「スポンジ・ボブ」が『The Callisto Protocol』に与えた影響とは!?アートディレクターが語る「ゲーム体験への貪欲さ」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「スポンジ・ボブ」が『The Callisto Protocol』に与えた影響とは!?アートディレクターが語る「ゲーム体験への貪欲さ」

ゴア要素をより魅力的に作る際にカートゥーンの動きと表現が有用であったと語ります。

PC Windows
「スポンジ・ボブ」が『The Callisto Protocol』に与えた影響とは!?アートディレクターが語る「ゲーム体験への貪欲さ」
  • 「スポンジ・ボブ」が『The Callisto Protocol』に与えた影響とは!?アートディレクターが語る「ゲーム体験への貪欲さ」
  • 「スポンジ・ボブ」が『The Callisto Protocol』に与えた影響とは!?アートディレクターが語る「ゲーム体験への貪欲さ」
  • 「スポンジ・ボブ」が『The Callisto Protocol』に与えた影響とは!?アートディレクターが語る「ゲーム体験への貪欲さ」
  • 「スポンジ・ボブ」が『The Callisto Protocol』に与えた影響とは!?アートディレクターが語る「ゲーム体験への貪欲さ」

SFサバイバルホラー『The Callisto Protocol』のアートディレクターGlauco Longhi氏は英メディア「The Sun」のインタビューを通し、本作の意外なインスピレーション元について語りました。

Longhi氏は『アンチャーテッド4』や『ゴッド・オブ・ウォーラグナロク』といった作品にも参加するアーティストで、本作においては主に優れたゴア表現を期待されて参加したものと見られています。源流たる『Dead Space』に倣い、本作の敵キャラは必要ではなくとも部位の切断を含むゴア表現が多分に含まれているとのこと。彼はそれらをより印象付ける方法として「スポンジ・ボブ」をはじめとするカートゥーン作品の表現からもインスピレーションを受けたそうです。

こちらの記事でも取り上げたように本作は非常にリアルな没入感を目指して開発されていますが、ゴア要素をより魅力的に作るのにはカートゥーンの動きと表現が有用であったと語ります。曰く「いくつかの動きやゴア表現、出血、切断描写においては、それらのアクションを強く印象づけるスタイルをとっている」「ディズニーやピクサー、あるいはその他のカートゥーン作品はその点で秀逸で、素早いキャラクターがいれば、その強いシルエットからすぐにわかるなど、読者に伝わりやすいメッセージを持っている」とのことです。

これらの表現への力の入れ様は単にプレイヤーの気分を悪くするためではなく、その行動の重要性を際立たせるためにあると言います。プレイヤーは敵が解体されるとき、それは自分が敵に襲われた際にも起こりうることを自覚し、恐怖や緊張感に繋がるそうです。

一見かけ離れた存在に思える所からもインスピレーションを得て、プレイヤーの体験向上にこだわり抜いている本作。日本での発売が見送られたのも、ある種そういったプレイヤーの体験に対するストイックな姿勢の表れなのかもしれません。


The Callisto Protocol Day One Edition(輸入版:北米)‐ PS4
¥11,220
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
The Callisto Protocol Day One Edition(輸入版:北米)‐ PS5
¥13,981
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《焦生肉》

ゲームに関わって飯食いたい 焦生肉

ストーリー重視でゲームをプレイするけどシステムも特徴がないとイヤ!なわがままゲーマー。わがままなくせにコンプリート癖もある上つまみ食いも大好きなので積みゲーが溜まる溜まる。ゲームで飯を食うことを夢見てたらほんとにそんな機会に恵まれた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. リメイク版『ウィザードリィ:狂王の試練場』2024年5月23日にPS/Xbox/スイッチでも配信決定!ベニー松山氏によるモンスター解説も搭載【UPDATE】

    リメイク版『ウィザードリィ:狂王の試練場』2024年5月23日にPS/Xbox/スイッチでも配信決定!ベニー松山氏によるモンスター解説も搭載【UPDATE】

  2. Steamウィッシュリスト登録現在1位!戦闘ありの中世都市建設シム『Manor Lords』日本では4月26日午後10時に早期アクセス開始

    Steamウィッシュリスト登録現在1位!戦闘ありの中世都市建設シム『Manor Lords』日本では4月26日午後10時に早期アクセス開始

  3. 話題のADV『バニーガーデン』Steam版にパッチ配信!プレゼントとフードで前に戻れない、ミニゲームで特定の下着が見られないなど不具合修正

    話題のADV『バニーガーデン』Steam版にパッチ配信!プレゼントとフードで前に戻れない、ミニゲームで特定の下着が見られないなど不具合修正

  4. 波紋起こした“竜憑き”が緩和!『ドラゴンズドグマ 2』アプデ配信―感染の有無がわかりやすく

  5. リメイク版『ウィザードリィ:狂王の試練場』にベニー松山氏新規書き下ろしのモンスター解説が追加へ!日本語も実装の正式版への移行も間近か

  6. 『百英雄伝』一部NPCの名前はクラウドファンディング支援者の権利特典で名付けられたもの―不具合報告と共にユーザーの困惑に回答

  7. 3DダンジョンRPG『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ Quest of Memories』Steamストアページが公開!開発は『世界樹の迷宮』初期作のランカース

  8. ロボをカスタムし、ド派手に敵を倒せ!ついに物語も完結に向かう新作ロボARPG『メガトン級ムサシW』発売―ボルテスVなど伝説機体とのコラボも

  9. サキュバスにボディタッチして命の危機を脱出!大胆でシンプルな恋愛シミュ『My succubus Kukula』Steamで無料配信開始

  10. 3Dダンジョン探索オートバトルRPG『Dragon Ruins』Steam向けに5月1日リリース決定!戦い続けて強くなり迷宮の最奥を目指せ

アクセスランキングをもっと見る

page top