世界最大級のエンタメゲーミングフェスが日本上陸!「DreamHack Japan」2023年開催決定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

世界最大級のエンタメゲーミングフェスが日本上陸!「DreamHack Japan」2023年開催決定

スウェーデンの小さなLANパーティから生まれ、年々その規模を拡大しつづけるエンタメゲーミングフェス「DreamHack」が遂に日本で開催決定!

ゲーム文化 イベント
世界最大級のエンタメゲーミングフェスが日本上陸―「DreamHack Japan」2023年開催決定!
  • 世界最大級のエンタメゲーミングフェスが日本上陸―「DreamHack Japan」2023年開催決定!
  • 世界最大級のエンタメゲーミングフェスが日本上陸―「DreamHack Japan」2023年開催決定!
  • 世界最大級のエンタメゲーミングフェスが日本上陸―「DreamHack Japan」2023年開催決定!
  • 世界最大級のエンタメゲーミングフェスが日本上陸―「DreamHack Japan」2023年開催決定!
  • 世界最大級のエンタメゲーミングフェスが日本上陸―「DreamHack Japan」2023年開催決定!
  • 世界最大級のエンタメゲーミングフェスが日本上陸―「DreamHack Japan」2023年開催決定!

DreamHack Japan実⾏委員会は、eスポーツをはじめ、⾳楽ライブ、ゲームやアニメなどのコンテンツ、新しいプロダクトの展⽰などを複合的に展開する「DreamHack」を2023年に⽇本で開催することを発表しました。

「DreamHack」とは、LANパーティやeスポーツのトーナメントなどが行われる、世界で年間35万⼈以上の動員実績を誇る世界最大規模のエンタメフェスティバルです。思い思いのデバイスやPCを持ち込んでゲームを遊び倒すLANパーティだけでなく、古くには『Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』や『レインボーシックスシージ』、『大乱闘スマッシュブラザーズ』などの大会、コスプレコンテストや音楽ライブイベントなど、多様なサブカルチャーがひとつのお祭りとして開催されてきました。

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント・SL FACEIT Group・株式会社STARBASEで構成されたDreamHack Japan実⾏委員会によって、東アジア圏で初となる日本開催が決定しました。開催⽇程、会場などの概要は、後⽇公式サイト・公式SNSにて発表されるとのこと。

「DreamHack Japan」 ティザーサイト http://dreamhackjapan.com/
公式Twitter https://twitter.com/DreamHackJapan
公式Instagram https://www.instagram.com/dreamhackjapan/
「DreamHack」公式サイト https://dreamhack.com/

世界最大級のエンタメゲーミングフェスが日本上陸―「DreamHack Japan」2023年開催決定!

《Okano@RUGs》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  3. 天才赤ちゃんゲーム開発者爆誕!?インディー開発者が投稿した1枚の写真が思わぬ大喜利に発展

    天才赤ちゃんゲーム開発者爆誕!?インディー開発者が投稿した1枚の写真が思わぬ大喜利に発展

  4. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  5. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  6. 堀井雄二氏が『ドラクエ3リメイク』をテストプレイしていることを明かす…2年半続報なくも開発は進んでいる模様

  7. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  8. こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

  9. 壮大なメインストーリーの裏で、ちまちま植物採集…オープンワールドあるある?ネタに共感する海外ゲーマー

  10. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

アクセスランキングをもっと見る

page top