インド舞台の新マップが登場する『VALORANT』新シーズン「EPISODE 6 ACT I」スタート! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

インド舞台の新マップが登場する『VALORANT』新シーズン「EPISODE 6 ACT I」スタート!

新スキンシリーズ、新バトルパスも登場。

PC Windows
インド舞台の新マップが登場する『VALORANT』新シーズン「EPISODE 6 ACT I」スタート!
  • インド舞台の新マップが登場する『VALORANT』新シーズン「EPISODE 6 ACT I」スタート!
  • インド舞台の新マップが登場する『VALORANT』新シーズン「EPISODE 6 ACT I」スタート!

ライアットゲームズは、タクティカルFPS『VALORANT』の新シーズン「EPISODE 6 ACT I」が本日1月11日よりスタートしたことを発表しました。新マップ「ロータス」やスキンシリーズ「アラクシス」など様々な新要素が登場しています。

新マップ:ロータス

1月11日よりスイフトプレイ限定キュー開始、1月19日よりコンペティティブに追加

新マップ「ロータス」は 、オメガアースのインド、西ガーツ山脈に位置します。インドの伝統的な階段井戸、岩を切り出した建築、ドラヴィダ様式の建造物などに着想を得てデザインされています。「ヘイヴン」と同様に3つのサイトを持ち、回転扉や破壊可能な壁などの新たな環境メカニクスが導入されたマップです。


<特徴>

  • 「ロータス」はオメガアースのインド、西ガーツ山脈に位置します

  • 伝統的なインドの階段井戸や岩を切り出したドラヴィダ建築様式を参考にデザイン

  • ガーディアンたちとのビジュアル面での結びつきが存在

  • この要素は仄めかす程度にとどめ、プレイヤー自らが解き明かす余地を残します

  • 「ヘイヴン」と同様の3サイトマップ

  • 数種類の新たなメカニクスを導入

  • 回転扉

  • 破壊可能な扉や壁

  • 着地音なしにスライドして下りられる場所


<ディベロッパー コメント>

Joe Lansford (レベルデザイナー)コメント
Q:「ロータス」をデザインする際に目標としたことは何ですか?
A:3サイトというフォーマットは1マップ限りのものではないこと示すため、新たな3サイトマップをデザインしました。それに加え、攻守両方のチームが柔軟に動きやすいマップを作ることも目標でした。


Q:「ロータス」をデザインするにあたって、何からインスピレーションを得ましたか?また、このマップで伝えたい重要なコンセプトは何ですか?
A:インドの伝統的な建築要素やロケーションからインスピレーションを得ました。建築要素としては、階段井戸、岩を切り出した建築、ドラヴィダ様式など、ロケーションとしては、バダミの石窟寺院群、エローラ石窟群、ラーニー・キ・ヴァーヴなどが例として挙げられます。


Q:「ロータス」をデザインした際の、予期せぬ課題や特筆すべきエピソードはありますか?
A:ロータスをデザインする際、当初は宇宙ステーションを思い描き、マップの広いエリアを遮断するエアロックのメカニクスを導入しようと考えていました。これがそれほど面白いものではないと分かったため、このアイデアはお蔵入りになり、現在の方向性にシフトしました。


Brian Yam (アートリード、コンセプト)コメント
Q:「ロータス」をデザインするにあたって、何からインスピレーションを得ましたか?また、このマップで伝えたい重要なコンセプトは何ですか?
A:
回答:このマップのコンセプト面を考えていたとき、これまでのマップでは表現されていなかった幻想的で謎めいた要素を突き詰めていきたいと思いました。「ロータス」にはキングダムの影響が及んでいないため、より幻想的なビジュアルを追求できる自由がありました。テーマとして考えていたのは、大冒険、時の中に埋もれし謎、古代の遺跡といったものです。『インディー・ジョーンズ』もインスピレーションのひとつです。神秘的な古代の雰囲気が感じられるため、岩を切り出した建築がビジュアルとして最高に魅力的だと思いました。

また、現行マップの多くは都会的な雰囲気があり、現代的な建築様式に基づいているので、これまでとは違う新たな方向性を示すことができます。マップの場所はインドの西ガーツ山脈に定め、ビジュアルの方向性や建築様式を模索しました。それにぴったりとマッチしたのが、「エローラ石窟群」やドラヴィダ様式を参考にした岩を切り出した建築です。このマップのビジュアル面での仕掛けは、建造物の内部に存在するレディアナイトの遺物です。マップの中央にある巨大に変異した蓮(ロータス)は、そういった遺物のひとつです。例えば遺物には、古代の住人が石扉を回転させるための動力としてそれを使用していたことが示唆されるものがあります。

また、ここで私たちは変異した植物がレディアナイトから得るエネルギーをどのように貯蔵し、人々がどのようにそれを活用していたのかということを考え始めました。その時代に作り出されたレディアナイトの「ルート・サーキット(回路)」やレディアナイトの蓮の葉のパネルなどのコンセプトを試してみると、これが先進的な見た目でありながら、遺物が作られた時代にもマッチする興味深いビジュアル要素を生み出してくれました。ビジュアル面での体験としては、『インディー・ジョーンズ』を彷彿させる瞬間をプレイヤーの方々に楽しんでいただけると嬉しいです。例えば、Cサイトに進むと岩を切り出した洞窟が現れます。陽光が洞窟の上部から差し込んでいるのを見ると、不思議な感動を覚え、失われた都市を探検しているという感覚に陥るでしょう。


新スキンシリーズ:アラクシス

人類の敵である(かもしれない)謎めいた異星人の武器「アラクシス」。驚異の素材から成るその武器は、危険なエネルギーを動力源としている。スキンシリーズ「アラクシス」に含まれるヴァンダル、オペレーター、ショーティー、ブルドッグ、バイオハーベスター(近接武器)を手に取り、対戦相手を怖気づかせてやろう。


Episode 6 Act I バトルパス

2023年最初のバトルパスです。早速試合をプレイして、「9 ライヴズ」クラシック武器スキン、「ビッグニュース」ガンバディー、「PlayZilla ダン」カード、「ショックハート」スプレーを手に入れよう。


Act I プレミアムバトルパスを購入すれば、「ヴェンチュリ」ヴァンダル、「リフトライダー」カード、「完璧なロースト」スプレー、「折り鶴」ガンバディーなどの追加報酬を獲得できます。


新ACT ランクマッチ

新年を迎え、気分も心機一転。リセットされたランクを新たな気持ちで駆け上がろう。

新シーズンに伴うアップデートの詳細なパッチノートは、公式サイトにてご確認ください。『VALORANT』はWindows(公式サイト, Epic Gamesストア)を対象に配信中です。


《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ 2』マッププール廃止やレベルデザイン変更を発表―「開発チームの判断は間違っていました」

    『オーバーウォッチ 2』マッププール廃止やレベルデザイン変更を発表―「開発チームの判断は間違っていました」

  2. 『Atomic Heart』コンソール版にはすべて規制適用・PC版は無規制―パブリッシャーより正式回答

    『Atomic Heart』コンソール版にはすべて規制適用・PC版は無規制―パブリッシャーより正式回答

  3. PC版『The Last of Us Part I』3月28日へ発売延期―PC版を可能な限り最高の形で実現させるため

    PC版『The Last of Us Part I』3月28日へ発売延期―PC版を可能な限り最高の形で実現させるため

  4. オープンワールドゾンビサバイバルMMO『The Day Before』10分ゲームプレイ映像公開!

  5. “縦の世界”を冒険する採掘・防衛ACT『Wall World』Steamで体験版配信―どこまでも続く「壁世界」の大いなる謎を解き明かせ

  6. ドワーフ採掘Co-opシューター『Deep Rock Galactic』5周年!リリース当時の環境で遊べるオプション含む記念イベント開催へ

  7. こ、これが世界の一流変態の実力か…アダルトデッキ構築型ローグライク『Operation Lovecraft: Fallen Doll』Steamで近日ベータテスト開始

  8. 深淵の闇が待つ漁船サバイバルADV『DREDGE』3月30日発売決定トレイラー公開―日本語対応予定

  9. 名作ADV『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』18禁版が3月31日復刻配信決定!Win版を最新OSに対応

  10. 2023年リリース予定の無重力FPS『Boundary』2月7日から開催の「Steam Nextフェス」で最新体験版リリース!

アクセスランキングをもっと見る

page top