーが驚くべき対策で見事撃退!
  • インディー開発者を悩ませるレビュー目的と偽った転売用コードの要求…あるデベロッパーが驚くべき対策で見事撃退!

今週初め、インディーデベロッパーのCowcatは80~90年代アニメ風推理アクションADV『名探偵ブロクと秘密の依頼』に対して、何人かのSteamキュレーターがゲームをプレイせず否定的な偽のレビューを投稿していると非難し、彼らがレビュー目的と偽ってSteamキーを要求し、それを転売している疑いがあると非難。そしてこの度、Valveは問題のすべてのキュレーターをBANしたことが明らかになりました。

『名探偵ブロクと秘密の依頼』の発売に先立ち、Cowcatはレビュー用キーを求めるSteamキュレーターから大量のリクエストを受け取ったと述べました。これは正当なキュレーター、ストリーマー、ゲームサイトの慣行である一方、グレーマーケットでの転売を目論む詐欺行為に利用される点が問題視されています。

これを排除したいと考え、開発側は本作の無料の前日譚のキーを送信するという巧妙な策を実行。この作戦は見事に効を奏し、合法的なキュレーターがキーを一度引き換えた上で完全なゲームを要求する一方、転売者は体験版キーを完全版として販売することとなりました。

デモ用コードが送られてきたことを疑問に思った声はごく少数で、レビュー用キーの要求のほとんどは投稿前にキーを有効にしなかった詐欺師の物であると推測しています。一方、コードを転売した後に払い戻しを行うこととなった転売者が報復として、「ゲームプレイが壊れている」や「洗練されていない」などの一般的な批判を含むキュレーターレビューを書き始めた可能性があると指摘。これを正確に証明することはできないと述べる一方、そのキュレーターレビューの中で本作が否定的なレビューを持つ唯一のものであると話しています。

また、米掲示板サイトRedditユーザーのdarklinkpower氏による投稿で、否定的なレビューを残した9人のキュレーターには、投稿内容を制御できる共通の管理者ユーザーやフォロワー数、ほぼ同じ日に作成されているなど、かなり疑わしい類似点があると分析し指摘しています。

これらの投稿が注目を集めて間もなく、問題のキュレーターは当該レビューを肯定的なものに変更。「完全に統合された横スクロールアクションのメカニズム」を備えた「素晴らしい漫画探偵アドベンチャー」だと手のひらを返し、CowcatはそのキュレーターをValveに報告したと述べていました。

その甲斐あってか一連の投稿の3日後、公式TwitterにてSteamより当該キュレーターをBANしたとの報告があったとツイート。どういうわけかほんの少し罪悪感を抱いているともコメントしています。

実に機転の利いた方法で詐欺行為を撃退した本作ですが、そもそもキュレーターがゲームをプレイせずともレビューを公開できるというシステムにも疑問を呈しています。そして、同じ境遇の開発者に同様の方法での協力を、プレイヤーにはグレーサイトでの転売品の購入をしないよう協力を求めています。

件の『名探偵ブロクと秘密の依頼』は122件のユーザーレビュー中99%に好評とかなりの高評価。作者自身も「キュレーターのレビューが実際に売上に影響を与えるかどうかはわかりませんが (おそらく影響はないでしょう)、率直に言って気にしません。」と語っています。

80~90年代アニメ風推理アクションADV『名探偵ブロクと秘密の依頼』は、WindowsPC向けにSteamにて発売中です。日本語字幕にも対応となっていますので、興味を持たれた方は遊んでみてはいかがでしょうか。

※UPDATE(2022/9/1 20:59):一部、訳について修正し、再公開しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。


GTRACING ゲーミングチェア ブルー GT002
¥18,600
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《焦生肉》

ゲームに関わって飯食いたい 焦生肉

ストーリー重視でゲームをプレイするけどシステムも特徴がないとイヤ!なわがままゲーマー。わがままなくせにコンプリート癖もある上つまみ食いも大好きなので積みゲーが溜まる溜まる。ゲームで飯を食うことを夢見てたらほんとにそんな機会に恵まれた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 高評価レビュー投稿者にSteamキー配布か?インディーパブリッシャーBD GamesがSteamからBAN…『バイオプロトタイプ』や『アーティファクト・シーカー』がプレイ不可に

    高評価レビュー投稿者にSteamキー配布か?インディーパブリッシャーBD GamesがSteamからBAN…『バイオプロトタイプ』や『アーティファクト・シーカー』がプレイ不可に

  2. Paradox自身ゲームの出来に満足していたはずなのに―開発中止の生活シム『Life by You』元開発者、法的措置覚悟の必死の告発

    Paradox自身ゲームの出来に満足していたはずなのに―開発中止の生活シム『Life by You』元開発者、法的措置覚悟の必死の告発

  3. 【PC版無料配布開始】ドーナツ工場パズル『Freshly Frosted』本編&最大20人の対戦乱闘『Rumble Club』インゲームアイテム―Epic Gamesストアにて

    【PC版無料配布開始】ドーナツ工場パズル『Freshly Frosted』本編&最大20人の対戦乱闘『Rumble Club』インゲームアイテム―Epic Gamesストアにて

  4. 『真・女神転生V Vengeance』発売3日で販売50万本突破!無印と合わせて160万本以上を売り上げる

  5. リメイク版『デモンズソウル』開発元のBluepoint Gamesは今もオリジナル作品を開発中―レイオフ続きもリメイク・リマスターの名手が送る新作は継続

  6. 『逆転裁判』シリーズもお買い得!カプコンの人気タイトルがセール対象になった「CAPCOM JUNE SALE」が開催

  7. ポルトガル商人が封建時代日本で富を求めるゲームボーイ風ADV『Rota: Kurofune』リリース!

  8. 2024年8月、ドイツの「gamescom 2024」ジャパンブースへ『ウィザードリィ外伝 五つの試練』を含む3タイトルが出展決定―経産省の国産インディーゲーム海外展開支援施策

  9. 初代『バイオハザード』オリジナル版がPCに再び?海外レーティングページに掲載

  10. ついにベールを脱いだ『メトロイドプライム4』!サムスの戦いを振り返る2作品の30%オフセールが実施中

アクセスランキングをもっと見る

page top