『DOOM Eternal』作曲家の告発にベセスダが声明「一方的かつ不当な説明」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『DOOM Eternal』作曲家の告発にベセスダが声明「一方的かつ不当な説明」

なお、ファンには関係者に対し攻撃を控えるよう呼び掛けています。

ニュース ゲーム業界
『DOOM Eternal』作曲家の告発にベセスダが声明「一方的かつ不当な説明」
  • 『DOOM Eternal』作曲家の告発にベセスダが声明「一方的かつ不当な説明」
  • 『DOOM Eternal』作曲家の告発にベセスダが声明「一方的かつ不当な説明」
  • 『DOOM Eternal』作曲家の告発にベセスダが声明「一方的かつ不当な説明」
  • 『DOOM Eternal』作曲家の告発にベセスダが声明「一方的かつ不当な説明」
本件の詳細な経緯に関しては、こちらの記事もあわせてご覧ください。
『DOOM Eternal』音楽の半分以上の支払いを受けていない─作曲家Mick Gordon氏が“最後の手段”として長文ブログ公開

ベセスダ・ソフトワークス(ベセスダ)はTwitterにて、『DOOM Eternal』のサウンドデザイナーであるMichael John Gordon(Mick Gordon)氏公開した、idSoftwareのスタジオディレクター・Marty Stratton氏ならびにリードオーディオデザイナー・Chad Mossholder氏に関する告発について、「取り返しのつかないプロフェッショナルな関係における一方的かつ不当な説明」であり、「両名に対し誤った表現をしている」と声明を出しました。

2020年5月、Stratton氏は『DOOM Eternal Collector’s Edition』付属のサウンドトラックに関し、Gordon氏が編集した楽曲が12曲のみであった事実に対し、ファンの間で飛び交っていたidSoftwareが同氏に“より良いものを提供するための時間やクリエイティブな自由が与えられていなかった”とする憶測や批判などを否定する投稿を海外掲示板Redditに投稿。「開発中のDLCでMick(Gordon)と一緒に作業することはない」と同氏の楽曲を採用しない意向を示していました。

上述の約2年半後となる2022年11月、Gordon氏はStratton氏が「『DOOM Eternal』サウンドトラックを取り巻く状況について嘘をつき、偽情報をほのめかし、その失敗を完全に私のせいにした」と、個人ブログで当時の詳細と共に前述の投稿に反論し、共同アーティストとしてクレジットされているMossholder氏が作曲等は行っておらず、実際には“完成した音楽のコピー&ペースト”または“(楽曲の)ファイル名を変更しただけ”である点や、“本作で使用された音楽の半分以上の報酬を受けとっていない”ことなどを明かしています。

そして11月17日、本作パブリッシャーのベセスダは「本件の経緯やあらゆる詳細を把握している」として、Stratton氏、Mossholder氏、そしてidSoftwareのチームを支持することを主張。「真実の歪曲や、一部だけを切り取った“事実”を受け入れない」といい、「完全に文書化された証拠を必要に応じて適切な場で開示する準備ができている」ことを説明しました。

また声明文を締めるにあたり、ファンにはGordon氏の説明に基づいて結論を出さず、同氏やStratton氏、そしてMossholder氏への攻撃を控えるよう呼び掛けています。


《ケシノ》

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. PS5累計販売台数は5,600万台突破!累計プレイ時間も増加で、PS4から移行の流れ続くか

    PS5累計販売台数は5,600万台突破!累計プレイ時間も増加で、PS4から移行の流れ続くか

  2. SIEが年末商戦期に主力シングルプレイ作品を毎年1本以上発売へ―予算控えめで革新性アピールの「実験的タイトル」ラインも別途展開予定

    SIEが年末商戦期に主力シングルプレイ作品を毎年1本以上発売へ―予算控えめで革新性アピールの「実験的タイトル」ラインも別途展開予定

  3. 『マインクラフト』生みの親Notch氏新作ローグライクダンジョン探索ゲーム『Levers and Chests』ボクセルアートが目を惹く新たなスクリーンショット公開

    『マインクラフト』生みの親Notch氏新作ローグライクダンジョン探索ゲーム『Levers and Chests』ボクセルアートが目を惹く新たなスクリーンショット公開

  4. ベセスダ親会社の日本法人、ゼニマックス・アジア6月もって閉鎖か―人事部長の書き込みから浮上

  5. 『PUBG』のKRAFTONなどに韓国公取委からの調査―ガチャ確率の公表値との正確性めぐり

  6. Steam“おま国”解禁の「ドラゴンボール」ゲーの同時接続プレイヤー数はその後……

  7. 『Kerbal Space Program 2』開発元の行く末にやはり暗雲が…親会社CEOは閉鎖否定も社員のレイオフが開始へ

  8. シリーズ最新作『Call of Duty: Black Ops 6』最新実写トレイラー「The Truth Lies」公開!リリース初日にXbox Game Pass追加も決定

  9. もし“終わった”シリーズ作品を復活させられるなら……思い浮かべたものは?

  10. 『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

アクセスランキングをもっと見る

page top