コンソールは「レーティング対応範囲外」ーリメイク版『Dead Space』日本ではPC専用タイトル化濃厚に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コンソールは「レーティング対応範囲外」ーリメイク版『Dead Space』日本ではPC専用タイトル化濃厚に

「コンソール版での国内リリースを楽しみにされていたファンの方々には大変申し訳ございません」とのことです。

PC Windows
コンソールは「レーティング対応範囲外」ーリメイク版『Dead Space』日本ではPC専用タイトル化濃厚に
  • コンソールは「レーティング対応範囲外」ーリメイク版『Dead Space』日本ではPC専用タイトル化濃厚に
  • コンソールは「レーティング対応範囲外」ーリメイク版『Dead Space』日本ではPC専用タイトル化濃厚に

Steamストアページを始め、各種PC向け販売サイトの日本向け再公開と予約が開始されていたリメイク版『Dead Space』。EAの日本営業部長の野口ショーン氏は、ユーザーからの「同作の日本コンソール版は規制仕様となるのか」という質問に対し、国内コンソール版のリリースがそもそもない旨を明らかにしています。

同作は、2008年に海外でリリースされ大きな人気を博し、3作のシリーズといくつかのスピンオフが作られるに至ったホラーアクションゲームの第一作目のリメイク版です。人間の死体を変異させた敵モンスターへの対処において、敵身体の「切断」が大きな要素として取り入れられているためか、シリーズ作品の日本リリースは一部スピンオフを除き今までありません。また今作においても直近の類似タイトルである『The Callisto Protocol』発売中止の報もあり、ゲーマーからは日本国内でのリリースが危ぶまれていました。

今回、野口氏が明かした範囲では「レーティング対応範囲外」という表現が用いられています。大方の予想通りに日本のコンソールでのパッケージ販売には実質上必須のCEROの審査に不合格となった上で、修正も難しかった可能性が強く伺えますが、それでもPC版のみの形で規制なく発売されることはゲーマーにとっては合理的な判断であると捉えられるのに疑いはなく、まずはひと安心でしょう。

日本語収録も明らかにされており、日本ユーザーの多くには初めての『Dead Space』となる本リメイク版。盛り上がりに期待したいところですね。


《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 最大60FPSや解像度向上対応の『Fallout 4』現世代機向けアップデート4月25日配信決定!

    最大60FPSや解像度向上対応の『Fallout 4』現世代機向けアップデート4月25日配信決定!

  2. グラフィックスアップデートでキャラもフィールドも大進化!『FF14』拡張パッケージ「黄金のレガシー」最新情報【第80回PLLひとまとめ】

    グラフィックスアップデートでキャラもフィールドも大進化!『FF14』拡張パッケージ「黄金のレガシー」最新情報【第80回PLLひとまとめ】

  3. 「作業用BGM」ならぬ「作業用ゲーム」!?生産性向上ゲーム『Spirit City: Lofi Sessions』Steam配信は“非常に好評”スタート

    「作業用BGM」ならぬ「作業用ゲーム」!?生産性向上ゲーム『Spirit City: Lofi Sessions』Steam配信は“非常に好評”スタート

  4. セクシー美少女と働くファンタジー酒場経営シム『ダスクパブ』リリース―日本語音声対応の少女たちと仲を深めて人気店にのし上がれ

  5. オープンワールドサバイバル『Once Human』国内でのリリース決定!新トレイラーが公開―異形モンスターに侵略された世界を再建しよう

  6. 混沌の架空現代ベトナムを生き残れ!PvE専用Co-op脱出シューター『Incursion Red River』早期アクセス開始―PvPしなくていいしSteamで遊べる『タルコフ』ライク

  7. 日本舞台のドリフトゲー『Japanese Drift Master』SUBARUとのライセンス契約発表!“リアル”にこだわった作品は公式車登場でさらなる次元へ

  8. 地形破壊可能になった『PUBG』がまさかの1位!幽霊バズホラー『Content Warning』は有料化しても人気―今週の注目ゲームをチェック!Steam売上ランキングTOP10【Steam定点観測】

  9. 美少女ゲーム業界にも寄る高齢化の波か…ブランド「ALcot」が解散へ。最終作『Clover Memory's』のクラウドファンディングが4月13日開始

  10. 日本舞台の走り屋レースゲー無料プロローグ版『JDM: Rise of the Scorpion』発表!長距離山道エリア開放でこの夏熱く響くドライビング…!

アクセスランキングをもっと見る

page top