ユービーアイついにSteam復帰!『アサシン クリード ヴァルハラ』など3タイトルがSteam配信へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ユービーアイついにSteam復帰!『アサシン クリード ヴァルハラ』など3タイトルがSteam配信へ

およそ3年以上ぶりの復帰に!

ニュース ゲーム業界
ユービーアイついにSteam復帰!『アサシン クリード ヴァルハラ』など3タイトルがSteam配信へ
  • ユービーアイついにSteam復帰!『アサシン クリード ヴァルハラ』など3タイトルがSteam配信へ
  • ユービーアイついにSteam復帰!『アサシン クリード ヴァルハラ』など3タイトルがSteam配信へ
  • ユービーアイついにSteam復帰!『アサシン クリード ヴァルハラ』など3タイトルがSteam配信へ
  • ユービーアイついにSteam復帰!『アサシン クリード ヴァルハラ』など3タイトルがSteam配信へ

ユービーアイソフトは、これまでEpic GamesストアやUbisoft Storeでのみ配信されていた『アサシン クリード ヴァルハラ』など3タイトルをSteam向けにリリースすることを明かしました。

ユービーアイソフトは2019年発売の『Trials Rising』や『アサシン クリードIII リマスター』を最後に自社のPCゲームをSteamで配信することをやめ、競合ストアであるEpic Gamesストアや自社プラットフォームUbisoft Connectでのみ配信していました。そのため、のタイトルはSteam上ではリリースされていません。

そんな中、『アサシン クリード ヴァルハラ』『Anno 1800』『Roller Champions』の3タイトルがSteamにて配信することが決定(Eurogamer紙が確認)。再びSteamでユービーアイソフトのタイトルを楽しめるようになった形です。『アサシン クリード ヴァルハラ』は12月7日にリリースされます。

また、『ヴァルハラ』のプレイにUbisoft Connectのランチャーが不要になる可能性があります。『レインボーシックス シージ』などで確認できる「ランチャーが必要」という注意書きは同作のストアページには存在せず、Ubisoftアカウントが必要であることだけが記載されています。もちろん、記載側の不備の可能性があり、今後該当部分が更新される可能性がありますが、もしかしたらSteamだけで起動・プレイができるかもしれません。

なお、Steam未配信期間にリリースされた『ファークライ6』や『ウォッチドッグス レギオン』といったタイトルのSteam再リリースや今後の新作タイトルのSteam展開は今のところ不明です。


アート オブ アサシンクリード ヴァルハラ
¥4,950
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ファークライ6 -PS5
¥4,200
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《みお》

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『桃鉄』最新作が安い!『マリオ』『ポケモン』などもお手頃価格─『バルダーズ・ゲート3』2,728円など、ゲオ店舗のセールを現地調査

    『桃鉄』最新作が安い!『マリオ』『ポケモン』などもお手頃価格─『バルダーズ・ゲート3』2,728円など、ゲオ店舗のセールを現地調査

  2. 【PC版無料配布開始】コインランドリー兼ゲーセンシム『Arcade Paradise』&サバイバルホラー『Maid of Sker』Epic Gamesストアにて

    【PC版無料配布開始】コインランドリー兼ゲーセンシム『Arcade Paradise』&サバイバルホラー『Maid of Sker』Epic Gamesストアにて

  3. 『ちびロボ!』シリーズの主要メンバー達が紡ぐ新アクションADV『koROBO』発表!7月23日よりクラファン実施

    『ちびロボ!』シリーズの主要メンバー達が紡ぐ新アクションADV『koROBO』発表!7月23日よりクラファン実施

  4. 『勝利の女神:NIKKE』などのキム・ヒョンテもAIを活用中―自身の過去絵を学習させたモデルも

  5. トランプ氏銃撃事件の犯人を騙る「フェイクのSteamアカウント」に翻弄される海外メディア―意味深な書き込みは不謹慎なイタズラか

  6. 古のゲーム情報がまた消えてしまう…ベクターのソフトウェア作者向けホームページサービスが2024年12月20日に終了

  7. 地下採掘サンドボックス『Core Keeper』コンソール版が2024年夏に登場!―Steam版正式リリースにあわせて配信

  8. 鬼ならぬゲイブ氏も笑う?次回サマセ含む、2025年前半のSteamセール・フェス情報が早くも公開「放置ゲームフェス」や「ゾンビvs吸血鬼フェス」など注目イベントも

  9. 賠償請求額は2億ドル以上!Robloxが音楽を違法使用しているとして全米音楽出版社協会に提訴される

  10. 「後継会社はない、類似商品に注意」活動最終日のILLUSION(イリュージョン)が声明―元関係アカウントから生じたのは「類似品メーカー」?最後に生まれた謎

アクセスランキングをもっと見る

page top