「ガンプラ」の模倣品にバンダイ公式が注意喚起!Web上での販売を確認したと報告、“デカール”や“パーツ”も要注意 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「ガンプラ」の模倣品にバンダイ公式が注意喚起!Web上での販売を確認したと報告、“デカール”や“パーツ”も要注意

公式でも模倣品の販売を確認。購入前に「バンダイ ホビーサイト」で商品内容を確認し、十分に注意するよう促しています。

ゲーム文化 ホビー・グッズ
「ガンプラ」の模倣品にバンダイ公式が注意喚起!Web上での販売を確認したと報告、“デカール”や“パーツ”も要注意
  • 「ガンプラ」の模倣品にバンダイ公式が注意喚起!Web上での販売を確認したと報告、“デカール”や“パーツ”も要注意
  • 「ガンプラ」の模倣品にバンダイ公式が注意喚起!Web上での販売を確認したと報告、“デカール”や“パーツ”も要注意
  • 「ガンプラ」の模倣品にバンダイ公式が注意喚起!Web上での販売を確認したと報告、“デカール”や“パーツ”も要注意

BANDAI SPIRITSは、『機動戦士ガンダム』シリーズのプラモデル・通称「ガンプラ」について、模倣品が販売されていることを確認したと報告注意喚起を促しています。

BANDAI SPIRITSの報告によれば、Webなどにおいて昨今、同社が版権許諾を受けて製造・販売している「ガンプラ」および、それらに使用する「デカール」や「パーツ」などで、同社正規品以外の“模倣品”が販売されているとのこと。

これらの模倣品は品質が保証されていない場合や、版権元からの許諾を得ていない著作権侵害などの違法性が疑われる場合もあり、購入者がトラブルに見舞われる可能性が懸念されています。

BANDAI SPIRITSでは、同社商品以外の製品に関する一切の責任は負えないほか、不良交換などの対応も叶わないとのこと。購入前に同社公式サイト「バンダイ ホビーサイト」で商品内容を確認し、十分に注意するよう促しています。


《茶っプリン》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  3. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  4. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  5. 『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

  6. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  7. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  8. ZETA DIVISIONにストグラなどで人気の「ファン太」さんが新加入!さっそく得意なベジータの声マネを披露―「邪魔するぜぇ!」

  9. 脱出ゲーム『アリシアちゃんと〇ックスしないと出られない部屋!』発表―いったい何ックスなのか…

  10. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

アクセスランキングをもっと見る

page top