“IKEAホラー”と評されたインディーゲームに本家IKEAが警告―『The Store is Closed』舞台となる店舗を問題視 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“IKEAホラー”と評されたインディーゲームに本家IKEAが警告―『The Store is Closed』舞台となる店舗を問題視

青い箱型建物に黄色で描かれた店舗名は「STYR」ですが、問題があるとみなされたようです。

ニュース ゲーム業界
“IKEAホラー”と評されたインディーゲームに本家IKEAが警告―『The Store is Closed』舞台となる店舗を問題視
  • “IKEAホラー”と評されたインディーゲームに本家IKEAが警告―『The Store is Closed』舞台となる店舗を問題視
  • “IKEAホラー”と評されたインディーゲームに本家IKEAが警告―『The Store is Closed』舞台となる店舗を問題視
  • “IKEAホラー”と評されたインディーゲームに本家IKEAが警告―『The Store is Closed』舞台となる店舗を問題視
9月に公開されたトレイラー

ソロインディーデベロッパーZiggyが手掛けるサバイバルホラー『The Store is Closed』が、スウェーデン発の家具店IKEA(イケア)から警告を受けたと海外メディアKotakuなどが報じています。

The Store is Closed』は11月4日までKickstarterにてクラウドファンディングも実施されている家具店を舞台としたオンラインCo-opサバイバルホラー。怪物がうろつく閉店後の大型家具店で、素材を集めてクラフトや拠点建築をしながら生き残りと脱出を目指すという内容です。

Steamストアページでは、「infinite furniture store」とされるこのゲーム内の家具店がIKEAの商標権を侵害しているとして、同社の代理人弁護士から変更を求める停止通告書が送られたと、ZiggyのJacob Shaw氏が明らかにしています。なおSteamストアページおよびKickstarterキャンペーンページのどちらにも“IKEA”という言葉は使われていませんが、メディア(THEGAMERPCGamesNなど)によって記事として取り上げられた際に「IKEAを舞台とした」や「IKEAホラーゲーム」とされたことが問題視されたようです。

具体的にShaw氏が指摘されたのは、青色と黄色が使われたスカンジナビア語の店名、青い箱型の建物、縦じまの黄色い制服、フロアの灰色の道、IKEAの家具に似た家具、IKEAの看板に似た製品看板であり、これらを10日以内に変更するよう求められたとのことです。

なおShaw氏はゲーム内の家具は一般的な家具のアセットを使っていることや、フロアの灰色の道や看板も一般的なものであると異議を唱えていますが、反論するにも費用がかかるために従うしかないとKotakuなどに対して述べています。同氏はアルファテスター向けのアップデート準備に費やすつもりだったKickstarter最後の1週間を、ゲーム内にあるものの外観変更に当てることになるともしています。


《いわし》
いわし

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 女性ゲーマーの受ける暴言の実態とは…海外団体調査で男性がボイスチェンジャーでゲームプレイ、パフォーマンスが低下する結果に

    女性ゲーマーの受ける暴言の実態とは…海外団体調査で男性がボイスチェンジャーでゲームプレイ、パフォーマンスが低下する結果に

  2. Discordで「ツ」や「ノ」のフォントがおかしくなる現象発生―原因は新フォントの採用、現在はほぼ解消

    Discordで「ツ」や「ノ」のフォントがおかしくなる現象発生―原因は新フォントの採用、現在はほぼ解消

  3. 戦争のプロパガンダに利用されたくはない…フェイクニュースへの相次ぐ悪用に軍事シム『Arma 3』開発がついに声明、「フェイクの見分け方」も公開

    戦争のプロパガンダに利用されたくはない…フェイクニュースへの相次ぐ悪用に軍事シム『Arma 3』開発がついに声明、「フェイクの見分け方」も公開

  4. ロボゲーファン必見?ミッション40以上&フルボイスのメカゲーが開発中!低価格での販売を予定

  5. Steamで非常に好評の『Raft』ゲーム機版発売決定!イカダを広げて海をゆく一味違うサバイバル

  6. Amazonで「Meta Quest 2」を購入すると最大1万円ポイントバック!12月1日までお得な特別キャンペーン開催中

  7. ドレッドウルフは誰だ?『Dragon Age: Dreadwolf』ゲーム内に含まれる新規ストーリー映像が公開!

  8. 【コスプレ】『原神』夜幕甘雨が太陽の光で輝く美しさ!注目レイヤー・零崎沙耶【写真14枚】

  9. 『Bloodborne』プロデューサー山際眞晃氏がSIEジャパンスタジオ退職へ―今後もゲーム制作は継続

  10. PCで実行できるものであれば、ほとんど何でもできる―「Steam Deck」はSteam以外のゲームランチャーにも対応!

アクセスランキングをもっと見る

page top