ヤーナムを巨大エンジン搭載の爆速車イスで走りぬける!二次創作レースゲー『Bloodborne Kart』に「ゲールマン」参戦 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ヤーナムを巨大エンジン搭載の爆速車イスで走りぬける!二次創作レースゲー『Bloodborne Kart』に「ゲールマン」参戦

BGMには原作プレイヤーであればピンとくるあの楽曲の、レースゲーム風アレンジが使用されています。

ゲーム文化 カルチャー
ヤーナムを巨大エンジン搭載の爆速車イスで走りぬける!二次創作レースゲー『Bloodborne Kart』に「ゲールマン」参戦
  • ヤーナムを巨大エンジン搭載の爆速車イスで走りぬける!二次創作レースゲー『Bloodborne Kart』に「ゲールマン」参戦
  • ヤーナムを巨大エンジン搭載の爆速車イスで走りぬける!二次創作レースゲー『Bloodborne Kart』に「ゲールマン」参戦
  • ヤーナムを巨大エンジン搭載の爆速車イスで走りぬける!二次創作レースゲー『Bloodborne Kart』に「ゲールマン」参戦
  • ヤーナムを巨大エンジン搭載の爆速車イスで走りぬける!二次創作レースゲー『Bloodborne Kart』に「ゲールマン」参戦

個人デベロッパーのLilith Walther氏は、二次創作レースゲーム『Bloodborne Kart』への「ゲールマン」参戦を発表しました。

『Bloodborne Kart』は名作死にゲーアクション『Bloodborne』を題材としたレースゲームです。作者のWalther氏は同作の初代PS風デメイク作品である『Bloodborne PSX』でも、そのクオリティの高さで話題を呼んでいました。

今回の発表では、原作序盤から登場する狩人の助言者「ゲールマン」が参戦することが明かされました。原作同様車椅子に座っての登場ですが、その後ろには見慣れない巨大なエンジンが搭載。公開された動画ではホイールを軽快に回して、高笑いを挙げながら爆走する姿が確認できます。

ドリフトの際に片輪を手で止めている所まで描写されており、前作に負けない作りこみが期待できそうです。またBGMには、原作のプレイヤーであればピンとくる、あの楽曲のレースゲーム風アレンジが使用されています。

最後に本作のプレイ映像を紹介してから現在に至るまで開発の方はかなり進行した様子で、ゲームマップにスピードメーターといったUIや、ゲーム内の武器で対戦相手やコース上の敵を攻撃できるアイテムも多数追加。さらにガスコイン神父や人形といった人気キャラクターもレーサーとして実装され、それぞれマッシブなバイクゲーム内に登場した馬車を駆って爆走する姿は迫力満点です。

『Bloodborne Kart』の公開時期等は未だ不明です。最新のアップデートは、Lilith Walther氏のTwitterをご覧ください。


Bloodborne Official Artworks
¥3,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
【PS4】Bloodborne PlayStation Hits
¥1,718
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《焦生肉》

ゲームに関わって飯食いたい 焦生肉

ストーリー重視でゲームをプレイするけどシステムも特徴がないとイヤ!なわがままゲーマー。わがままなくせにコンプリート癖もある上つまみ食いも大好きなので積みゲーが溜まる溜まる。ゲームで飯を食うことを夢見てたらほんとにそんな機会に恵まれた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  3. こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

    こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

  4. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  5. 壮大なメインストーリーの裏で、ちまちま植物採集…オープンワールドあるある?ネタに共感する海外ゲーマー

  6. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  7. 【週刊トレハン】「歯ブラシでDOOMが動く」2024年2月25日~3月2日の秘宝はこれだ!

  8. 天才赤ちゃんゲーム開発者爆誕!?インディー開発者が投稿した1枚の写真が思わぬ大喜利に発展

  9. 堀井雄二氏が『ドラクエ3リメイク』をテストプレイしていることを明かす…2年半続報なくも開発は進んでいる模様

  10. もう疲れちゃって 全然動けなくてェ…『ゼルダの伝説 ティアキン』「旅コログ」のぬいぐるみが本日29日発売!

アクセスランキングをもっと見る

page top