『グランツーリスモ7』最新アップデート「1.23」9月29日配信―各地の最速記録を塗り替えたフォルクスワーゲンのプロトタイプEVなどを追加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『グランツーリスモ7』最新アップデート「1.23」9月29日配信―各地の最速記録を塗り替えたフォルクスワーゲンのプロトタイプEVなどを追加

新規車両3台とスケープス特集2ヶ所を追加。

家庭用ゲーム PS5
『グランツーリスモ7』最新アップデート「1.23」9月29日配信―各地の最速記録を塗り替えたフォルクスワーゲンのプロトタイプEVなどを追加
  • 『グランツーリスモ7』最新アップデート「1.23」9月29日配信―各地の最速記録を塗り替えたフォルクスワーゲンのプロトタイプEVなどを追加
  • 『グランツーリスモ7』最新アップデート「1.23」9月29日配信―各地の最速記録を塗り替えたフォルクスワーゲンのプロトタイプEVなどを追加
  • 『グランツーリスモ7』最新アップデート「1.23」9月29日配信―各地の最速記録を塗り替えたフォルクスワーゲンのプロトタイプEVなどを追加
  • 『グランツーリスモ7』最新アップデート「1.23」9月29日配信―各地の最速記録を塗り替えたフォルクスワーゲンのプロトタイプEVなどを追加
  • 『グランツーリスモ7』最新アップデート「1.23」9月29日配信―各地の最速記録を塗り替えたフォルクスワーゲンのプロトタイプEVなどを追加
  • 『グランツーリスモ7』最新アップデート「1.23」9月29日配信―各地の最速記録を塗り替えたフォルクスワーゲンのプロトタイプEVなどを追加
  • 『グランツーリスモ7』最新アップデート「1.23」9月29日配信―各地の最速記録を塗り替えたフォルクスワーゲンのプロトタイプEVなどを追加
  • 『グランツーリスモ7』最新アップデート「1.23」9月29日配信―各地の最速記録を塗り替えたフォルクスワーゲンのプロトタイプEVなどを追加

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PS5/PS4向けリアルドライビングシミュレーター『グランツーリスモ7』の最新アップデートを2022年9月29日15時に配信します。

アップデートでは新規収録車種として、各地の最速記録を塗り替えたプロトタイプEV「フォルクスワーゲン ID.R '19」のほか「日産 シルビア K's Type S(S14) '94」「ポルシェ Vision Gran Turismo Spyder」の3車両が登場。また、スケープスにも新たなコンテンツが登場します。

『グランツーリスモ7』2022年9月アップデート(1.23)

■新規追加車両

◆フォルクスワーゲン ID.R '19

※ブランドセントラルで購入可能

各地の最速記録を塗り替えたプロトタイプEV

地球規模の気候変動が危惧される中、自動車産業は二酸化炭素の排出量を削減しようと、パワートレインの電動化を進めています。フォルクスワーゲンはこの問題にいち早く取り組んできた企業のひとつですが、2020年にEV専業ブランド「ID.」を立ち上げる際、電気自動車の可能性の象徴となるロールモデルを作ろうと考えました。

こうして生まれたのがプロトタイプレーシングカー「ID.R」です。

「ID.R」のボディは炭素繊維で作られ、車体前後にはダウンフォースを生む巨大なウィングが備わります。全長はおよそ5.2mと大柄ですが、車重は1,100kg以下に抑えられ、2基のモーターが前後輪を駆動する4WDというしつらえです。最高出力は500kW(680PS)/650Nm(66kgfm)を誇り、0-100km/h加速はわずか2.25秒。内燃機関を積むレースカーと比べてもまったく引けを取らないパフォーマンスです。

◆日産 シルビア K's Type S(S14) '94

※ユーズドカーで購入可能

ワイドボディでラグジュアリーさを強めたシルビアの第6世代

1993年10月、大ヒットを記録したS13型シルビアの後継車として誕生したS14型は、3ナンバーボディにサイズを拡大することで、その人気の継続を図ろうとしました。

「S14」の全幅は、S13の1,690mmに対して1,730mmとなり、これにあわせてトレッドも拡大。全長はプラス30mmの4,500mm、全高はプラス5mmの1,295mmと大きなサイズアップはないが、全体のボディラインがソフトになったためか、幅広感が強調されています。

エンジンは「S13」に搭載していたSR20系をブラッシュアップして搭載。トップグレードのK'sには15PSパワーアップした220PS/28kgfmのインタークーラーターボ、Q'sとJ'sには160PS/19kgfmのNAが搭載されています。サスペンション構成も基本的にはS13を踏襲し、フロントがストラット、リアがマルチリンク。電動スーパーHICASモデルも用意されました。

◆ポルシェ Vision Gran Turismo Spyder

※ブランドセントラルで購入可能

スポーツカーの未来に向けてポルシェが放ったモダンで大胆な意思表明

1948年の「356」以来、エレガントで革新的なスポーツカーを作り続け、プレミアム自動車メーカーとして不動の地位にあるポルシェ。そのクルマ作りはパワーだけではなく、合理的なパワートレインと色あせないデザインを組み合わせることで行なわれてきました。

「ポルシェ ビジョン グランツーリスモ」は、その伝統を継承しつつ、スポーツカーの未来に向けて発信された大胆な意思表明です。ポルシェの歴史を飾るマシン、「919」や「タイカン」のスピリッツなどが融合した、超高性能ライトウェイトスポーツカーです。

デュアルエレクトリックエンジンは820kW(1,114PS)のシステム出力と1,090Nm(111kgfm)の最高トルクを発揮し、独創的なアクティブエアロシステムが走行状況に反応して最高のパフォーマンスを発揮します。


■スケープス 特集追加

◆カリフォルニア II

◆東京 II


『グランツーリスモ7』の最新アップデートは、2022年9月29日15時配信予定です。


【PS5】グランツーリスモ7
¥3,657
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《Mr.Katoh》

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Stellar Blade』はすべての国で無修正版を提供する―公式Xが明言、同業者には戸惑いも

    『Stellar Blade』はすべての国で無修正版を提供する―公式Xが明言、同業者には戸惑いも

  2. リメイク版『ペーパーマリオRPG』紙の体を活かした探索や個性豊かな仲間たちを紹介するトレイラー公開―スイッチで再び紙の世界の冒険へ

    リメイク版『ペーパーマリオRPG』紙の体を活かした探索や個性豊かな仲間たちを紹介するトレイラー公開―スイッチで再び紙の世界の冒険へ

  3. 当時のギリギリ表現そのまま!PS名作『ドカポン!怒りの鉄剣』スイッチでリマスター決定―オンライン対応や倍速機能も追加

    当時のギリギリ表現そのまま!PS名作『ドカポン!怒りの鉄剣』スイッチでリマスター決定―オンライン対応や倍速機能も追加

  4. 特注フィギュアやモーションコミックで盛り上がる『Stellar Blade』のパッケージに隠された秘密とは…?

  5. 世界のGOTY総なめ!『バルダーズ・ゲート3』PS5版初セール実施―5月8日まで10%オフ

  6. 後ろ姿も美し過ぎる『Stellar Blade』特製イヴ1/4フィギュアが完成!発売日イベントでお披露目へ

  7. 『メガトン級ムサシW』PS4/PS5版プレオーダー開始―特典に限定機体「ヤタブシ」とアーリーアクセス

  8. 箱庭ライフSLG『ワールドネバーランド エルネア王国の日々』スイッチ版に最新アップデートパッチ配信―新機能追加や不具合修正、邸宅購入のためのサポートミッション追加など

  9. 『Rise of the Ronin』武技全般の性能が上方修正!壁際での戦闘におけるカメラの修正も

  10. ダイス振って街を発展!オンラインで楽しめる世界的ボドゲ『みんなと街コロ』スイッチ版が7月5日発売決定【Indie World 2024.4.17】

アクセスランキングをもっと見る

page top