『コール オブ デューティ ウォーゾーン 2.0』Steamストアページが公開―要求スペックは『MW2』同等 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『コール オブ デューティ ウォーゾーン 2.0』Steamストアページが公開―要求スペックは『MW2』同等

『ウォーゾーン2.0』は11月17日リリース予定です。

PC Windows
『コール オブ デューティ ウォーゾーン 2.0』Steamストアページが公開―要求スペックは『MW2』同等
  • 『コール オブ デューティ ウォーゾーン 2.0』Steamストアページが公開―要求スペックは『MW2』同等
  • 『コール オブ デューティ ウォーゾーン 2.0』Steamストアページが公開―要求スペックは『MW2』同等
  • 『コール オブ デューティ ウォーゾーン 2.0』Steamストアページが公開―要求スペックは『MW2』同等
  • 『コール オブ デューティ ウォーゾーン 2.0』Steamストアページが公開―要求スペックは『MW2』同等
  • 『コール オブ デューティ ウォーゾーン 2.0』Steamストアページが公開―要求スペックは『MW2』同等

Activisionは、『コール オブ デューティ ウォーゾーン 2.0』のSteamストアページを公開しました。

Steamストアページ公開によって必要なシステム要件なども明らかになりました。推奨として記載されているグラフィックカードは「NVIDIA GeForce GTX 1060」「AMD Radeon RX 580」であり、その他の要件も全て、先んじてリリースされた『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』と同等です。

必要ストレージまでも同じく「125GB」と記載されていますが、実際にゲームをプリロードしようとすると、ゲーム名は『MW2』で必要なディスク領域が「23.76GB」と表示されます。また、公式Twitter上で「MW2の購入を促されることがあるが、Warzone2.0を体験するのには必要ない」といった旨のアナウンスもされています。

PC版の『旧ウォーゾーン』はBattle.netで配信されていましたが、今後はプラットフォームの選択肢が増えた形となります。


《kaiware》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『パルワールド』重大な不具合修正のアップデート配信―全パルの与えるダメージが半減していた問題など

    『パルワールド』重大な不具合修正のアップデート配信―全パルの与えるダメージが半減していた問題など

  2. 実写ドラマ「フォールアウト」ルーシーの愛銃を『Fallout 4』に追加するModが公開!エネルギーブラスターに改造も可能

    実写ドラマ「フォールアウト」ルーシーの愛銃を『Fallout 4』に追加するModが公開!エネルギーブラスターに改造も可能

  3. MSIがAMD次世代CPU「Ryzen 9000」シリーズ対応のBIOS配信―着々と迫る新CPUの足音

    MSIがAMD次世代CPU「Ryzen 9000」シリーズ対応のBIOS配信―着々と迫る新CPUの足音

  4. ゲームだけど撃つのはエアガン―サバゲーシム『Airsoft Online』Steamページ公開、BB弾のホップアップ弾道も再現のこだわりリアルさ

  5. 『オリとくらやみの森』開発元が手がける新作アクションRPG『No Rest for the Wicked』最新トレイラー!

  6. キャラメイクで“飼い猫”を再現するプレイヤーも?『FF14 黄金のレガシー』ベンチマークソフト公開で、新種族「ロスガル族女性」が猫っぽいと話題

  7. 鉄道網を広げて都市を発展させる街づくりシム『Sweet Transit』4月22日正式リリース!

  8. 日本舞台の走り屋レースゲー無料プロローグ版『JDM: Rise of the Scorpion』発表!長距離山道エリア開放でこの夏熱く響くドライビング…!

  9. 大規模対戦WWIIシューター『Project 1942』Steamストアページが公開―陸海空で激戦を繰り広げる『BF1942』ライク

  10. 13世代・14世代インテルハイエンドCPUで負荷によりVRAMエラー発生の不具合継続中―i7も対象か?

アクセスランキングをもっと見る

page top