海外との価値観の差?国内では普通に売ってる『CHAOS;HEAD NOAH』、販売認められずSteam発売中止に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外との価値観の差?国内では普通に売ってる『CHAOS;HEAD NOAH』、販売認められずSteam発売中止に

海外では署名活動も。

ニュース ゲーム業界
海外との価値観の差?国内では普通に売ってる『CHAOS;HEAD NOAH』、販売認められずSteam発売中止に
  • 海外との価値観の差?国内では普通に売ってる『CHAOS;HEAD NOAH』、販売認められずSteam発売中止に
  • 海外との価値観の差?国内では普通に売ってる『CHAOS;HEAD NOAH』、販売認められずSteam発売中止に
  • 海外との価値観の差?国内では普通に売ってる『CHAOS;HEAD NOAH』、販売認められずSteam発売中止に
  • 海外との価値観の差?国内では普通に売ってる『CHAOS;HEAD NOAH』、販売認められずSteam発売中止に

スパイク・チュンソフトは、10月8日に配信を予定していた『CHAOS;HEAD NOAH』Steam版の配信が急遽取りやめになったことを明らかにしました

公式発表文によると、Steamでのリリースにはガイドラインに基づき内容の変更が必要となり、ゲームの基準を満たすことができなくなるため発売を取りやめにしたといいます。海外ニンテンドースイッチ版は予定通り発売されますが、PC版は別の販売方法を検討中で、詳細が決まり次第正式発表を行うとのことです。

本作は、2008年に発売された『CHAOS;HEAD』に追加要素を加えたコンソール版。引きこもり一歩手前の高校2年生、西條拓巳をはじめとした、妄想を現実に変えられる能力を持つ少年少女が陰謀に立ち向かう物語が展開されます。

初めにXbox 360向けにリリースされた後、PSP/PS Vita/PS3/ニンテンドースイッチ/iOS/Androidなどに配信されています。『STEINS;GATE』などで知られる「科学アドベンチャーシリーズ」の第1弾作品です。

画像はニンテンドースイッチ版
画像はニンテンドースイッチ版

本作の特徴として「妄想トリガー」と呼ばれるシステムがあげられ、妄想することでストーリーが分岐。中には性的なものや暴力的・グロテスクなシーンが含まれています。Steam版が配信中止になった理由について詳しくは明かされていませんが、未成年(高校生)のキャラクターが凄惨なシーンや性的なシーンに登場することがSteamのガイドラインに抵触したため、変更を求められたと考えられます。

なお、国内のXbox 360、PS Vita、スイッチ版はCERO区分Z(18歳以上のみ対象)で販売。PSP/PS3版は表現規制が行われているほか、スイッチ版はCERO:Zにもかかわらず、一部シーンがオミットされたPSP/PS3版準拠であるとの報告もされています。

画像はニンテンドースイッチ版
画像はニンテンドースイッチ版

署名活動サイト「Change.org」ではValveに対し、本作の配信を認めるように求める活動が実施中。この署名の中ではスイッチ版はレーティング機構であるESRBをMature(17歳以上)、PEGIを18+で通過しているほか、GameStopやWal-Martといった小売店でも販売を決定している中で、Steamが唯一そのままでの販売を拒否していることに異議を唱えています。また、同社に対し「アニメスタイルのコンテンツをリリースする際、基準が一貫していない」「不当なビジュアルノベル禁止令」と審査基準を批判しました。

なお、8月にGame*Sparkで公開したValveのスタッフに対するインタビューの中では、以前から散見されるこのような事例に関して以下のようなコメントがされていました。

ーーSteam Directで広範に様々なデベロッパーの作品をSteamに送り出せる仕組みは整いました。一方で、日本の多くのデベロッパーが同じ内容であっても海外パブリッシャーからは問題なく出せて、日本のパブリッシャーではリジェクト・BANをされているような不公平が生じています。こうした問題について、言語間でのミスコミュニケーションの可能性なども鑑みて、BANされてしまった日本のタイトルになんらかの救済が行われる可能性はないのでしょうか。

Tom氏:勿論文化の違いもあり理解の違いもありますが、対象のゲームを世の中に出して、(我々やデベロッパーが)訴えられないかどうかも考える必要があります。もしリジェクトやBANが行われた場合は、我々に連絡して頂ければ、細かな連絡を取りながら文化的・言語間のミスコミュニケーションが原因なのかを話し合うことが可能です。

「Steamの裏話」から待望の続編の話まで!Valve単独インタビュー延長戦!

※UPDATE(2022/10/3 14:35):発表を国内向けのものに差し替え、別件のインタビューにおけるValveのコメントを追加しました。


Razer Kraken Green ゲーミングヘッドセット RZ04-02830200-R3M
¥6,480
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《みお》
みお

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『スト6』予約開始記念!名作ACT『Capcom Arcade Stadium:ファイナルファイト』を2022年12月12日まで期間限定で無料配布中

    『スト6』予約開始記念!名作ACT『Capcom Arcade Stadium:ファイナルファイト』を2022年12月12日まで期間限定で無料配布中

  2. 20周年特番後の「気長にお待ち下さい」から5年…フロムの小倉康敬氏が『ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON』発表で約束を果たしたことを報告

    20周年特番後の「気長にお待ち下さい」から5年…フロムの小倉康敬氏が『ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON』発表で約束を果たしたことを報告

  3. 今年のGOTYは『ELDEN RING』!その他「The Game Awards 2022」受賞作品もひとまとめ【TGA2022】

    今年のGOTYは『ELDEN RING』!その他「The Game Awards 2022」受賞作品もひとまとめ【TGA2022】

  4. 『デススト』続編!小島監督新作『DEATH STRANDING 2』PS5向けで発表―トレイラーに隠されたヒントとは【TGA2022】

  5. ユービーアイソフトの「トム・クランシー」シリーズのライターが20年以上務めていた開発スタジオの退社を発表

  6. 日本で買えないSteam版『The Callisto Protocol』購入の“抜け道”が発見されるも、対策される

  7. 果たして今後はどうなる?「まだ『ELDEN RING』でやりたいことはある」GOTY受賞の宮崎英高氏が語る

  8. 『デススト』『アーマード・コア』新作も!「The Game Awards 2022」発表内容ひとまとめ

  9. 「楽天」でニンテンドースイッチ(有機ELモデル)が、まさかの50%オフ!ただし3台限定、鬼畜を極めた“無理ゲー”状態に

  10. ライアットゲームズが『VALORANT』を模倣したとして中国企業「NetEase」を提訴―具体的な模倣デザインも明かされる

アクセスランキングをもっと見る

page top